スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Comment  |  Trackback

四季報相場到来か?


ここ数日こそ小型株は軟調傾向があるものの、気がつけばマーケットは好転しています。


さて、そんな中、先の急落で仕込んだSomething ELse株、【4286】レッグスが動き始めました。


本当はBIGIRが出てから購入の予定だったのですが、我慢しきれず購入しました。IRが出る前に購入理由ですが、レッグスは、雰囲気がどことなくアスカネットに似ていたからです。

・そこそこのバリエーション

・鉄壁の財務

・安定した業績

・一発ネタをひめている

・ヨコヨコのチャート


これらの条件により、いつかは動き出すと判断し、購入に至りました。もちろんこれからグングン上がっていく、ということはないでしょうが、anifoneIRを楽しみにホールドを続けていこうと思います。


rr.gif
スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

久しぶりの更新です。


気がつけば一月も更新していませんでした。本業のほうが慌ただしく動いており、なかなかブログに手が回りませんでした。


さて、気がつけば市場は大きな調整局面を迎えています。そんな中、私はと言えば、いつもどおりホールドです。売りも買いも行っておりません。


ここ最近でショックだったのは、好決算だったブロードリーフの株価がびっくりするくらい動かなかったことでしょうか。


いくら駆け込み需要があったからと言ってあそこまで動かないなんて…という感じです。逆に日本管理センターのように当たり前のように動かないものもありますが…あれはいつ動くのでしょうね。


もう一つびっくりしたのはアークランドサービスの優待新設。これも驚きました、というよりショックでした。気持ちとしては「そんなのいらないから地道に増配だけしてくれ~」といったところ。


まあ優待ホルダーが出てくれば株価の下支えになるかもしれないとポジティブに考えるしかないですね。…もともと底堅いですが(笑)


いずれにしても下げ相場への対策はインバースでしっかりとっていますし、一気に突っ込む場面があれば「インバース売りの狙っている銘柄の買い」も視野に入れてのんびり市場とお付き合いしていくことになりそうです。


nkk.gif


日経は再び14,000円の壁に逆トライしようとしています。さらなる下げがくるのかどうか、インバースをしっかり握りしめて見ていきたいと思います(笑)。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

いつもの調整か?それとも…


更新が滞っておりましたが、市場では生き残っております。


それにしても新興は結構強烈な下げが入っていますね。落ちるナイフのチャートになりつつあるものがそこかしこで見られます。


私はと言えば、ほとんど売買をしておりません。


横ばい又は下落の個別銘柄と、小じっかりのインバース。そんな図式でここ数日は動いています。2月に日経平均が26週線を明確に下抜けたとき、「上昇トレンドは一服かな?」と思ったでのですが、まさにその通りだったようです。


もちろん、私はチャートは当たるも当たらぬもくらいにしか捉えていないので、結果としては何もしていないのですが…。


調整は何度来ても嫌なものですが、リーマンショックに比べれば大したことはありません。


調整なんて何度も来るものだと思いますので、リスク管理だけ怠らずにどっしり構えていこうと思います。まだ逆イールドにもなっていないですし、世界的に大きな悪材料が出てきたわけではありません。


もちろんこれからはわかりませんが、とりあえずのんびり持っていればそのうち戻ってくれることでしょう。


Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ゆっくりと買い進む。


またまた記事を書くまでが空いてしまいました。


さて、相場の方は少し落ち着いてきたようですが、先日の急落ぶりはすごかったですね。私のポートフォリオも大幅に反落しました。


そんな中、狙っていた成長株を一部買付けたのですが、まあそんなものなのでしょう、上がりは限定的だったので結果的にうまくリバウンドを捉えることはできませんでした。


買い付けたのは【3276】日本管理センターや【3657】ポールHDなど。


特に日本管理センターは前々から狙っていた銘柄で、ここに来てようやくの新規参戦になりました。日本管理はまだ業界内での地位が高くないことから勝ち上がる余地があること、相続案件のバルク買いなど戦略としても面白いこともやっているので、その成長性を考えると割安であると判断しました。




3276.gif



ポールも日本管理も上がるとしても時間がかかると思っているので、のんびり上がるのを待ちたいと思います。


それにしても今回の下げで、待っていればそのうち下げって来るんだなあと改めて実感させられました。大きなリターンをとるためには敢えて動かないことも一つの戦略であるということを肝に命じてやっていきたいものです。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

業績回復✕市況関連の難しさ。


仕事がばたばたしていたので久しぶりの更新です。


さて、ここのところのマーケットは軟調で、日経平均は大きく下げています。金曜日の先物も下落しており、週明けも波乱が起こりそうです。去年までのような楽ちん相場は終わりでしょうかね。


そんな中、私はといえば前回に書いたとおり、欲しい銘柄を一部購入しながらさらなる機会を淡々と待っている状態です。


日経平均は節目となる26週線に接近、ここらが正念場となりそうです。


それはさておき、最近1つの失敗をしました。失敗をしたのはダイトーケミックス。


この銘柄は業績回復株の1つという位置づけで保有を続けてきましたが、3Qに来て業績が急速に悪化、結果として決算直後に売却する形となりました。


売上の減少に加え、粗利率も急速に悪化したため、損益分岐点がぐっと上がる形となってしまいました。


ダイトーケミックスはバリバリの市況関連株だったのですが、これまで順調に回復を続けてきたためこれからも続くだろうと考えていましたが、読みが甘かったです。


やはり市況関連✕業績回復は難しいですね。市況のサイクルを捉えないとうまくいかないかもしれません。


業績回復株のKISS、


・何が業績を回復させるエンジンとなっているのか?

・そのエンジンは持続性があるのか?


ということを把握することがいかに大切であるかを痛感させられる出来事となりました。


幸いにも通算でのダメージはほぼなかったのですが、効率としては悪かったです。私は市況関連とは基本的にあまり相性が良くないので、これからは避けていこうと思います。


この失敗を次に繋げることができるよう、しっかりと見極めをして業績回復株投資を行っていきます。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。