スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Comment  |  Trackback

投資スタイルのちょっとした変化。


新が滞っておりましたが、無事市場では生き延びています。


最近は仕事も家庭もばたばたしていたこともあり、睡眠を優先していたことから(笑)、記事が書けませんでした。


さて、そうこうしている間に決算シーズンとなりましたが、様子はまだら模様。日経平均は下落基調ですが、好業績のものは素直に買われていますので、相場の雰囲気がものすごく悪い、というわけではないようです。


インデックスがどうなるかはわかりませんが、どの株も狂い上げた時期は終了し、業績相場に移りつつある気がしています。


私としては素直にファンダが評価される相場がやってきてほしいと思っているので、もう少し市場が落ち着けば上がってくれるだろう、とのんびり気分。


高ボラ相場が続いていますが、むやみやたらに手を出すと火傷しそうなのでしばらくは静観することになりそうです。


ポートフォリオとしては、業績回復系と高成長、それにインバースという不思議な組み合わせとなっています。


今回から業績回復株投資を始めましたが、それに合わせて色々と感じたこともあり、多少高PERでも高成長のものにも手を出し始めました。


イメージとしては将来のカカクコムやMonotaRO、エムスリーを狙いたい、といったところでしょうか。


いつも書いていることではありますが、投資は私にとって趣味でもありますので楽しんでなんぼです。


心の余裕をなくさず、楽しんで投資を続けていこうと思います。
スポンサーサイト
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

マクロ視点で何が起きても。


さてさて、日銀さんのバズーカ砲は強烈でしたね。さすがにここまで大規模なものとは想像を全くしていなかったのでびっくりしました。


でも私はそこまで恩恵を受けてはいません。なにせ小売のような店舗系企業が中心ですからね…。


まあむしろ


「お金がじゃぶじゃぶになったらみんなカツ丼にトッピングつけちゃうっぜ!いえい!」なんて思って買われたらそれはそれで不気味、というか相場の末期です。


それがないだけこの相場はまだバブルではないのでしょう(バリエーション的にはまだまだですが)。


相場は完全に過剰流動性相場に突入しておりますが、私はこの種の相場で動いて良い思いをした試しがあまりないので一切動いておりません。


ただ、やはりちょっとは相場にスタイルを合わせてみようかななんていう気持ちもあり、どうしようか検討中です。


もう少しで3月決算も出てきますが、ボラが大きいため、場合によっては【6279】瑞光のようになる場合も増えてくると考えています。


それを考えるとどうしても躊躇してしまいますね。


いずれにしても主力どころは動かすつもりは全くありませんので、マイペースで相場と向き合っていければと考えています。


そういえば、アークランドサービスの月次は順調でしたね。本当に大した安定感です。
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

投資スタイルの再考。


今年が始まってもう2ヶ月が経ちましたが、ここ何日かで昨年~今年の売買をざっくり振り返っています。


素直に思ったのは、結果オーライな部分も多いけれど、無駄な売買が明らかに多いなということと、素直に持ち続けてればな、と思う銘柄がいくつもあったことです。


FPGやイーギャランティ、ULSグループ・・・


なんかがその典型ですね。「最高の銘柄は、すでに持っている銘柄のなかにある」というリンチの言葉が胸に突き刺さりました。


なので、今は結果は出ているけれどプロセスが誤っている時期なのだと思いました。プロセスさえ良ければいずれ結果が伴いますが、プロセスが伴わない結果はいずれ必ず破綻します。


相場が良い今だからこそ見直しを行わなくてはならないと強く感じました。


というわけで、自分にとってどのようなスタイルが向いているかを改めて考えました。結論は、


1、続けられること

2、楽しめること

3、リターンがあがること


が大事であるということ。というわけで、年初の計画に戻って高成長株&業績回復株に投資をするというスタイルにし、業績回復系については金額を抑えて多少散らばしました。


かなり吟味して銘柄を選んだため、今度こそ(笑)回転率は落ちる予定です。


いずれにしても、これでリンチのいう「いびきをかく」準備ができました。


『人の意見を聞くのではなく、むしろいびきをかくことだ。また、自分の相場観を信じるよりは、むしろ無視できるように心掛けることだ。会社の業績など先行きに変化がない限り、持ったままでじっとしていることだ。』


「ピーターリンチの株で勝つ」より


布団を準備して相場を楽しもうと思います(笑)
Home |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

投資スタイルの過渡期。


更新までの時間が空いてしまいました。

実は今回12月で現職場を退職して2月から新職場に転職することとなり、引き継ぎ等でばたばたしていました。

さて、相場の方と言えばインデックスが好調な中、私のポートフォリオはしょっぱい動きを見せておりますが、まあそれまでインデックスを吹き飛ばす動きを見せているのだからこの願いはわがままだよなと思いながら運用中です。


そして忙しいのにも関わらず、ポートフォリオを動かしてしまいました。


ほとんどの銘柄を一旦売却し、新たな銘柄を購入しました。今のポートフォリオは


【9788】ナック

【4809】パラカ


になります。


【3085】アークランドサービス

【3097】物語コーポ


はいい具合に落ちてきたので再購入を検討中です。


なんだかんだで短期売買になってしまっていますが、以前も書いた通り、自分の中では投資スタイルの過渡期にあると思っているので、保有し続けることも含めてこれからもいろいろと動いてみるつもりです。


今のところ大ダメージは負ってはいないですが、いつ負うかはわからないのでその辺は特に気を付けながらやっていければと思います。退場してしまったら元も子もないですからね。


うまくいくことをイメージしながらこれからもじっくり相場と向き合っていきます。
Home |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

小さな成功の積み重ねが大きな成功を呼ぶ。


ここ最近の相場は好調のものとそうでないものの二極化が進んできたような印象で、私のポートフォリオは地味な値動きが続いています。


こういうときは何かと動きたくなってしまうのですけど、何度も書いているように、ここで動いたからと言って短期トレードがへたくそな私はリターンが上がるわけではないのですよね。


少し前に「ケン坊の資産運用日記」のケン坊さんが「100点を取らなくてもいい」という記事を書かれていて、この55点のトレードを目指す、というのは本当にその通りだなあと思います。


加えて私は、一つ一つのトレードは55点でも、それがいくつも積み重ねるとトータルのトレードでは80点くらいになることも十分考えられるのではないと感じます。


そのためにはいつでも心の余裕を持ち、相場がどちらに動いても大丈夫な用意をしておくことが大切だと思います。


どんな大化け株でもいつでも上昇しているわけではないし、いつまでも上昇し続けるわけでもありません。


zozo.gif



ファンダメンタルズ改善中にヨコヨコであれば買い増しのチャンスでしょうし、伸びしろが薄れているのに株価が上昇し続ければそれは売りのチャンスになります。


もちろんあのときがチャンスだった、というのは事後の結果としてわかるわけですが、目指すのはあくまで55点のトレードなのでそこまで気張る必要もありません。


ブログにちょくちょく書いていることではありますが、「当たり前のこと」に耳を傾けるのは本当に大切な作業だと思います。


これからも様々な状況がやってくるでしょうが、KISSアプローチを大切に、これからも運用を続けていこうと思います。
Home |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。