スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

よし、OK。


さて、ボクの保有銘柄の1つ(2つしかないけど)、DVxの決算がありました。


このブログでは詳細に見ていくことはしませんが、とりあえず安心して見ていられる決算だったのではないでしょうか。


営業利益率も上がっているし、うれしいです。


まだまだはじめたばかりですが、今のところ


「慎重な集中投資」


は功を奏しているのではないかなと思います。


まあもともと1Qがダメだったくらいで売り、ということはしないつもりなのでその辺はのんびりいきます。


繰り返し言っていることですが、株式の基本は持っていること。


このままストロングホールドで行きたいと思います(^^ゞ。
スポンサーサイト
Home |  Category:個別株 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

あとには引けない。


さて、楽天とSBIの手数料競争が熾烈を極めています。このブログでは一回も取り上げてませんけど(^^;)(笑)


これを見てると思い出すのが「20ドル札の入札」。


最高値をつけた人が20ドル札を手に入れ、2番目に高値をつけた人が自分が付けた値段だけ主催者に支払うというゲームです。


実験の結果に寄れば、だいたい20ドルから70ドルの間で入札が終わることが多く、最高はなんと204ドルだったそうです。(参考文献:「エコノミック恋愛術」ちくま新書・山崎元著、P16~17)


競争的エスカレーションってやつですね。


2番目になったほうは勝負に勝てず、手数料も減ってしまう。どうせ減ってしまうなら勝負には勝ちたい。そんなとこでしょうか。


でも、そろそろ両証券とも思うでしょう。


「あれ、私たちは20ドル札を何ドルで入札しようとしているんだろう…?」


これで経営体力が落ちるなんてことは勘弁してほしいものですね。

Home |  Category:証券会社 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ほんとインデックスはいろいろありますね。


農産物指数に連動するインデックスファンド(?)ができたようです。


新生インベストメント、「農産物指数ファンド」を8月28日設定(ロイター)


信託報酬と運用報酬あわせると実質1.5%か・・・たかっ(笑)!


先物関係でいろいろやるからコストあがるんですかね。先物に関しては全く持って素人なのでぜんぜんわかりません。


まあやることはどう考えてもなさそうなので知らなくても困らないんですけどね。


それにしてもこの指数を作り出したのはかのジム・ロジャースか・・・。


案外売れるかも・・・。


今は農業ブームがきていますし、「中国+農業+ロジャース」というトレンドをつかんだワードが目白押しですもん。


農産物のファンドって珍しいですし、ちょっとだけ注目してみましょう。


ただこのブログを読んでくださっている方の中に買われる方がいらっしゃるかはわかりませんが・・・(笑)。


というわけでちょっと珍しいものをみつけたのでご紹介してみました(^^)。
Home |  Category:投資信託 |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback0

新しいステージはくるのか?


今IFRSが話題になっています。ちょっと前の週刊ダイヤモンド(だったかな?)でも特集が組まれていましたね。


まあ詳しくはそちらを見ていただくとして、今回話題にするのはASBJ(企業会計基準委員会)。


ボクが気になるのは「ASBJの新構想は日本の株式所有構造に風穴をあけるのか」ということ。


もしASBJの発表した新方式が導入されると、企業の保有する株式は基本的に以下の選択を迫られます。


1、時価評価せず、配当金も収益計上しない。
2、時価評価して、配当金も収益計上。


これで困るのは特に相互持ち合いをしている企業。どちらを選ぶかで収益が大きく変わってしまいます。


有価証券の帳簿価額は動かさず、配当だけ収益計上、みたいなことができなくなるわけですからね。


先日の朝日新聞にも「特に生保会社の反発がすごい」との記事がでていました。


そもそも株式相互持ち合いなんておかしな状況ですし、これを機に少しずつ所有構造が変わっていかないかなーと期待しています。


変わらない可能性の方が明らかに高いですが、期待するのはタダなので期待します(笑)。


ってまだその導入が決まった訳じゃありませんけど(^^;)。


まあどうなるかはまだわかりませんが、ASBJにしろIFRSにしろ導入されれば利益が大きく変わる会社が出てくるのは間違いないようです。


ただ会計が変わっても会社の本質が変わるわけではありませんし、数字だけに一喜一憂せずにいきたいものですね(^^ゞ。

Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

鍛えなおしてでなおしなさいっ。


ってことなんでしょうね。


東証2部への降格相次ぐ 不況で業績悪化


まあ債務超過ならしょうがないのではないでしょうか。


財務状態が悪すぎる企業を東1に置いとくのもなんですしね・・・。


それにしても降格ってやっぱりあるんですねえ。ちゃんと調べたことないので知りませんでした。


きっと企業はショックだろうなあ・・・


東証1部上場!見たいな事書かれたら株をあまり知らない人なら


「おお、すごい企業なんだ」


って思いそうですし(ボクなら思います(笑))・・・(^^;)。


まあボクは東1企業には投資することはなさそうなので個人的にはあまり関係ないのですが。


あ、ちなみにもしかしたらボクの個別株群の中に東2が誕生するかもしれません。


初のジャスダック以外の市場です(笑)。


とりあえず市場の信任を失墜させてしまうような企業を上場させておくのは問題ですし、そういうところはしっかりチェックしてほしいですね。


ただでさえ日本の市場は効率性が・・・(以下略)
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

株式はまだいける?


バフェットさんはまだまだ株式の方が魅力的だと考えているようです。


yahooファイナンスより

バフェット氏:ダウが9000ドル水準であれば、国債よりも株を保有する


やはりドルの需要が減少していくとお考えのよう。


まあ中国やインドなど強い内需を抱える新興国が伸びてくれば当然需要は減っていくのでしょうね。


でもそれはそれでいいのかもしれません。


うまい具合に消費国が分散されていたほうが通貨のバランスは取れそうですからね。


そのほうが仕組みとしては健全でしょう。


まあどこが中心になろうと日本は円安傾向に進みそうな気がしなくはないですが・・・(笑)。


中央銀行はどこも出口戦略に苦慮しているようですが、頑張っていただきたいです(^^)。


それにしてもコメント一つで記事が出来上がるなんて、ほんとすごい人だなあ・・・。
Home |  Category:政治・経済・金融など(世界) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

依然足取り重いイギリス経済


4〜6月期の英GDP、0.8%減=5四半期連続でマイナス成長


ヨーロッパも依然厳しいようですね~。なんだかんだでアメリカと同じくらいダメージを受けている気がします。


株価も決していい調子とは言えませんし、まだまだ先は長そうです。


まあ裏を返せば投資をするにはまだまだチャンス、ということなのかもわからないですね。


(注)投資は自己責任でお願いします。


ボクはヨーロッパに注目しているのでこれからどんな回復・成長をしていくのかちょっと楽しみです。


排出権取引もこのままイニシアチブをとっていくのでしょうか。


さて、日本株式はここんとこ順調に推移していますがまだまだ先は読めません。


まあ最近は個別株も株価とお別れしていますし、とりあえず今持っている企業、投信はこのままストロングホールドで行こうと思います。


株の基本は持っておくこと。


これを守りながらこれからも投資を続けていきます。
Home |  Category:政治・経済・金融など(世界) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

熱意は伝わる。


ボクは大学で経済学部だったのですが、その中で某大手証券の開く授業がありました。


いわゆるオムニバス形式で、毎回違う講師(社員)の方がきて何か一つのテーマについて話すというものでした。


講師の方も淡々としゃべり、基本的にははっきり言ってつまらないものだったのですが(笑)、一回だけボクが強く影響を受けた講義がありました。


それまでの方は「やらされてる感」があったのですが、その方は明らかに違いました。


「君たちに大切なことを伝えにきたよ」という熱いオーラがあったのです。


その講義では「外国人投資家は道州制の導入をどうとらえているのか」「失われた10年を諸外国はどう見てているのか」「世界から見た日本の役割とは」「外国人投資家と日本人投資家の違い」など、「世界から見た日本」をわかりやすく、そして熱心に話してくださいました。


周りの人もそれまでの講義との違いを感じ取ったのでしょう、寝る人もほとんどおらず皆真剣に耳を傾けており、講義が終わった後には大きな拍手が送られました(もちろんそれまでに拍手が送られた講義はありませんでした)。


今思えば、ボクはあれがきっかけで経済に改めて興味を持ち、株式市場にも目を向けるようになった気がします。


その人に出会わなかったら投資をこんなに早く始めることはなかったでしょうし、経済について今ほど興味をもっていなかったと思います。


申し訳ないことにその方の名前はきれいさっぱり忘れてしまいましたが(笑)、強くあこがれる人の一人です。


ボクの中では人生を大きく変えた出来事であり、また、熱意とは人を惹きつける力なんだということを改めて感じた出来事でした。


それにしても学校って卒業すると往々にして「ああ、もっとやれたことが・・・」って思いますよね(^^;)(笑)。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

やはり情報流出は怖いです。


クレジットカードも不正に使用されたようで。


アリコの顧客情報11万人分流出、カード不正使用も


情報流出、本当に多いですね。怖いです。


情報化時代は恩恵と同時にこういう危険も運んでくれているようですね。


どんなにシステムがすごくなっても最後に扱うのは人間なので結局最終的には働いている方のモラルに依存してしまうのが悲しいといえば悲しいところです(今回のが不正流出なのかはわかりませんが)。


こればかりは仕方のないことなんですけど。


これに関してはボクたちは防ぎようがありません。


強いて言えばマメに請求書をチェックすることや落とさないようにすること、限度額は大きくしない、ということくらいでしょうか。(けっこうあると言えばありますね。)


電子マネーも普及し、ますますお金と通信が絡み合っていく時代になってきているのでこういうのは本当に気をつけてほしいものです。
Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

ぜんぜん知らない。


「売れた本ランキング」ではなく「読んだ本ランキング」が発表されました。


“売れた本”とはひと味違う「2009年上半期読んだ本ランキング」


まずい、結構知らないのがある・・・。


村上春樹さんのは時期がもう少し遅ければさらに上位に食い込んだでしょうね。タイミングが悪かった。


それにしても見事にランキングに入っている本を一冊も読んだことがありません。


マンガ「聖☆おにいさん」はぱらぱら眺めたことがありますが、あの絵が好きです。


「容疑者Xの献身」がランクインしていたのが意外でした。あれ、映画は今年だったんですっけ?


まあボクは基本的に人気作は読まない、というひねくれたスタンスのため、これらの本を読むことになるのは人気が衰えてからになりそう。


皆さんはどのくらい読んだことがある本があったんでしょうか。


まあ投資も読書もマイペースで行こうと思います(^^)。
Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

ちょっとコストは高め?


今日は二本立て。


楽天が新たなバランスファンドを設定するようです。


楽天投信、「楽天グローバル・バランス(安定型/成長型/積極型)」を8月7日設定


ホームバイアスをかけないことやリートもコモディティも使うのが特徴のご様子。


ところでREITやコモディティを増やしたら積極型になるのだろうか。リターンが上がるかはまた微妙な気もしますが・・・。


せっかくiシェアーズ使ってるんだからもう少しコスト下げてほしかったなあ~。


いまやバランスファンドの信託報酬は1%をきるのが当たり前ですからね。


ところで最近「グローバル・バランス」って名前が目立ちます。


これも国際分散投資が大きく取り上げられている証拠なのかも?


ボク自身は使うことはおそらくないと思われますが、どれくらい資金が集まるのか注目したいと思います。
Home |  Category:投資信託 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

コンビニサイドメニュー論。


今日は投資とは関係のないお話を。


ボクはコンビニのサイドメニューに関しては一家言ある男です。


書いてみて気づきましたが、自分で言うとバカみたいなのでやっぱり「サイドメニューが気になる男」にしておきます(笑)。


コンビニにはいろんなものが置かれていますが、差をつけるには1にお弁当でしょう。ボクの中では差別化をはかるナンバー2はサイドメニューじゃないかと思っています。


(注)妄想です。


タスポ特需で「ついで買い」が増えたらしいですが、もし、素晴らしいサイドメニューができあがれば


タバコを買いにレジに並ぶ→隣にはおいしそうなサイドメニューが。何か噂ではいいらしいぞ…。→とりあえず買ってみよう→うまい!!レジに一直線でも買えるし、また買おう


というサイクルに陥るのではないでしょうか。


(注)繰り返しですが、妄想です。ましてボクはタバコを吸わないのでそのへんの心理はよくわかりません。


ボクがコンビニ関係者ではないということをあらかじめ断った上で、勝手にランキングを作るとこんな感じです。あくまでボクの好みであることをご了承ください。


おでん系
→セブンがダントツ1位、他は追って来れない


お肉系
→ファミマチキンとからあげくん(ボクは断然レッドが好き、ローソン)が競い、ちょっと遅れてセブン(から揚げ棒)が追う


ポテト系
→ダントツファミマ(ただし、揚げたてに限る(ここのポテトは時間が経つと味がガクンと落ちます))



肉まん系
→頭一つ抜けてセブン、あとは団子状態


ボクはファミマのポテトが一番好きです。でも、ケースにないときにしか頼みません。3分くらい待って揚げたてをいただきます(笑)。


ただ、今回のランキングにミニストップを入れていません。近くにないからわからないんです(笑)。あそこはサイドメニュー勝負!みたいなとこがありますからおいしいのかもしれないですね。


とゆーわけで、ボクはサイドメニューに関してこんなにも熱い思いを抱いています。


コンビニさん、そんなボクに感動してサイドメニューのさらなる開発を~っ!


いや~、実にくだらないエントリでしたね(^^ゞ(笑)。

Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

バフェットさんに言わせれば。


ウォーレン・バフェットさんの分散投資に対する発言はいくつかありますが、有名なものを見てみると、


「分散とは無知に対するリスク回避だ。だから、勝手知ったる者ににとって、分散の手法はほとんど意味がない」

(「バフェットの教訓」より)


ボクはさらにもう一言。


「だが、無知を分散だけで回避できるならば安いものではないだろうか。」

(「田舎のKen発言集」より)


まあもちろんそんな本はありませんが(笑)、とりあえずバフェットさんの言うことは一理あります。市場をよく理解している人ならば分散など無意味でしょう。


価値が増大していく会社の株を買えばいいのですから。


が、みながみなバフェットさんにはなれませんし、自分の能力を分散でカバーできるのならそれはそれでいいですよね。


もちろん以前のボクのように、「分散してればなんとかなる」と分散に頼りすぎていると(精神的に)痛い目にあうと思いますが…(汗)


分散についてまたまたバイブルから引っ張ってきてみましょう。


「分散投資によるリスク低減の恩恵にあずかるのに、マイナスの相関は必ずしも必要不可欠ではないのだ。マーコビッツが投資家の財布に真に貢献したのは、完全に正の相関でない限り、分散投資さえすれば何であれリスク低減に役立つ可能性があることを示した点にある。」

(「ウォール街のランダムウォーカー」より)


ベストにはならないがワーストにもならないからまあいいや-そんな感じでこれからものんびり分散投資を続けていこうと思います(^^ゞ。

Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

時とともに年をとる。


今日は投資とは関係のないお話を。


ウィズエイジングってご存じですか?


ボクはつい最近知ったのですが、今はやり(?)の「アンチエイジング」と対をなす考え方のようですね。


時とともに年をとる、そんなところでしょうか。


ちなみにボクは肉体に関してはややアンチエイジング派(じいちゃんになっても畑耕したいですし、歩き回ったりしたいですからね(^^)。)、精神に関してはがっつりウィズエイジング派です。


だからなんだって言われると困っちゃいますけど(^^;)(笑)。


ただ顔に関しては断然ウィズエイジングしたいです。


いわゆる「しわが似合う老人」になりたいんですよね~。


ボクの祖父がそうなのですが、しわがよく似合い、笑うとくしゃっとなるその笑顔がボクはとても好きです。そういうのに強く惹かれます。


祖母は


「顔が若く見られるということは年の割に頭空っぽと見られてるってことだよ。顔はその人の生き様をあらわすんだからね。」


と遊びに行くたびに言っていました。


なのでその考え方があってるかわかりませんが少なからず影響を受け、どうすればあまり若く見られないようになるか(ボクは若干童顔なのです…。)時々考えています(笑)。


しかし最近は


「精神的に豊かだったら結果的に若く見られることもあるだろうしなぁ…あんま気にしてもしょうがないか。でもシワが似合う顔にはなりたいな。」


と少し考えが変わってきています。


最終的には「この人の笑顔を見ると元気になれるなぁ」と思ってもらえるような老人になりたいものです(^^ゞ。


…まだまだ先の話ですけどね(笑)。

Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

アーリーリタイアは憧れますが。


ボクが投資をしているのは言わずもがな老後のためであり、願わくはアーリーリタイアをできたらいいな~と思っているためです。


しかし、別に「××歳までには必ずリタイアする!!」と決めているわけではありませんし、「仕事は絶対したくない」と思っているわけでもありません。


仕事がおもしろかったらお金が貯まっても続けると思います。


「仕事の趣味化」は難しいと思いつつも、憧れのあるものの一つです。


毎日はやらないけども、やるときは真剣に、かつ楽しんでやる。そんなことはできないかと目論見中です。


そんな訳で、今のところ「アーリーリタイア=仕事をしない」とはならないのかな~、という気がしています。


どちらかと言えば目指すとこはセミリタイアに近いのかもしれません。


でもそもそもボクは115歳くらいまで生きる予定なので(笑)、仮に60歳まで仕事をしてもまだ人生の半分くらいはのんびり生活を楽しめます。


それもそれでいいなぁ。


なんだか脈絡がなくなってきましたが、まず大切なのは


「アーリーリタイアを目指すかどうか」


ではなく、


「自分が楽しんでできることをリタイアするまでに見つけられるか」


にあるようです(^^)。

Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

田舎のKen、友になりきれず。


今日は個別株のお話。


ボクの保有株式であるシィエムシィがこないだまでものすごい勢いで上昇していました。が、やはり過熱感があったのか先日2900円→2000円後半まで急落。PERも5倍台に突入。


「株式市場の乱高下は、敵とみなすのではなく、友とみなしたほうがよい。また、愚行は参加するものではなく、利用するものである」

(「バフェットの教訓」より)


というわけで、「シィエムシィ~待ってぇ~っ」とお友達になろうとしたわけですが、なんとまあまさかの急回復!つれないな~…。


見事にふられてしまいました(笑)。


まあそのうちまた落ちてきてくれる(かなぁ?)ことを期待して気長に待ちたいと思います(^^ゞ。


やはりタイミングをとるということは難しいですね~。


改めて勉強になりました(^^)。
Home |  Category:個別株 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

きたっ。


いよいよ衆議院選挙が行われることとなりました。


政権交代するのかしないのか、大きな分かれ目となりそうです。


が、脳死の臓器移植に関する法案が明らかな議論不足で可決されたのはかなり残念。いくら日程があるとはいえ、もっと詰めるべきとこはあったと思うのですが…。


加えて民主党は問責決議案なんてものを出す暇があるんだったらマニフェストの練り直しに時間をかけてほしいなあ。


麻生さんを張りつけになんかしなくても「誰が来ても必ず勝ってみせます」くらいの態度でいればいいのに、と思うのはボクだけでしょうか。


まあそんな政党批判はさておき、やはり気になるのはマニフェスト。


目の前の景気対策をどうするかにばかり注目が集まりますが、もっとも気になるのは長期的視点。


補助金もありがたいでしょうが、それだけでは根本が解決されません。


そもそも補助金とかを出さなくてもやっていくための道筋が欲しいとこです。


各政党さん、ボクたちが激しく(いい意味で)悩んでしまうようなマニフェスト、待ってます!!


余談ですが、このニュースのおかげで仙台市長選はかなり影が薄くなってしまっています。かわいそうに・・・(^^;)
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

彼はまさか…。


ボクの好きな野球選手にイチローさんがいますが、彼はただいま絶好調。


最初の何試合かは欠場したにもかかわらず安打ペースは二番目に早く、打率も.360前後をキープ。


病気だったのが信じられないくらいです。


「このペースは驚きだが、安打が出ることは驚きではない」と普段のイチロー節を思う存分発揮してくれています。


まあ投資も同じようなもんですよね。


「こんなに値上がりしたのは驚きだが、上がることは驚きではない」


ってとこでしょうか。


イチローさん、する必要明らかにはないと思いますが、資産運用したら案外すごかったりして?


最後にジョークを1つ。


○日本人の嘘
日本人というのは嘘つきである。

不況だというのに、グランドキャニオンは日本人旅行者だらけではないか。

忍者はもう存在しないと言うのに、シアトルにいたではないか。

(「世界の日本人ジョーク集より」)


いやはや、ほんとジョークのセンスは外人さんにはかないません(^^ゞ。

Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

過程と結果。


ボクは何だかんだで投資が好きなので、あれこれ考えるのが好きです。


アセットアロケーションのこと、マクロ経済のこと、個別株のこと…。


挙げていくときりがありませんが、ブログを書くときや新聞を読んでいるときにちょいちょい考えたりしています(それ以外のときは皆無です…)。


でも、しっかり考える割に結果はそこまで気にしません。


一時期は


「すごい下げ相場でマイナスになってるなあ、アセットアロケーションが悪かったのかなあ」


なんてちょっと真剣に思ってましたが今では


「そんな相場がくればそりゃそうなるな」


と割り切ってしまっていますし、個別株も調べるだけ調べて購入したらあとは基本放置プレイ。


自分の中でやるべきことをしっかりできたと思えるとそこまで結果が気にならないから不思議です。


「過程と結果のバランスをうまくとれと教わってきたが、わたしの場合、結果よりも過程の方がはるかに楽しい」

(「バフェットの教訓」より)


結果を出せなきゃどうしようもないですが、それでも過程は楽しみながらこれからも投資を続けていこうと思います(^^ゞ。

Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

秩序を好む人間の性。


まずは記事と関係ないニュースを。


夜行列車のムーンライト九州が廃車処分されました。


青春18切符を使って大学生のころ仙台から27時間かけて九州に行ったときにお世話になった懐かしい電車です。


思い出いっぱいのものがなくなるのは寂しいものです・・・。


さて、本題へ。



人間ってパターンを作ることを好みますよね。


あることが連続して起これば「これはこういう理由からではなかろうか」とつい推測してしまいます。


ちなみにボクもそういう推測が大好きです(^^ゞ。


株式市場ではどうでしょう。ここでは名著「ウォール街のランダムウォーカー」に登場してもらいます。


(第九版P185より)


「人間の性は秩序を好む。ランダムさという概念を認めることは難しい。私たちは、偶然が時として必然であるかのように振る舞うことがあることを知っている。しかし、それでも私たちはランダムな事象の中からパターンを探そうと努めるるのである。」


ん~、全くもってその通りですね。



株式市場は「価値測定の場」である(byグレアム)が、株価の日々の動きそれ自体ははランダムだってことでしょう。



でもランダムだからこそインデックスファンドのドルコストはベストにはならずともセカンドベストにはなりえるのであり、個別投資においてはファンダメンタル分析が大事になってくるのではないかと。


「株価はランダムに動く」と認めることで見えてくる大事なことって結構あるような気がする田舎のKenです(^^ゞ。

Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

これはなかなかいい傾向なのでは。


新聞を読んでいても感じていたのですが、株主さんと経営者さんの質疑応答が今はすごいようですね。


yahooニュースです。


株式総会の質疑「11回以上」4割 株主との対話傾向強まる


休日に株主総会を開く企業さんも多いようですし、なかなかいい感じなのではないでしょうか。


「株価がめっちゃ下がってるじゃないか!どうしてくれるんだ!」


みたいな質問は論外だと思いますが(もはやクレームです、投資は自己責任ですからね。)、その企業が自分が持つに足る企業なのか(長期的な成長ビジョンを持っているのか)ということを確かめる意味では非常にいい場なんじゃないかと。


大手ファンドも少しずつこの「対話型の物言う株主」になっていっているようですし、この傾向はしばらく続くのではないでしょうか。


ボクは単元未満株なので議決権は持っていませんが(そもそも仙台からだと行くのが少々大変です)、持つようになったら一度は行ってみたいものです。


株主と企業がwinwinの関係を。


これは理想であることはいつの時代もかわりませんね(^^)。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ボクはほぼ縁がないんですが。


yahooニュースです。


電子マネー、1億枚を突破=少額の決済手段として定着-日銀


すごい人気ですねえ。ボクは全く電子マネーと縁がないのでわからないのですが、SUICAとかも電子マネーなんですかね?


「電子マネー」というと携帯で払うやつしかぱっと出てきませんでした。。。何か時代に遅れている気が・・・いや、そんなことないっ(笑)。


ほんとどんどん


現金を持ち歩かなくてもオッケーだ!


って時代になっていますね。もしかして一世紀後くらいには紙幣とか硬貨とかなくなっちゃうんじゃないだろうか。。。(笑)


そこまでにはならないですかね(^^;)


とりあえず時代の激しい動きを感じて少々びっくりな田舎のKenなのでした。
Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

さて、どうしようかな。


最近個別株を始めたわけですが、アセットアロケーションに少し悩みの種が出てきました。


それは「個別株はリバランスの対象にすべきか否か」という問題です。


「いや、当然だろ!!」という声が聞こえてきそうですが…。


ボクの中でインデックス投資はなかなか「安い」「高い」という判断がしにくいのでリバランスがしやすいのですが、個別株はそうでもありません。


なぜなら財務諸表を読むなり指標を見るなりすれば割安か割高かはある程度判断できるからです。


もし日本株式のアセットクラスが自分の定めた割合を大きく超えたとき、まだ持ち株のPERが10倍前後だったらボクはリバランスをするのだろうか…?


なかなか厄介な問題です。


今のところ「しないだろーなぁ」という思いがうっすら自分の頭の中をよぎっているのですが、そうするとアロケーションにズレが生じてしまいます。


さて、どうしたものか。一部を利食えばいいのでしょうが、割安なのに利食うのは何かいやなんですよね(笑)。


まあまだそんなことにはなっていないのでゆっくり考えたいと思います(^^ゞ。

Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

当たり前にあるってすばらしい。


突然ですが、投資の話をする機会ってブログ以外ではなかなかありません。


そもそもボクのまわりに投資に興味がある人はあまりいませんし、日常会話で投資の話が出てくることなんてまずありません。


まあ今回のような相場なら別ですが…。


それだけに話す機会があると自然と熱がこもります。


特にインデックス投資についてしゃべらせてもらえる機会があれば(笑)。


自分でも「何でこんなしゃべってるんだろ」と思うのですが(汗)、つい話してしまいます。


「あぁ、自分は投資に非常に興味があるんだなぁ」と思う瞬間です。


熱心に話したりする割に実際の投資行動に熱がこもっていないのがいささか申し訳ない気もしますが(^^;)(笑)


まあ何にせよ、好きなことに対する思いを書き、意見を聞く場所があるということは非常にありがたいなあ、と当たり前にあるこのネットワーク世界に感謝した今日この頃です。

Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

さあ日本はどうする。


最近は年金基金のニュースが多いような。


ロイターさんです。


世界の年金基金、オルタナティブ投資を継続=グローバル・オルタナティブ・サーベイ


やはりオルタナティブを分散の有効な手段とする見方はこの相場を通してもまだまだ健在なようです。


まあアセットクラスは多いほど分散効果は高まるのでしょうし、当たり前といえば当たり前かもしれませんね。


われらが日本はどうするのでしょうか。


今のところは伝統的4資産のみ。


「世界標準」にあわせるとしたら不動産はもちろんのこと、プライベート・エクイティ、ヘッジファンドも視野に入れていくことになります。


今度のGPIFの不動産を含む検討にこれらのアセットは出てくるのでしょうか。


と、いうかそもそもそんなにアセットクラスが増えてうまく運用できるのかなあ。。。どうも日本を見ていると少し心配になってしまいます。


まあ無理に世界標準にあわせる必要もないと思いますし、しっかり検討していただきたいものです。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

道州制はもうそこまできている?



yahooニュースです。


<経団連>政策課題10項目を発表 マニフェストに、と要望

日本経団連は6日、道州制導入に向けた基本法の制定や、税制改革など、次期衆院選で各政党がマニフェストに盛り込んでほしい政策課題10項目を発表した。1月に公表した「09年優先政策事項」と同じ内容だが、経団連がマニフェストに盛り込むように求めたのはこれが初めて。政策の実績などは今秋の政策評価に反映させる。


(引用終わり)


いよいよ道州制の実現が近づいています。


そこまでボクは道州制に詳しいわけではありませんが、実現されたらなかなか面白いことになるんじゃないかなーと期待しています。


特にボクの住む東北が観光以外にどういう個性を出してくるのか、興味深々です。


ちなみに2009優先事項についてはこちら


基本的に経済活動促進は減税の嵐ですね。


ボクとしては法人実効税率の引き下げ(日本は高すぎです)、証券優遇税制の恒久化(通算可能で10%)、(書いてないけど)長期投資優遇税制の導入に期待したいところです。


課題はまだまだありますが、裏を返せばまだまだよくなるということ。


そのよくなることに期待をしながらこれからも投資を続けていこうと思います(^^)。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

結果論なのはわかっていますが。


少し前のニュースなのですが。

崩壊待たず早期の対応を=資産バブルで検討必要-NY連銀総裁

【ニューヨーク3日時事】ニューヨーク連銀は3日、ダドリー総裁が6月26日にスイスのバーゼルで行った講演のテキストを公表した。同総裁はその中で、金融危機の教訓として「資産価格のバブル崩壊を受けた事後的対応は極めてコストが高いことが示された」と述べ、より早い段階での対応を探るべきだとの考えを示唆した。

(yahooニュースから引用終わり)


バブルは結果論でしかわからない、とはよく言われますが、まあそれは確かにその通り。


どっからどこまでがバブルだ、なんてわかりませんからね。


ただ、結果論でしかわからないから放置プレイ、というのも何か違うと思います。


バブルは繰り返されるなおかもしれませんが、それでも解決策を見出す努力をしてほしい。そう思います。


その意味ではボクは「何かしらバブルを防ぐ方法があるのでは」と模索する白川総裁のスタンスは結構好きです。


それで実際に防げるかどうかは別問題ですが、そういう姿勢は持っていてほしいですね(^^)。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback1

小型株相場がきたのだろうか。


最近小型株が元気いいです。


新たなエンジンを積んでいる(と信じたい)DVxも最近までかなりあげましたし、CMCなんかもインデックスを完全に無視した動きを続けています。


たぶんCMCはつい最近までのDVxと同様、短期的なバブルではないでしょうか…。


ファンダメンタル的には両社まだまだ割安ですので利益確定はしませんが。


安値で買い戻せるかわかりませんしね。


あ、すいません、他の小型株ははわかりません(笑)。


でも想像するに他の優良小型株も元気なのではないでしょうか。


前回の「実感なき経済成長」のときは大型株が相場を引っ張ったそうですが、今回はどうもそうではないような。


大型株の波と小型株の波は順繰りやってくる(らしい)ので今回は小型株がロケットスタートを切っているのかも?


まあボクには最強兵器「ストロングホールド」がありますし(笑)、どんな相場がきてもどっしり構えたいところです(^^)。


コアもサテライトも騒がず慌てずじっくりと。ここは我が家の自家製野菜に見習いたいと思います(^^ゞ(笑)

Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

待てば回復するものです。


ロイターさんです。


09年4─6月期の国内年金基金運用利回りは+6.8%=ワトソンワイアット


やはり大ダメージを告げた記事より扱いは小さい気がしますね。(参考記事「回復しても伝えられるのだろうか。」)


GPIFさんはしっかりリバランスしてくれたんですかね。大幅回復しています。


GPIFのアセットアロケーションは日本債券が多いのでもちろん株式市場ばりの回復は望むべくもありませんが、それでもしっかり上昇基調にはなっているようです。


何か安心しますね。


個人的にはGPIFのアロケーションは結構好き(将来がかかっているので手堅く運用してもらいたい!)なのでこのまましっかり運用してほしいなあと思っています。


株式のリスクはボクがとりますから(笑)。


年金はこれから議論されていくところでしょうが、みなさんが安心して受け取れるような年金システム作りを期待したいところです(^^)。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

気づけばこちらも回復基調。



yahooニュースです。


リート指数1000回復 9カ月ぶり


REITについては投資していないので全くもってノーマークでした。


底値から約4割、ということはだいたい日本株と上昇割合が同じくらいですね。結構な回復です。


不動産に関してはGPIFが投資判断を下したらどうするか考えますが(関連記事はこちら「GPIFが不動産に投資するかも?」)、こちらの記事にも書いている通り、株式、債券以外は抵抗感があるのでまだしばらくはしないつもりです。


いや、むしろずっとしないかも(笑)?


いや~、ほんと底打ちの嵐。そういう記事を多くとりあげているというのもありますが、それにしても多いなあ。


ここまでそういうニュースが出されると逆に警戒してしまう田舎のKenです・・・(^^;)。


ま~あまだまだ回復までは時間がかかりそうですし、のんびりいきましょうです。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。