スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

モダンポートフォリオ理論とバックミラー。


投資のリターンの8割はアセットアロケーションで決まるといわれていますが、その根幹を成しているのはモダンポートフォリオ理論(MPT)です。


ボクはこのMPTという言葉を見るたびに名著『ウォール街のランダムウォーカー』に掲載されていたジョーク


『どうも君が「MPT」というと「empty(空っぽ)」と聞こえるんだが大丈夫なのかい?』


を思い出してしまいます。


このジョーク、ボクのお気に入りのものなのですが、なかなか的を射ていると思います。


確かにアセットアロケーションでリターンの大半は決まり、効率性フロンティアのぎりぎりのところでそれを組めば同一のリスクの中でのリターンは最大化される。


しかしそれの正解は得られない。過去の情報をいくら探してみても答えは出てこない。ピーター・リンチの言葉を借りれば『バックミラーから未来は見えない』ということですね。


しかしアセットアロケーションがリターンの大半を決める、という事実だけはそこに存在している。なかなか不思議な世界です。


しかも日本の株式市場はつい何年か前まではバブルなどでかなりおかしい市場でしたから、ほかのアセットクラスに比べればあてにならない部分も多いのではないでしょうか。



きっとボクが思うにMPTは外側が存在するが内側は「empty」なのであり、その中身はそれぞれが探して当てはめてみてください、ということなのですね。


もちろん絶対の正解がないからこそいろんな方のアセットアロケーションを見ているとおもしろいのであり、自分でいろいろ考えてみようと思う、という部分はあるのだと思います。


こうして見るともしかしてMPTは投資家が自分の頭でしっかり考えるために検証されたのではないか、なんて考えてしまいますね(^^)(笑)。
スポンサーサイト
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

何か日本はネフ好みになってきた気が・・・。


最近日本の経済を眺めていると、日本はほんとネフ好みの国になってきたのでは、と思ってしまいます。(ネフについてはこちらの記事をご覧ください)。


ネフは『マネー・マスターズ列伝』の中で新興国、特に深く傷を負った国に期待している、と述べていましたが、まさに日本がそうなってきたような気がします。


ってもっとも日本は新興国ではありませんけどね。


先行きが明らかに悪く、投資家から見放されている国・・・まさにネフが好みそうな状況ではないでしょうか。


今の状態が悪いということは、裏を返せばこれから改善する余地が大きくある、ということです。


ただし、それは「もうこれ以上悪い状況にはならない」ということと同義ではない、ということに注意しなければいけませんが。


景気の底なんてわからないですし、悪くなるときはどこまででも悪くなるでしょうからね。


でも基本的に楽観論を持っているボクとしては日本の優良企業には結構期待しています。明らかな割安株がゴロゴロしているような状況ですから。


もちろんいつも言っていることではありますが、日本一辺倒では怖いので世界の国々にも投資していきます(^^)。


ま、株価も経済も為替も予測できないオンパレードって感じになってますから大まかな大局観だけもって投資に臨んでいければと思います。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

新興国株式はeMAXISに乗り換えようかしら。


いやはや、ドバイショックやら円高やらすごいことになっている世界の株式市場ですね。


それにしても為替は民主党をあざ笑うかのように円高の方向へ進んでいます。どうせ口だけで介入しないだろうと思われているような動きです。ここまで来ると何か笑えますね(^^;)。


ただ企業物価や輸出物価から考えれば大きく円高ってわけではありませんので、まだまだこの状況は続きそうな気がします。


二番底、来るんでしょうか。


きたらビッグチャンスになりそうですから、しっかり構えておきたいと思います。


んで、このドバイショックが原因で新興国株式が下がってきたので買い付けを検討していたのですが、投資信託はSTAMからeMAXISに乗換えようと思っています。


隠れコストは気になるのですが、この信託報酬の差は大きいです。分配が年一回ありそうなところは残念ですが、ものは試しで移ってみようかと。


ただ1つちょっと残念なのは、今まで買い付けをマネックスで行っていたのでSBIに移らなきゃいけないんですよね。


マネックスでも扱ってくれないですかねえ・・・。


そうそう、e-MAXISと言えば「Fund of the Year」。前に記事に書いていましたがTBを送るのをすっかり忘れてしまっていました。


投票権がほしいのでしっかり送っておきます(笑)。これに投票するのはすごく楽しみですから(^^)。


それにしてもこの企画、今年はほんと激戦になりそうな予感。


今年もインデックスファンドが選ばれるのか、はたまた初の海外ETFが受賞するのか、なかなか楽しみなところです(^^)。個人的には日本の国内株式運用をしている独立系投信に期待してみたいっす。


どうなりますやら、ほんとわくわくします。


素晴らしい企画ですので、これからも応援していきたいですね。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

10冊を1度より1冊を10度。


最近新しい資産運用本に食指が伸びません。


読んでみたいと思っているのはけっこうあるのですが、何か買う気にはなれないんですよね。正直に言えば、おそらく新しい本を読んでもそこまで目新しいものが得られるわけではないと思っていることが大きいのだと思います。


あとは過去の名作を上回るものはなかなか現れないから、というのもあります。


ひとつ目の理由に関しては、それだけ自分の投資スタイルが見えてきている、ということでもあるのかもしれません。


そう考えるとうれしいことなのかもしれないですね。


その代わり、以前の記事にも書いたように今まで読んだ本を何回も読み返すことが多くなりました。


何回も読んでいると知識は完全に定着してきますし、少しずつではありますが知恵に昇華できていく気がします。


もちろんそれには実践(売買)が伴ってくるわけですが。


そして何より、その本にツッコミを入れることができるようになるのが大きいです。


「うんうん、確かにそのとおりだ」


とか


「いやいや、そこはちょっとおかしいんじゃないか」


とか。


そうすることで自分がどういうスタイルをとっていきたいと考えているのかが確認でき、方向性が定まっていきます。


投資信託にしろ個別株にしろ資産運用本にしろ。管理可能な数に絞って進めていく、というのは決して悪い方法ではないなあと思っている今日この頃です。


・・・でも「スノーボール」はそのうち買いたいですね(笑)。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

アメリカさんの信用、まだ落ちる?


ロイターさんです。


ドル急落、2012年にも米経済に破滅的打撃


いや~、なかなか怖いこと仰りますね。


もしそうなればそのころはまだ不況から完全には回復していないでしょうし、ひどいことになるのかもしれません。


まあもちろん実際にどうなるかはわかりませんが、ドル逃げの動きが進んでいることは事実です。


金の価格はとどまることを知りませんし、各国の中央銀行も金の保有量を増やしています。これは明らかなドルからの回避と言えるでしょう。


ただそれが対ユーロとの動きにまで派生するかどうか・・・なんとも微妙なところです。


いずれにしろ、そうなれば円高は続くのでしょうね(笑)。


ま、ある人が「予測を当てるコツは、しょっちゅう予測することさ」なーんて茶目っ気たっぷりなことを言っていましたが、個人的にはボクもそれくらいのことだととらえています。


いちいちこんな予測すべてに耳を傾けていたら身がもちません。


じゃあ何でこの記事をとりあげたのかと言えば・・・なかなか内容が強烈だからです(笑)。それくらい経済の先行きが懸念されている、ということですね。


つまり・・・買い時が近いのかな?


ほんとに最近は日本のことのみならず、世界のことでもネガティブなニュースが増えてきました。


二番底懸念と新興国のバブル懸念という不思議な組み合わせが共存している今の世界経済ですが、どうなるのか生暖かく見守りつつも(笑)、悲観的なニュースに振り回されることなく、買い付けを進めていきたいと思います。


最後にピーター・リンチの言葉を再び借りましょう。


【ピーターの法則19】
空売りをするか、金持ちの配偶者を探している詩人でない限り、悲観論は何の役にも立たない。

(『ピーター・リンチの株式投資の法則』ピーター・リンチ著、ダイヤモンド社)
Home |  Category:政治・経済・金融など(世界) |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback0

為替と日本株式。


今日は為替(ドル)と日本株式インデックス(TOPIX)について見てみたいと思います。


ここんとこ為替やら政治やら増資やらいろんなものに振り回されている日本株式ですが・・・。


比べてみるとこんな感じになりました。(期間は10年)


こうしてみると案外為替と株式は連動していない時期もあったことがわかります。


ただし、2004年あたりからは結構平行なグラフを描いています。


これはもっぱら日本の大企業のグローバル化が進むことによって海外比率があがり、円安が輸出ドライブになったせいでしょうかね。


というかもしかしたら連動していなかった時期は為替に関係なく売られた時期だった、ということなのかもしれません。


それにしても特にここ最近はぴたりと連動しているようです。


以前週間ダイヤモンドの記事にありましたが、為替は明確なトレンドが発生するとのこと。


ですからもしこのままのトレンドが続き、かつ、為替と株式が連動していくならばまだまだインデックスの頭は重いのかもしれませんね。


ただいつも言っていることですが、ボクは悲観論は好きであまり好きではありませんし、嘆いていても何も始まらないので、日本株式については優良株をコツコツ仕込んでいきたいと思います。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

アマチュアの強み。


ジョン・ネフという投資家がいます。


この人はグレアムのバリュー投資の流れを汲むファンドマネージャーさんなのですが、根っからのコントラリアン(反対思考者)で、先行きの暗いと考えられている業種に絞って集中投資するという度胸満点の手法でリターンをあげました。


しかし、その特徴ゆえに短期的な値下がりには比較的弱いという傾向もあったようです。


一番ひどかった年にはマイナス30%弱という結果を残してしまいました。


そのときメディアからは「ネフの投資法(低PER+高配当)はもう終わった」と叩かれ、ある人からは「見通しの暗い業種にばかり投資するなんて、あなたは気がおかしくなったんじゃないか」なんていう手紙までもらったそうです。


なかなかひどい話ですよね、がんばっているのに・・・。


もちろんそれらの批判を受けてもネフは自分の投資法を曲げず、耐え続け、結局そこから大復活し、最終的にはファンドの規模が巨大だったにも関わらず35年前後の期間で年率14.8%という素晴らしいリターンをあげるにいたりました。

(参考文献:「マネーマスターズ列伝」、ジョン・トレイン著、日経新聞社)


この話はネフの辛抱強さを表していますが、同時に「本当にアマチュアの投資家は恵まれているなあ」と思える話でもあります。


どんな投資手法を用いても、一時的に結果が出なくても誰からも文句を言われることはありませんし、無理に投資法を変える必要も、変えない必要もありません。


プロより圧倒的にその点では有利だと言えると思います。


せっかアマチュアで自由に投資できるわけですから、その良さをフルに生かしていきたいものです。


ボクの場合は一貫した投資戦略をもたない、という戦略を持っていますのでこれからも状況に応じて判断していきたいと思います。


それにしても、最近日本株式がボコボコであるという記事が本当に増えてきましたね。


「相場は心配の壁をよじ登る」とはよく言ったものですが、今回はどうなることやら・・・。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

過去の記憶とわくわく感。


今日は投資とは関係のないお話です。


昔、朝日新聞の天声人語に載っていたお話で、ある外国人の資産家にインタビューをしたとき、


「全財産をはたいてでもやりたいことはありますか?」


との問いに対し、


「○○(すいません、名前忘れちゃいました。本の名前です)を読んだことのない状態にしてほしい」



と答えた、というものがありました。


その本はその人が小さいころに読んだ本だそうで、できるならばそのわくわく感をもう一度味わいたい、ということなのでしょうね。


なかなかいい話だなあ、と思って読んでいたのですが、さて、自分にはそんな本があるかな~と考えてみたら、一冊だけ思い当たりました。


不思議を売る男不思議を売る男
(1998/06)
ジェラルディン マコーリアン

商品詳細を見る



「不思議を売る男」。


この本は小学校の夏休みに買った本です。


当時は本を読む習慣なんてあるはずもなく、読書は好きではなかったのですが、夏休み前に学校で渡されたリストから注文して買えるやつ(たぶんみなさんもありましたよね?)でちょっとタイトルに惹かれて買ってみました。


読んでからはすっかりはまってしまい、長い本なんか読んだこともないのにほぼ一日で読みきってしまい、それからも何度も何度も読んだ記憶があります。


それほどボクにとってはワクワクする本だったのでしょうね。気づいたらどこかにいってしまっていたのですが(^^;)。


と、考えていたらすごく読みたくなってきたのでさっそくamazonで購入(笑)。


届くの、楽しみだなあ(^^)。


ゆっくりと昔をなつかしみながら読んでみたいと思います。
Home |  Category:本のレビュー |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

田舎のKen、危うきに近寄らず。


ここんとこの動きを見ているとつくづく思うのですが、ほんと株価は短期的にはファンダメンタルとは無関係に動くのですね。


もちろん長期的にはファンダメンタルズに収束するのでしょうが、今はそんなの関係なしに持ち上げられた株は売られています。


まあそのおかげで企業(国)の価格付けのミスプライシングが起き、バーゲン価格で買えることがままあるわけですから、ありがたいことではあるのですが。


こうしてみると、ほんとボクは短期投資には向かないなということがつくづく思い知らされます。


基本的によくわからない原因(需給やテクニカル)で動く相場はボクの理解を超えていますし、分析することもできません。


今の相場にしびれを切らして短期決戦にもちこもうものならきっとボコボコにされてしまうでしょう(笑)。


そういうことをわからせてくれる意味として、やはりファンダメンタルズ抜きの暴落は非常にありがたいものだと感じます。


ボクの大好きな投資家、フィリップ・フィッシャーも言っています。


慎重な投資とは、実現可能な方法で増やしていく投資のことであると。


ボクにとっての実現可能な方法は


・ドルコスト
・長期視点
・buy&hold
・理解可能のものに投資
・分散投資


によって成り立ちます。


これからも自分の得意分野から離れることなく、バフェットの言葉を借りれば「20センチのまたげるバー」を探していきたいと思います。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

年金基金さん、不動産も視野に入ってきた?


年金基金さんはそこまで不動産に対して前向きってわけではなさそうですね。


個人的にはもうちょっと検討しているもんだと思っていました。意外です。


年金基金の不動産投資実態調査、投資を「実施・検討」は22%=住信基礎研(ロイターより)



不動産はボクの中で「分散+インフレスライド」ってイメージがあったのですが、キャッシュフローの確保があげられているということは利回りが重要視されている、ということなのでしょうか。


ちょっとまめまでは不動産の利回りって高かったんですよね。


なかなかすごいことになっているなあと思った記憶があります。


ちなみにボクに関しては、以前GPIFが不動産に投資するかも、という記事を書きましたが、あれからボクの意見は変わっていません。


何回か書いていることではあるのですが、キャピタルゲインを求めるなら株式が一番適していると思っているので今は不動産には投資しないと思います。


やっぱり伝統的アセットクラス以外のクラスに投資するのは抵抗感がありますからね。


あとは株式が好きだっていうのもあるんですけど(笑)。


やっぱりどんな形であれ株式に投資するのがが一番しっくり来るなあと最近感じます。


もっと年をとってきたらまた別だと思いますけどね(^^)。


年取ったらとにかく分散していろんなアセットクラスに投資してそうな気がして少々笑えます(笑)。


日本の株式市場は相変わらず元気がありませんが、まあのんびりいきましょう。


投資しているのは、日本だけではありませんから。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

M&Aに見る日本の苦しさ。


まずははじめにちょっとしたお知らせです。


今、文科省で事業仕分けについての意見を募集しています(詳しくは同省のこちらのページより)。


おそらく文科省も容赦ない切捨てに反対なのでしょう。みなさんももし興味のある仕分けがあったらぜひとも意見を送ってみてはどうでしょうか。ちなみにボクはスパコンのをはじめとしていくつのかに送ろうかと。せっかくのチャンスですからね(^^)。


では、本題へ。


ロイターさんからのニュースです。


来年の日本株、M&Aが重要テーマに


確かに金融界(銀行、証券会社など)や保険業界では再編が進んでいますし、おそらく小売も今はぼろぼろですから進んでいくでしょう。


そう考えると来年は日本の企業に大きな動きがある年なのかもしれません。


ところで少し気になるのは、国内企業だけでなく、海外企業へのM&Aです。


先日キャノンが大型プリンター企業オセ社の買収をしましたが、あまり大型企業のM&Aは聞かないですね。



確かに雇用でも批判をあび、懐事情は苦しいのでしょうが、「ピンチはチャンス」ですし、この円高を生かして攻めに出ないんでしょうか。


その辺にも日本企業の状況が垣間見れる気がします。


それにしてもキャノンはさすがですね。会見で「プリンターで世界一になる」と言っていましたが、目標が非常にわかりやすいですし、買収の意図も明確です。


ボクは大型企業には今は投資していませんが、やはりキャノンはしっかりた企業だなあと感じました。



まあ自分の住んでいる国ですからあまり批判はしたくありませんが、ここが踏ん張りどころでしょうし、日本企業にはがんばってほしいですね。


もちろんボクは過度の期待はせず、海外との分散をしながら投資を続けていくつもりです。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

困ったときのキス(KISS)・アプローチ。


キス・アプローチという考え方があります。


キス(KISS)という言葉は軍隊用語から来た俗語だそうで、


“Keep it simple, stupid”(もっと簡単にやれ、ばかもん)


の略だそうです。


参考文献では「もっと簡単にやれ」と訳されていましたが、さらに日本語になじむようにすると「ごちゃごちゃ考えるな」という感じでしょうかね。


(参考文献「決断力」、羽生善治著、角川oneテーマ21)


ボクはこういう考え方は好きですね~。


往々にして難しく考えすぎないほうが良い結果に結びつくことが多いですし、シンプルに考える、ということは裏を返せば本質をよく見極めて考える、ということでもあります。


もちろんそれが出来なくて苦労する場合もあるでしょう。


しかし、自分にとって大切なことを見極めるクセをつけておく(判断基準をもっておく)のは決して悪いことではないと思います。


難しく考えるあまり本質を見失っては本末転倒ですし、なかなか前には進めません。


悩んだときこそ基礎にしっかり立ち返ってこれからも投資を続けていきたいものです。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トリノ・エジプト展に行ってきました。


今日は投資とは直接関係のないお話です。


少し前のことですが、トリノ・エジプト展に行ってきました。トリノの美術館(だったかな?)にあるエジプト関係のものを展示してくれています。


以前東京でやっていたのは知っていたのですが、仙台にも来ると新聞の記事で読み


これはぜひ行かねば!


と思い行ってきました。


いや~、最高でした!


ツタンカーメン王の像やミイラ、当時使われていた生活用品、ヒエログリフが書かれた石などさまざまなものが展示されていて、非常にうきうきしちゃったりなんかして(笑)。


やはり見ていて思うことは、古代の人はやはり信仰を生活の中心に据え置いており、生と死との関係を非常に大事に(重要視)している、ということです。


前者が後者を生み出すのか、後者が前者を生み出すのかはよくわかりませんが、ミイラも当時はいずれ魂が体に戻ってくるのと考えられており、そのときに困らないように防腐処理をして保存していたわけですからね。


死は新たな世界の旅立ちでもあり、そこからまた生に戻る、いわゆる輪廻というやつです。


当時の人はそういう風に考えることによって死への恐怖を抑えていたのでしょうか。


キリスト教などの宗教ではもちろんのこと、古代ギリシャでは理性によってそれを抑えようとする動きがありましたし(死んだら意識がないから恐怖もない、だから恐れることはない)、中国でも荘子が「万物斉同」を唱え、その中心に生と死の関係を据えています。


やはりここの関係は人類の大きなテーマなのだと改めて思い知らされた見学でした。


ところで少し話は飛びますが、この展示が一通り終わった後のところにお土産コーナーがあったのですが、そこになんとヒエログリフについての「名探偵コナン」とのコラボ漫画がありました(笑)。


意外な人の協力も得られたようで、少々びっくりです。


と、いうわけで、久しぶりに高校のころの世界史のテキストをひっくり返してみたくなった出来事でした(^^)。
Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

会計はビジネスの言語。


以前週間ダイヤモンドでIFRS特集が組まれていましたが、今週は東洋経済でも取り上げられていました。


やはり実際に適用されると見た目の業績に変化出てくる企業が結構あるようです。


さてさて、このIFRS、投資家さんにとっては導入されればまた新たな壁となりそうです。これを理解している人としていない人とではまた結果に大きな差が出てくるのかもしれません。


しかしバフェットさんの言うとおり「会計はビジネスの言語」ですからそれくらいはある程度理解しておかないといけないのでしょうね。


もっとも、IFRSの影響を抑えて投資することは可能だと思います。


1つは小型企業に投資する方法。


IFRSは基本的に連結をするような比較的大きめの企業に影響を与えますから、そうでない企業にうまく投資すればそこまで考えずにすみます。


もっとも、成長して規模が大きくなってきたらまた考えなくてはいけなくなるのかもしれません。


2つ目はご存知インデックス投資ですね。


非常に楽チンです(笑)。これはもうひたすらインデックスファンドを積み上げていけばいいのですから知らなくても問題にはなりません。


まだどうなるかはわかりませんが、市場から退場させられないよううまく対応していきたいですね。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

心と植物。


突然ですが、みなさんは好きな(なりたい)植物ってありますか?


なぜこんなことを書いたかというと、ボクは以前「植物になるんだったらどんなのがいいかなぁ」と考えたことがあるからです(笑)。


でもこんなこと考えるの、結構好きなんです。


今の自分の心のあり方が反映されたものが出てくるので、「あぁ、こういうとこは変わらないなあ」とか「こういう風に考えるようになったのか」とかがなんとなくわかって楽しいんですよね。


ボクは昔ひまわりや竹が好きでした(今も好きですけどね)。


太陽(空)に向かってまっすぐ丈夫に伸びるのがいいなあと思っていたんです。きっと自分もひねくれずにまっすぐな人間になりたい、と考えていたのでしょう。


ちなみに白樺の時もありました。白くてそこに心の清らかさを見たのかな(笑)。


そして現在そのことを考えてみるとボクは柳のようになりたいと考えています。


どんな風や雨が来ても決して折れずにじっと耐え、嵐が過ぎ去るのを待つ・・・


そして時が来たら上へ上へと成長していく。


そんな姿に憧れるのです。


って思ってたら某漫画に同じことが書いてあってびっくりしました。同じように考える人がいるのですねえ。何か嬉しいっす。


これは投資に対する姿勢にも表れています、暴落が来ても心を折られずにじっと耐え、チャンスを伺います・・・時にナイフをつかみながら(笑)。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ひらめきでの投資。


何人かの方が書かれていましたが、新興市場(ジャスダックなど)をはじめとして優良株が最近投げ売られています。おそらくボクのポートフォリオもそれなりにダメージを受けていることでしょう。


もちろんナイフをつかむボクは追撃買いを検討していたり実行していたりしますが。


タイトルにあるひらめきでの投資について、ピーター・リンチは次のように述べています。


「タイミングを計り、ひらめきで投資することの持つ問題点は、人々は必ず、市場が600ポイント上昇して割高になっているときは、気分が大らかになりすぎ、600ポイント下落して割安銘柄がいっぱいあるときは、萎縮してしまうことである。もし、規則的に株式を購入しないのであれば、信念を持ち続けるための、何らかの方法を見つけなさい。」


(「ピーター・リンチの株式投資の法則」、ピーター・リンチ著、ダイヤモンド社)



これは本当にそのとおりだと思います。どうしても大きく下落してしまうと


「どこまでも落ちてしまうんじゃないか」


とか


「まだ発表されていない自分の知らない情報が織り込まれているのではないか」


と思ってしまいますからね。


やはり意志がなかなかもてない場合はそういうシステム作りは必要なのかも知れません。


もっとも、これはボクには当てはまりません。なぜなら、ボクは上がればびびり、下がれば突っ込むタイプだからからです。


こう書くとなかなか立派かもしれませんが、これが一筋縄ではいきません。下がる限り突っ込もうとしますから(笑)。なのでボクは自分を落ち着けるためにドルコストが大事だと考えています。


このブログを通じて何度か書いていますが、ボクはドルコストは


「欲を分割する」


ために役に立つと考えています。


自分の欲をうまく飼いならせるよう、うまく投資と向き合っていきたいですね。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

危機は過ぎ去った。が・・・。


バフェットさんが金融危機は過ぎ去った、と仰っているようです。


金融危機は過ぎ去った=米著名投資家バフェット氏(ロイターより)


まあとりあえず最悪期は脱したってことでしょうかね。もっとも、落ち込む人々を励ますような言葉にも聞こえますが、実際はどうなんでしょう。


ちなみにわが国日本について見てみると、


危機はすぎさったのでしょうが・・・こちらの記事に書いたようにまだまだ株価は出遅れています。やはり政治&円高が足を引っ張っているのかなあ・・・。


ここまで出遅れていると多少日本株式偏重(6割くらい)にしようかなぁなんて考えてもいます。ただし、理想は4:6~5:5くらいなのでどこかで調整する必要はあるのですが。


まだどうするかは決めていません。とりあえず日本市場は気になる企業の株価、外国株式はPERをもとに検討を進めていこうと思います。


まあ株価の先行きは読めませんし、定期的な買い付けをベースに自分なりにアレンジを加えていくつもりです。


ボクはあまり悲観論は好きではありませんし、いつか何とかなると信じてこれからも買い付けを行っていこうと思います。
Home |  Category:政治・経済・金融など(世界) |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

成長にかける。


最近日本株式(個別株)の売買をちょいちょいしています。


大まかに決算がを見終わったということで調整中ってとこでしょうか。


それにしても売買が増えるのはやはりあまり気分がよくないですね。証券会社を儲けさせるために一役買ってしまったと考えるとちょっと残念です。


あれ、こういう記事書いていた方がいらっしゃいましたよね・・・すいませんろくすけさん、記事が若干かぶりました(笑)


それにしても、同じ「成長」に期待することなのにインデックス投資と個別株は大いに違うものなのだなあと思わされます。やはり個別株のほうが少し細かく見る必要があります。


もちろんそれがおもしろいところでもあるのですけれどね(^^)。


個別株に目をつけると企業についてよく見るようになりますし、インデックスに投資すると経済全体を見るようになる、というのが今のところの感想でしょうか。


いずれにせよ


・売買は控えるに越したことはない
・視点はあくまでも長期で


ということをしっかり頭に叩き込んでこれからも投資をしていこうと思います。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

落ちるナイフと待ち構える手。


よく、急落した株式を購入することは「落ちるナイフをつかむ」と表現され、あまりよくない行動として有名です。


数々の大事なことを教えてくれたピーター・リンチも著書で次のように語っています。


「下落している株を底値で拾おうというのは、落ちてくるナイフを素手でつかむようなものである。ナイフが地面に突きささり、しばらく揺れ動いた後、しっかり止まってからつかむのが、正しいやり方である。」


(「株に勝つ」、ピーター・リンチ著、ダイヤモンド社)


ただ、「毎回そんなうまくいくかわからない」という反論も十分ありえます。これについて考えてみると、


「急落(A)→ヨコヨコ(B)→再び急落」や「急落(A)→ヨコヨコ(B)→反騰」のパターンなら(A)で買うよりは(B)で買ったほうが安く買える可能性が高いですし、


「急落(A)→急騰(B)」「急落(A)→ヨコヨコ(B)→ちょっと盛り返し→再び急落」とかの場合は(A)と(B)のどちらが買うのが安いかは運(タイミング)次第となります。


それぞれの場合の確率が同じくらいと考えると(ほんとはそう考えなくても、ですが)、やはりある程度ヨコヨコのパターンを待ってからの方がいいような気もしますね。


じゃあお前はそうしてるのか、と言われれば・・・


落ちるナイフをばっちりつかみます(笑)!


投げ売られているときに買うのはすごい楽しいんですよね・・・こればかりはなかなかやめられません(^^;)。


でもそのうち痛い目にあいそうですし、底値じゃなくても大怪我しないタイミングで購入する術を模索していこうかなぁなんてぼんやり考えたりしています。


買い時というのは難しいですね(^^)。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

最近よく読みなおす本。


今日はボクが最近繰り返し読んでいる本について書いてみたいと思います。


共通していることは長期的視点についてしっかり書かれていることでしょうか。やはりその視点については何度学びなおしてもよいことのような気がします。


ブログの「ボクの好きな資産運用本」カテゴリにあるのもないのもありますがこんな感じです。


まずはこちら。


史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵史上最強の投資家バフェットの教訓―逆風の時でもお金を増やす125の知恵
(2008/01)
メアリー バフェットデビッド クラーク

商品詳細を見る



これはブログ記事でもたびたび引用させてもらっていますね。いわゆる「メアリー本」ですが、含蓄のある言葉が並べられ、とても勉強になります。


強いて欠点を挙げるならば、メアリーがちょっと偉そうなことでしょうか。「しっかりとしたビジネスを持つ企業を選べば年間収益率20%なら容易」みたいなことが書いてありますが、しっかりとしたものを選んでもなかなかそんな利益は難しいです(^^;)。


お次はこちら。


敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか
(2003/12/04)
チャールズ・エリス

商品詳細を見る



言わずと知れた名著ですね。「ウォール街のランダムウォーカー」より読みやすく、精神的なことが多く書いてあるので最近はこちらを読んでいます。


もっとも、「ウォール街のランダムウォーカー」はもうバカみたいに読んだので・・・という部分もあります(笑)。


最後はこちら。


ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学ピーター・リンチの株式投資の法則―全米No.1ファンド・マネジャーの投資哲学
(1994/10)
ピーター リンチ

商品詳細を見る



先ほどあげたカテゴリのサテライト編では同じくリンチの「株に勝つ」をオススメしているのですが、投資全般に関して言えばこちらの書のほうがいいように思います。


序章「債券信仰からの脱出」で株式のほうが債券よりリターンが大きいことを示していますし、ほかにも「投資信託の旅」や「週末の不安者」、「聖アグネスの奇跡」で


・市場(インデックス)に勝ち続ける投資信託を見つけ出すのは困難であること
・売らない意志が投資では大切なこと
・定期的に投資するのは大切であること


などについて述べられ、かつ個別株の投資についても語られています。


なので幅広く勉強になることが多く、上記3冊の中ではこれを一番読み直しています。


最初にも書きましたが、ボクがこれらの本から学ぶのは長期的視点です。市場に振り回されるとつい忘れてしまうそうなときもあるので忘れずにいきたいものです。


どれも有名な本ではありますが、興味のわいた方はぜひ手にとって見てください(^^)。
Home |  Category:本のレビュー |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

パッシブ運用とアクティブ運用。


All About マネーにパッシブ運用とアクティブ運用についての記事がありました。


アクティブ?パッシブ?自分の運用スタイルを決める(yahooファイナンスより)


結構シンプルにまとめられていますね。が、気になる点が1つ・・・


>日本にはインデックス信仰者がけっこういますが、世界の主流はアクテイブ運用!


・・・逆じゃないでしょうかね(笑)。


日本には最近こそ増えてきているもののパッシブ投資家さんってあまりいませんし、世界では日本に比べるとインデックスファンドの割合が圧倒的に高いはずです。


どちらが優れているかなんていうことは結論は出ないのでなんとも言えませんが、ボクが言えることといえば、


リターンは不確定だがコストは確定


ってことでしょうかね。


パッシブ投資とアクティブ投資、永遠に対立する2つのテーマではありますが、いずれの方法をとるにせよしっかりとその特性を見極めて投資を行っていきたいものです。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

大切なことを学ぶ。


今や伝説の投資家、ウォーレン・バフェットが最初に買った株式は、〈オイル・サーヴィシズ〉という石油会社の株でした。


彼はこの会社の株を38ドルで3株買ったところ、みるみるうちに株価は27ドルまで下落。売りたくなる気持ちをこらえていたところ株価は反発を始め、40ドルまで戻してきたところで彼は株式を売却しました。しかしその後さらに株価は急騰、200ドルまで上昇したそうです。


バフェットはそこから投資における第一の教訓『忍耐』を学び取ったといいます。


(参考文献「バフェットの教訓」、メアリー・バフェット&デビット・クラーク、徳間書店)


ボクが投資を始めたのは今回の金融危機を発端とする下落相場が本格的に始まったころで株価はみるみるうちに下がり、大きな損も抱えました。


しかし、今になって考えれば投資を始めた時期はなかなか悪くなかったのではないか、と思っています。


ボクはどちらかと言えば「走りながら考える」タイプです。



いろいろ頭の中で試行錯誤していくよりは実際に試して痛い目にあいながら学んでいくというスタイルなので最初に痛い目にあえてよかったなあと思っています。


(ちなみに個人的な意見ですが、投資はお金をかけているのである程度「考えてから走る」方がいいと思います。そうしないとボクのように痛い目にあうことになりますから(笑)。以前こちらの記事に書きましたが、他者からの経験で学べるならそれに越したことはありません。)


おかげでバフェットのように「忍耐」をはじめ投資を続けていく上で大切なことをたくさん学ぶことができました。


あとはこの教訓を忘れずにいくのみです。


喉もとすぎればなんとやら、にならないようにこれからも今まで学んできたことを大切にしながら投資を続けていこうと思います(^^)。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

バランスファンドの動き


今日はバランスファンドのここ一年の値動きを追ってみます。いろいろな低コストのバランスファンドが出され、差別化が計られていますが、値動きにも違いはでてきているのでしょうか。


今回比べたのはSBI、楽天、マネックス、ジョインベスト(野村ジョイ)、セゾンのバランスファンドです。


結果はこちら!


z.gif


・・・ごちゃごちゃだ(笑)。


ちなみに上からセゾン、ジョインベスト、SBI、マネックス、楽天となっています。


まあ楽天は国内債券が多かったはずですからやむをえないのでしょうね。


ボクの予定だともっときれいに分かれるはずで、


「おお、アセットアロケーションの違いでこんなに差が出るもんなんだなあ」と思うと思っていたのですが、この1年に限って言えばそんなことはなかったのかな?

こうしてみると直近ではほかのバランスファンドに負けているものの、マネックスの安定感が目に付きますね。


というわけでここ一年のトップはセゾンさんでした。中野さんのような熱い方は好きなのでボクとしても嬉しい結果です(^^)。


これからもちょいちょいバランスファンドの動きは追っていこうと思います。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

利上げは遠く、お金はどこへ。


FRBはやはりまだ利上げは行わないようですね。


FRBが緩和策解除の条件示唆、利上げ遠のいた可能性(ロイターより)


まあ当然といえば当然。まだまだ景気は悪いですからね。おそらくマーケットも利上げを織り込み始めてはいないと思います。


ということはまだまだいわゆる金余りの状態が続いていくわけですが、このお金はどこに向かうのでしょうか。


予想1、金や原油を始めコモディティ中心に向かう
これは正直もっとも勘弁してほしいシナリオです(笑)。コストプッシュインフレでは株価は上がりません(むしろ下がる)し、投機家が儲かるだけでしょう。ただ金も原油もじわじわ上がっているのでこの流れがどこまで続くかが大きなポイントになりそうですね。脱原油(笑)!


予想2、債券へ向かう
景気がなかなか上向かなくて再び債券へ向かう可能性はどうなんでしょう。向かうとしては長期債が候補にあがってきそうですが・・・。TLTのチャートはこうなっておりますが、じわじわとあがってきています。可能性はなくはないのかな?


予想3、エマージング株式に向かう
少なくとも予想2よりは確率が高いような・・・。ただ、以前こんな記事もありましたのでエマージングも油断はできません。あらたなバブルは引き起こさないでほしいですね。


とまあ予想をたててみましたがボクはマクロ視点で投資はしていませんし、どうなるかじっくり観察しながらマイペースで投資を行っていきたいと思います。


個人的にはまだまだ金利が低いので株式とキャッシュの組み合わせで債券には投資せず、株式はホールド継続予定です。
Home |  Category:政治・経済・金融など(世界) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

自信を失わないために。


人間誰しも、失敗すると自信を失ってしまいがちです。


アントニオ・ダマシオらの研究によれば、期待値25%のギャンブル(すごい期待値ですね!)に投資するかどうか実験したところ、前回勝った場合は61.4%の確率で次のゲームに挑むのですが、負けた場合には46.9%に下がってしまうそうです。


つまり、前回失敗すると参加意欲が23.6%減退してしまうことになります。


(参考文献「エコノミック恋愛術」、山崎元著、ちくま新書)


株式はこれよりは期待リターンの低いギャンブルと考えても差し支えない(もちろん投資と投機は別物だ!という人もいるでしょうが、ボクは境界線がない以上区別する必要はないと考えています)でしょうから、減退する割合は違えどきっと同じような結果が出てくるのでしょうね。


ちなみに、実験の回数を増やすと参加確率は高まっていくそうです。


ボクとしては自信を失って市場に参加しなくなってしまうことを防ぐためには


・現実を見ない(笑)
・状況にかかわらず投資できる環境を作る(自動積み立てなど)
・株価は長期的にはあがっていく、という強い信念をもつ


あたりがいいのではないかと思っています。


実験回数を増やす(いろいろ売り買いする)というのもひとつの手ですが、手数料がかかってしまいますからね。


まあ何にせよ自信をもちすぎることなく、同時にもたなすぎることもなく上記のようなことを守って地道に続けていけばきっといい結果が出ると信じています(^^)。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback0

ACWI連動が日本に来た!


今日はもう一本。ACWI連動ETFが日本に上陸します!


BGIグループ、MSCI─ACWI指数連動のiシェアーズを日本市場で提供開始(ロイターより)


BGIさん、よくやってくれました。


VTには遅れましたけど(笑)。まあ市場環境が整うという意味では嬉しいニュースですね♪


ただVTの牙城を崩せるのかどうか・・・要注目ですね(^^)。
Home |  Category:投資信託 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

二人の意見がそろった!


さまざまなブログでインデックス投資ナイトの宣伝がされていますね。HPも作成され、ゲストも相変わらず豪華。インデックス投資の普及振りがみてとれます。


ボクは遠いのでいけませんが、こうした投資家さん同士の交流があるというのはうらやましいですね(^^)。行かれた方のレポートをボクは楽しみに待ちたいと思います(笑)。


さてさて、今日のゲストは以前にノーベル経済学賞をとったスティグリッツさん。まだまだ予断を許さない、との見解のようです。


米経済はまだ危機を脱していない(ロイターより)


以前もう一人のノーベル受賞者のクルーグマンさんについてこんな記事を書きましたが、お二人の意見の方向性は一致しています。


う~ん、やはりまだまだアメリカの経済は上向かないのかもしれませんね。


しかしこうしてみると、景気と株価はやはり一致しないんだなと思います。こんななかダウをはじめアメリカ(世界)の株価は着実に回復してきました。


景気だけに惑わされていると大きなリターンを取り逃してしまいそうですし、やはり定期的に投資をすることを大事にしていきたいと思います。


そして同時に市場にい続けられるよう、これからもニュースにはある程度鈍感に対応していきたいですね。
Home |  Category:政治・経済・金融など(世界) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ふふふ・・・流行らないかな・・・。


今日は投資とは関係のないお話を。


先日、この年にして、ずいぶんアグレッシブなものを買ってしまいました。それは・・・


腹まき。


いや~、最近寒いじゃないですか。ボク冬は特にそうなんですけど、寒さで起きちゃったりするんですよね。で、その原因がお腹なんです。お腹弱いんです・・・(^^;)。


起きてみると腹がスースーしていて、「あ、これが原因で起きたんか」と思うこともしばしば。


これはいかん!と思い対策を講じることとなりました。


あったかいですね、これは(笑)。見かけなんて気にしていられません。


しかし、ボクは思います。腹巻、近いうちにブームになるんじゃないかと。


ヒートテックはブレークする前の発売当初から買い込み友人に勧めていましたし、今回も同じ流れがきてほしいなあなんて・・・ってこれじゃただの願いですね(笑)。


・・・え?そのときピーター・リンチに倣ってファーストリテイリングを買ったかですって?買っていないのは明白ですね(苦笑)


というわけで寒さに負けそうになったらみなさん、腹巻がおオススメです。
Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

ここ一年の株・債券の動き。


突然ですが、朝にちょっとだけ雪が降りました。早いですね。


もちろん仙台のニュースではやりません。ここは仙台ですが山ですから・・・(笑)。


さてさて、今日は設定当時ボクがまったく気にしていなかったSTAM新興国債券インデックスオープンにも注目して主要アセットクラス(株式・債券)のここ一年の動きを追ってみます。

比較したのはSTAM{新興国株、新興国債券、先進国株、先進国債券}、TOPIXです。(数の関係上国内債券ははずしました。)STAM新興国シリーズは設定から1年経っているわけではないので正確な比較にはなりませんがまあおおまかにってことでお願いします。



結果は以下のようになりました。ちょっと驚きです。


比較



上から順にSTAM新興国株、STAM先進国株、STAM新興国債券、STAM先進国債券、TOPIXとなっています。


・・・日本株式、よわっ(笑)!ここ一年は債券にも負けています。3月に一番深いところまで落ち込んだのにぜんぜん反発できていませんね。一方STAM先進国はしっかりリバウンドしています。


う~ん・・・正直日本株式は残念ですねえ。円高とかも関係しているのかな?


もうひとつの驚きは新興国債券。正直どうなのかなーと投資にはためらいがちでしたが、こうして見ると今のところしっかり結果を残しているんですね。案外やりますねえ。


もちろんこの先にどうなるかはわからないのですが・・・。


でもこうしてみるとほどよく分散することの重要性が改めて認識できますね。もっともボクは今のところ債券に投資はしておらず株式のみなのですが、柔軟な姿勢を持ってこれからも投資を続けていこうと思います。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

あれ?小型株効果って・・・。


昨日このような記事を書きましたが、このとき思ったことについて。それにしても今日は下げてくれましたね。


その記事で見たように、日経平均とTOPIXはほとんど連動しておりむしろここ5年で見ると日経平均のほうがアウトパフォームしています。


これを見ると気になるのが小型株効果。こうしてみるともしかしてTOPIXと日経平均の間では小型株効果はないのかなーなんて思っていたんですが、10年チャートで見ると少し変わってきました。


結果はこちら。(ついでにジャスダックも混ぜてみました。)


上昇相場では小型株効果(?)が発揮されているのがわかります。もしこれが繰り返されるなら今はTOPIXの仕込みどきなのかな?


でもボクの銘柄はJASDAQばっかりだったりして・・・(笑)。


それにしてもとるスパンによってやはり結果は変わってくるものですね。


まあどうなるかはわかりませんが、今までどおりマイペースにやっていきます。


それにしても下げてくれると「仕込み時か!」と少し嬉しくなってしまうものですね(^^)。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。