スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

5月第4週の相場。


今週は小型株でそろそろ底打ちかな、と思われる動きが出てきていますね。ただまだ相場状況は好転とまでは行かないようで、ずるずると下げてしまっています。


さて、今週もいつもと変わらず分析です。


1、騰落レシオ

東証1部 69.54
東証2部 76.14
大証1部 65.03
大証2部 73.65
JASDAQ 76.34
マザーズ 73.64


満遍なく下がった


2、PER・PBR

http://www.nikkei.com/markets/kabu/japanidx.aspx


さらに下がる。日経のPERはもう少しで10倍台。


3、短期金利

日本

http://forex24.jp/libor/?c=jpy

変わらず


アメリカ

http://forex24.jp/libor/?c=usd

上昇基調へ突入か


ユーロ

http://forex24.jp/libor/?c=euro

まだまだ下がる、アメリカとユーロの水準が近づいてきている



4、長期金利

日本

beii.gif


申し訳程度に底打ち


アメリカ

tytyty.gif

1.75%割れ


TLTはここ5年の最高水準に達しつつあります。


tlttt.png


5、VIX


_vixxxx.png


まだ高水準まではいかず


【結論】


結構悩ましい局面。ただVIXと以外はすべてシグナルを発していると言ってもいいような状況であり、買うのには悪くないのかもしれない。


といったところでしょうか。


実は今週は週の前半の反発した時点で買い増した部分の大半を引き上げました。


というのも、このただ下げ相場でちょっとはしゃぎすぎたというか、早まったというか、熱くなりすぎている自分がいることに気がついたからです。


もちろんそれで底を逃してしまう可能性もあるのですが、やはり私は「損しないこと」を大切にしたいと思っていますし、そのためにも常に冷静でいる必要があると思うので、それはそれでよかったのかな、なんて勝手に自己満足しています。


これからは時期を見て再びその資金を市場に向かわせるつもりです。


気がつけば新興国株式もいい具合に落ちていますし、まあ広い目でがつがつ買っていければ良いなと思っています。
スポンサーサイト
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

好きな投資家と参考になる投資家。


私は投資は実益を求める作業でもありますが趣味でもあるので、色々な投資家の本を読んだりするのが好きです。


その中で、私はウォーレン・バフェットやフィリップ・フィッシャー、ピーター・リンチが好きで、彼らの投資スタイルに一種の憧れを持っています。


しかし、もちろん彼らの全てを真似することはできないので自分の中で調整しながら投資をしているわけですが、私の好みとはまた別に、「これは役立つ!」という投資本を上げれば以下の2冊になってくると思います。











1冊目は言わずと知れたベンジャミン・グレアムの本です。よくバリュー投資のバイブル、なんて言われかたがされたりしますが、私はそれだけには留まらないと思います。


この本は少々難解ではありますが、誰もが知っていて損はない投資全般に関する知識が詰め込まれていると言っても過言ではありません。


これを1冊読めば市場といかようにして付き合っていくのか、というのがだいぶ見えてくることと思います。


2冊目はこれまた有名なジム・クレイマーの本。「バイ・アンドホームイワーク」という言葉を作り出した人物ですが、タイトルとは裏腹に(?)すごく実践的な本で、投資が好きな方は読んで損はない一冊だと思います。


ピーター・リンチはその著書の中で割合集中投資をすすめているフシがありますが、クレイマーの考え方を見ていると、マゼラン・ファンドを運用していたときのリンチはこういう風に考えて投資をしていたのだろうな、と感じます。


奥さんをものすごい勢いで賞賛してるのも面白く、なかなか読み甲斐のある本ですね。


私は冒頭に述べたように、バフェットやフィッシャーに憧れますが、上記2冊の影響も結構受けています。やはり天才を真似し続けてもどこかで無理が出てくると思うので、自分の中で折り合いをつけなくてはいけないですし、そうしないと私の場合は続けられません。


これまた何度も書いていることではありますが、私にとっては「良い方法」が良い方法なのではなくて、「続けられる方法」が良い方法なのです。


これからも色々な本の影響を受けたりするでしょうが、持続できる方法をこれからも目指してリターンを挙げていければと思います。
Home |  Category:ボクの好きな資産運用本 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

5月第3週の相場。


今週もなかなか厳しかったですね。待機資金を結構突っ込ませましたが、ちょっとタイミングが早かったものも多く、買った瞬間含み損になったものもありました。


これまでのパフォーマンスの貯金がまだあるので精神的な余裕はありますが、いずれにしてもいやなものですね。まあ素敵な買い場であることは間違いないのですが。


それでは今週も分析を続けます。


1、騰落レシオ

今回はグラフで見てみます。


http://www.h6.dion.ne.jp/~limbland/Hongkong.htm


ん~、いい具合に落ちていますね。


2、PER・PBR


http://www.nikkei.com/markets/kabu/japanidx.aspx


東証一部のPBRは0.89倍となり、0.9倍を割り込みました。大震災のときは約0.95倍、リーマンショックのときは約0,8倍でしたから、これはかなり低い水準と言っても差し支えなさそうです。


3、短期金利


日本

http://forex24.jp/libor/?c=jpy

動きをまるで感じず


アメリカ

http://forex24.jp/libor/?c=usd

上がりそうな気配でいや~んな雰囲気


ユーロ

http://forex24.jp/libor/?c=usd

だらだら下げてる


4、長期金利

日本

http://www.bb.jbts.co.jp/market/index_kinri.html

0.85%割れ


アメリカ

http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=^TNX

まさかの1.7%へ


5、VIX

beifai.png


アメリカyahooファイナンス


久々の急上昇


【結論】


安い、の一言。ただアメリカはまだ下げる余地があると言えそうで、そうなったらPBRがリーマンショック割れ、ということも十分にありえそう。


基本的にはチャンス到来だけど、慎重に行きたい。・・・キャッシュポジションはほとんどありませんけど(笑)。


といったところでしょうか。


まあこの先まだ下げることはありそうですが、それにしてもそこかしこに割安株がころがっていてわくわくしますねー。


ただ、先週も言ったとおり、リスク管理だけはしないと退場してしまうと思うので、そこだけはしっかりとして相場に臨んでいこうと思います。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

厳選おすすめオフィス道具。


今日は投資とは関係の無いお話です。


私はオフィス道具等についてあれこれ考えるのが好きなのですが、今日はその中から自分の中でのメガヒットを記録したものについて書いていこうと思います。


もちろん主観はありますが、これは私が使っていて本当に「これきた!」と感じたものたちです。


まずはこちら。


topimage.jpg


http://scansnap.fujitsu.com/jp/product/s1500/
(富士通ページより)


私は仕事を家に持ち帰るときにスキャナを使うこともあるのですが、とっても画期的な1台です。おそらく個人が使うスキャナの中では最高レベルではないでしょうか。


何が素敵かといえば


1、読み込みが早い

2、自動的に裏表スキャンをしてくれる

3、場所をとらない

4、50枚まで一気にいける

5、静か

6、Adobe® Acrobat® X Standardが同梱されている


という点です。そしてまた、Adobe® Acrobat® X Standardがまた素晴らしい。


1、PDFを検索できる

2、読み込んだファイルをOCR化できる

3、色をつけられる

4、文字を挿入できる

5、印鑑を押せる


これに加えてevernoteもついてきますので、本当に非の打ち所のない商品です。もちろん、スキャナを普段使われる方に限定されますけどね…。ただAdobe® Acrobat® X Standardだけでも購入する価値はあると思います。





つづいてはこちら。


M570_1.jpg

Wireless Trackball M570

(ロジクールHPより)


こちらはトラックボール式マウス。私はわりと机の上を広げてしまうのですが(笑)、それでもこれがあれば場所をほとんどとりません。


腕を動かさずにポインタを動かすことができるのはとても快適で、1度使うと病み付きになります。


ただ、こちらはマウスで繊細な作業が求められる際には少々不便に感じるかもしれません。が、それを差し引いても有り余る魅力があります。






最後はこちら。


safari_s_13.jpg


ブラック 万年筆
L17-EF


(LAMYホームページより)


最後は万年筆です。もともと万年筆ほしいなーと思っていたときに出会ったのがこちら。


もう書き心地が半端じゃありません。本当にほとんど力をいれずにすらすらと書けます。私はこれまでジェットストリームが最強であると思ってきましたが、これはそれを大きく上回るか書き心地でした。


しかも値段もリーズナブルで、このお値段でこれだけのクオリティが得られるのは最高です。株で言うとバリューってやつでしょうか。







他にもあるのですが、今回は厳選した3点を選んでみました。もし興味がある方がいらしたら手に取るなり購入するなりしてみてください。きっと素敵なオフィスライフが始まります(笑)。


他にも「こんないいのがあるよー」というのがありましたらぜひ教えてください♪
Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

5月第2週の相場。


いや~、今週は なかなかきつかったですね。主力の【8767】ウェブクルーと準主力の【3169】ミサワが急落したことでそこそこ被弾してしまいました。


まあ今までが良すぎた感もあるので仕方が無いですね。我慢しながらいくとします。


さて、今週もいつもどおり相場分析です。


1、騰落レシオ

東証1部 66.54
東証2部 73.81
大証1部 63.22
大証2部 69.17
JASDAQ 78.15
マザーズ 69.3


JASDAQ以外は良い雰囲気になってきましたね。特に日経平均はがっつり下がっていますし、小型株中心の私もちょっと興味が出てきています。アノマリー銘柄でも狙いましょうかね。


2、PER、PBR

http://www.nikkei.com/markets/kabu/japanidx.aspx


PERががっつり下がりました。ただこれをピークと見るべきなのか、割安と見るのかなかなか難しいところ。前者ととらえたいけど、果たして…?


3、短期金利

日本

http://forex24.jp/libor/?c=jpy

変化なし


アメリカ

http://forex24.jp/libor/?c=usd


底打ちのきざし?


ユーロ

http://forex24.jp/libor/?c=euro

まだ下げる


4、長期金利

日本

http://www.bb.jbts.co.jp/market/index_kinri.html

0.85%をボトムに切り返す


アメリカ

http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=^TNX&ct=z&t=1y&q=c&l=off&z=m&p=m65,m130&a=

1.8%割れ迫る


5、VIX

http://finance.yahoo.com/q/bc?s=%5EVIX+Basic+Chart


再び20の壁にトライ


【結論】

先週は小型株から大型株に多少は資金がうつるかも、と書きましたが、見事にハズレ。大型、小型ともに調整する週となりました。


ただここに来て小型の調整より大型の調整にどうしても目が行ってしまい、なかなかなやましい状況です。


まあもっと下げるのかもしれませんが、買い場としてはなかなか面白い場面なのかなと感じています。


下げにワクワクしすぎてリスク管理がおそろかになってしまうのも問題なので、楽しみながらもリスク管理だけはしっかりと行ってこの相場に対処していこうと思います。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

順調に動いているときこそ。


日本市場はインデックスこそ軟調であるものの、小型の内需成長株はかなり底堅い動きをしており、おそらくその辺を中心にしている投資家さんはどなたも高パフォーマンスを上げていることと思います。


misowa.gif


esukoko.gif


webukrew.gif


torzaku.gif




まあ私もありがたいことにその恩恵に属することが出来ているわけですが、そろそろ次の展開を考えておかなくてはならないかな、と感じています。


ここ何ヶ月かは本当に私のような投資スタイルの成長投資家にとってのボーナスステージであり、嬉しい相場でした。


もちろん長期で見れば成長株はファンダメンタルズに追いつくまで上昇を続けてくれることと思いますし、今現在においても十分すぎるほど割安なものもごろごろしています。


しかし、短中期ではどうなるかわかりません。


『物事にはすべて潮時と言うものがあるが、それもやがては去ってしまう。~(中略)~守るべきことの基本は、柔軟性である。すべてが順調に動いているときには、もう次の態勢へ移れる準備ができていなくてはならない。市場のサイクルが自分の予想と完全に一致してきたら、大きく飛躍せよ。』


(マネーマスターズ列伝、日経新聞社)


第3章 ジョン・テンプルトンより

太字管理人


すぐに暴落する、ということはないと思いますが、「このパフォーマンスが当たり前」と思ってしまうと、痛い目にあってマーケットから退場してしまうことにもなりかねません。


そんなことを起こさず、長いスパンでリターンを上げていくことができるよう、リスク管理を怠らず、気を引き締めて運用を続けていこうと思います。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。