スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

今年も四半期が終了。


あっという間に2013年も第一四半期が終了しております。


今年は初めて信用取引を採用したこともあり、なかなか動きが激しかったなあという印象で、同時に投資スタイルの模索が続いた時期でもありました。


今ではようやく信用取引の動きにも慣れ、落ち着いてきております。


相場の方はと言えば本当に強くて、何もしなくても勝手に値上がりしてくれている、という状況です。残り9ヶ月ずっとこの流れが続く、ということはないと思いますので、どこかで降りるタイミングを考えなくてはいけないと思います。


ただあまり景気に関係なく業績を伸ばしてくれるような銘柄をチョイスしているため、おそらく全額売却はないでしょうね。


今のところ保有銘柄は7銘柄ですが、うち3銘柄はサブ的な扱いでポジションは小さいので実質4銘柄。更にそのうち上位2銘柄が他に比べると若干集中している状況です。


以前も少し書いたかもしれませんが、上位2つは安定成長企業ですね。


【3085】アークランドサービス

al.gif


【4809】パラカ

pa.gif


まあ金融系みたいにズドンとバク上げしてくれることはありませんが、地味に上がってくれるとは思うので、これからもじっくり腰を据えて運用を行なっていこうと思います。
スポンサーサイト
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

四季報読込中。


少し前ですが、値上げしたと話題の四季報を購入しまして、少しずつではありますが、通読を進めています。


なんで相場が上がってしまった今なのだという感じもありますが、調整した時に何を拾うかは決めておきたいなと思って新たな既存のストーリーの確認と新規ストーリーの探索を行なっています。


と思っていたらこの相場の中結構割安なものは若干ながら存在しているようであり、その企業郡に触手を伸ばそうか検討中です。


調子がいい時はあまりあれこれしないほうが良い結果が残せることが私の場合は多いのですけどね。


購入するかどうかは別として、こうして四季報を眺めながら企業を分析していると、自分はつくづく投資が好きなのだなあと感じます。


この趣味をこれからも大切にしながら利益をあげていきたいです。


最後に余談ですが、物語が元気いいですね。気がつけばPERは15倍を越えて来ました。


ここらで一服するのかどうかはわかりませんが、新規出店も続々と進んでおり、既存店も好調であることからじっくりと保有を続けていきたいと考えています。


3097a.gif
Home |  Category:個別株 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

数字の信頼性と投資家。


ここ最近は相場の調整が非常に良いようで、順繰り順繰り何かかしか買われていく、という状態です。買いポジの方のほとんどは良い思いをしているのではないでしょうか。


しかし、そんな中でも「なぜこの業績で株価が上がらないの?」という銘柄も存在します。


その典型例が【2196】エスクリです。


esc.gif


成長株投資家なら誰もが知っているこの銘柄は、PERが高いというわけでもなく、高成長路線をキープしているにもかかわらず、株価は上がってくれません。


これはエスクリの業績に下振れ懸念があるからですね。


仮に多少下振れをしたとしても成長路線は変わらないのにもかかわらず、です。これは未来予測の信頼性というものが投資家に与える影響が大きいことを示している例だと思います。


「わしらこんだけいきまっせ!」と大風呂敷を広げても、実現可能性が低ければ株価は反応してくれません。


それを覆してくれるのは、+α、要は相場の勢いくらいでしょう。


他にこの状態に陥っているのは【3169】ミサワや【6064】アクトコールなどが挙げられます。


mi.gif
act.gif


念のため申し上げておきますが、私はこれらの企業が投資するにふさわしくない、と言いたいのではありません。


これらの企業は業績さえ見せれば株価は素直に反応し、暴落相場でなければ間違いなく上に向かうでしょう。しかし、ホルダーはその間に予測を達成できるのかやきもきしながら待つことになります。


私が投資基準の3要件の中に「その数字を信頼できるのか?」というのを盛り込んでいるのはそういう理由からです。持つならゆったり持っていたいですからね。


もちろんこれにこだわりすぎてしまっては本末転倒ですが、心穏やかな運用をしていけよう、その部分も大切にしてこれからもそうばと向き合ったいきたいと考えています。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

わかりやすいストーリーに投資する。


成長株に投資をしていると、どうしても「今後その企業は中長期にわたって発展していくのか?」というのは避けられないテーマであり、そこがリターンを左右する大きなファクターとなります。


発展する、ということは端的に言えば利益を伸ばすこと、となるわけですが、利益を上げるための方法は当たり前ですが、


1、売上を増やす

2、費用を減らす


のいずれかになります。


この2つが実現するかどうかというのが大きな問題になりますが、とある業種では1の問題が割りと間単にクリアにできますね。


私の好きな店舗系企業です。


これらの企業は既存店の売上が出ていますし、出店に関してはIR情報が出ていますので、検討がつけやすくなります。


投資は予想することで利益を上げますが、2つあるうちの1つのリスクがこれでかなり低くなるわけですね。


先日書いたように、私は少しポートフォリオを変更しましたが、結果として主力の大半が店舗系企業になりました。


具体的には


アークランドサービス

パラカ

物語コーポ

APカンパニー


です。って加わったのは物語だけですが・・・。


まあ自分の投資先はさておいて、サラリーマンは投資にさける時間が専業に比べるとかなり少ないと思います。だからこそ、その中でもわかりやすいストーリーを見つけ出してそこに身をゆだねるのがいいのではないでしょうか。


これからどうなるかわかりませんが、これらの企業がどうなるかじっくりと見守っていくつもりです。


3097.gif
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

大事なのは何か?


私がシンプルに考えることを大切にしており、だからこそ「KISS投資」を掲げて投資を行っているわけですが、最近投資スタイルがふらふらしてしまったこともあり、改めて自分の考えを整理しました。


単純に考えるということは核心をつかむことになるわけで、自分にとっては何が大切かを改めて考えています。


色々と考えた結果、私が大切にしているのは以下の3点であると気がつきました。どれもある意味当たり前のことなのですが。


1、利益は伸びるのか?

2、その数字は信用できるのか?

3、リスクに耐えられるか?


現在はこの3要件を満たしたもののみに投資を行っています。もちろん全ての銘柄がどの条件も100点満点で満たす訳ではないのですが、3である程度調整を行いながら投資をしているイメージです。


ターンアラウンドはその典型ですね。


一部信用部分がロスカットにかかったこともあり、ポートフォリオは多少変化していますが、どれも基本ホールドに変わりありません。


大きく化けてくれるのを楽しみにじっくり取り組んでいこうと思います。
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ALS&APCの月次。


タイトルどおりとなりますが、保有株2つの月次が発表されておりました。


アークランドサービス

http://v3.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=1042812&code=3085&ln=ja&disp=simple


APカンパニー

http://contents.xj-storage.jp/contents/31750/T/PDF-GENERAL/140120130307096738.pdf


いずれも順調で何よりです。アークランドサービスはうるう年の影響で見た目は若干悪いですけどね。そう考えるとAPカンパニーは立派です。


特にリピート率がすさまじいですね。私は行ったことはありませんが、きっと良いお店なのでしょう。


今は急ピッチで出店を進めていますので、店舗が増加してもそのクオリティーを維持できるのかが今後の成長の大事な鍵になりそうです。



今のところはその兆しも見えませんし、少なくとも今のところは心配なしでしょうかね。


PERはまったく違えど両社とも成長路線をキープしており、安心していびきをかいておくことができそうです。


al.gif
ap.gif
Home |  Category:個別株 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ポジションが小さいからこそ。


本日は調整をしてたようですが、持ち株の一つである【4584】ジーンテクノサイエンスが急騰しています。きっかけは実質増資のようです。


ジーン



黒字企業では嫌気されますが、赤字企業では安心感につながります。これが普通の成長株投資とは違う面白さですね。


さて、こんな上昇があると「もっと買っておけばよかった」なんて思ってしまいまねませんが、そもそもを考えるとこの銘柄はポジションが小さいからこそ持つことのできる銘柄です。


はっきり言ってポートフォリオの主力には絶対できません。心臓に悪すぎます。


ただ、こう言った爆発力を取り入れた運用がしたいとなれば、解は1つしかありません。リスクを小さくすることです。


だからこそこうして買うことができるし、ついでにじっくり持っていく気にもなる。


相場の調子がいいとつい我を見失うことになってしまいがちですが、丁寧な運用を心がけてこつこつと時価を高めていけるよう日々相場と向き合っていきたいと考えています。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

3/2時点のポートフォリオ。


前回の記事に書いたとおり、基本的に今後はほとんど動かさないと思いますので、動かしたらそのときはまたポートフォリオについて書いていこうと思います。


というわけで、今週末のポートフォリオです。


順不同


【3085】ALサービス

【4909】パラカ

【3657】ポールトゥウィン・ピットクルーHD

【3656】KLAB

【3175】APカンパニー

【3328】ネットプライスドットコム

【7777】スリー・ディー・マトリックス

【4584】ジーンテクノサイエンス


ウェイトとしては、上位三つにかなり集中しています。他は小さいウェイトでぱらぱらと購入。


上位三つがぴかぴかのバリュー成長狙いで、APは高PERの成長狙い。


それ以外はすべてターンアラウンド。年初の目標にしていたターンアラウンドにようやく取り組むことができました。


今週はジーンテクノが高騰してくれましたね。


まあいつも通り信用枠を使っているのでLCはあるかもしれませんが、これまら前回の記事に書いたとおり、結構気合を入れて銘柄を選んだので、じっくり待ってビッグリターンを狙うつもりです。


購入理由等については、また別の記事に書いていこうと思います。


3月はどんな相場になるでしょうね。楽しみです。
Home |  Category:個別株 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。