スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

ソリトンシステムズ、ブレイクか?


昨日、一昨日は保有銘柄のボラが激しい割には資産全体としては小動きな印象でした。


そんな中、増配後急落したソリトンシステムズは昨日は出来高を伴い終値で1400円の壁をブレイクしてきました。


3094.gif


まあ私はチャーチストではないので当たるも当たらぬも、という感じではあるのですが、なかなかわくわくするようなチャートとなってきました。


ソリトンはそれこそ高橋カーテンウォール工業などと違い大幅高、という可能性はあまりないと思いますが、ここのところじわじわ下値を切り上げてくれています。


1Qを見る限り業績の回復ぶりは順調です。


http://www.ir.soliton.co.jp/C3040/qnwX/q0mN/W6c0.pdf


ここに営業外で運用益が乗ってくればかなり面白いことになってくれるかなと考えています。そこそこPER、そこそこ配当、そこそこ業績回復の3拍子にこれからも期待してホールドを続けていく予定です。


スポンサーサイト
Home |  Category:個別株 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

高橋カーテンウォール工業、かち上げ。


昨日ちらっと保有していますと書いた【1994】高橋カーテンウォール工業が大幅高となりました。


嬉しい事ではあるのですが、予定の半分弱しか仕込めていなかったので少々複雑な気持ちです。


私がこの銘柄の保有を決めたのは、


1、3期連続営業赤字からの脱却&V字回復


2、ヨコヨコのチャート


3、シュリンクする市場と高橋カーテンウォール工業のマーケットシェアの増加(リンチの言葉で言えば「砂漠に咲く一輪の花」)


4、なんちゃってオリンピック銘柄


5、そこそこのバリエーション


という理由からです。昨日書いた記事、そのまんまですね。


張り付きのS高ではないので明日以降はどうなるかわかりませんが、まあのんびり構えてやっていこうと思います。


1994.gif

yahooファイナンス
Home |  Category:個別株 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

業績回復株におけるKISSとは何か?


ここらで一つ、私の考える業績回復株投資におけるKISS(KISSについてはこちらをどうぞ)とは何か、ということを書いてみようと思います。


1、赤字明けであること


利益激減からの回復、でもいいのですが、赤字からの回復が形としては一番わかりやすいのかなと思います。私は前者のタイプにも投資をしていますが、どちらかと言えば後者が多いですね。


保有銘柄の例として上げれば【4316】ビーマップや【1994】高橋カーテンウォール工業などが挙げられます。



2、損益がV字回復していること・またはその見込があること


いくら赤字から脱却した、と言っても損益トントンのところで足踏みしてしまっては意味がありません。ただでさえ業績回復株は投資家から見放されている存在なので、見直しが係るためには「これならいけるかも!」と思わせるようなインパクトが必要になってくると思います。



3、チャートがヨコヨコであること


これは私の好みの問題もあるかもしれません。業績回復株はボラティリティが激しいのでインするタイミングが難しいと思っているのですが、特に急落中なんかはなかなかつかむ気になれません。


そもそも業績回復株は成長株投資よりもギャンブル要素が強いので、このままずっと戻ってこない可能性も高いのです。


そんな中で、飼いやすい状況と言ったらヨコヨコの状態ではないかと思うのです。ここからあまり売る人がいないかも、と推測する方法はこれが一番手っ取り早いのではないでしょうか。


4、インパクトを生み出すSomething Elseがあること


これについては前々回の記事で書いたので省略します。



5、あまりおかしなバリエーションではないこと


以前にも少し書きましたが、業績回復株はシクリカルセクターと同じようなPERの考え方をする傾向になるので、PERが低くなる前が刈り取り時、と考えて差し支えないと思います。


ですので、高すぎるのは論外ですが、そこそこの高さなら許容して吟味を進めています。


もちろん、そこは業績との兼ね合いが大切です。赤字明けで若干黒字のPER100倍と、既にV字回復している企業のPER100倍ではバリエーションに天と地ほどの差があります。


ただ表面のPERだけでなく、業績の回復度合いを確かめて投資を行っていく必要がありますね。


これから時間のあるときに投資銘柄について紹介していこうと思うのですが、基本的には上記1~3・5をベースに、アクセントとして4を加味して銘柄選択を行っています。基本的にはこれ以外の事象は考慮していません。


これが正しいのかどうかは時間が明らかにしてくれますので、それまではのんびりこの投資法を突き詰めていこうと思います。
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ソリトンシステムズ、増配。


保有株である【3040】ソリトンシステムズが増配のリリースを出しました。


http://www.ir.soliton.co.jp/C3040/qnwX/fqkJ/getT.pdf


業績予想の修正こそありませんでしたが、増配しているということはお金を出す余裕ができたということであり、ビジネスが順調に回復していることを連想させます。


ソリトンシステムズは既に低迷期からは脱しており、バリバリの業績回復系かと言われると判断に迷うところですが、


1、そこそこの業績回復

2、そこそこの配当利回り

3、そこそこのPER


という3そこそこを備えていることに加え、次世代の画像処理研究をすすめるシンテックを子会社化したということで、そこから何か面白いリリース(サムシングエルス)が出てくるかもしれないなと想像し、購入に至りました。


最近は株価はヨコヨコで、サラリーマンで場中が見えない私をあざ笑うかのように一瞬S高になってみたりと不思議な値動きをしていますが、今回のがきっかけとしてもう少し振り向いてもらえる様になればいいなと思っています。


so.gif

yahooファイナンス
Home |  Category:個別株 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

圧倒的な回復力とSOMETHING ELSE。


今年もはや9ヶ月が経過しようとしており、あと3ヶ月もすれば2013年は終了します。


個別株に関しては業績回復株投資にチャレンジするという新たな試みを始めました。それをはじめてつくづく思うのは、業績回復株はなんて刺激的なんだ、ということ。


わかりやすいチャートで見てみます。これはお手本成長株、アークランドサービスと今年の大爆発株、DDSの比較チャートです。


1.gif


こうしてみると、DDSの今年の爆発ぶりがよくわかります。


しかしこれ、1年チャートなんです。これを5年にしてみると…?


5.gif


景色が一変しますね。DDSの5年のトータルリターンはマイナスです。


これは極端な例ですが、業績回復株投資とはそういうものなのですね。成長株に比べて報われない期間が多いですが、動き始めると圧倒的。


そしてその圧倒的なリターンを得るためには、


1、驚異的な回復力


2、それ以外の期待を抱かせるSOMETHING ELSE


が必要だと思います。まあDDSは2が強かったですが・・・。まあ要は期待がない分インパクトが大事じゃないかなってことです。


それを探すのは今までとは違う作業になってきますが、それはそれで楽しいです。ただ根っこはあまり変わらないような気もしますね。


これからも投資法を変える機会はあるでしょうが、いままで通り、KISSアプローチをもとに考えることを大切にリターンを上げていこうと思います。
Home |  Category:個別株 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

オリンピックは号砲となるのか?


さて、オリンピックが東京で開催されることに決まり、インデックスは爆上げとまではいきませんが、堅調な雰囲気となってきました。


これからオリンピック関連の銘柄がどうなるかはわからないのですが、いずれにしてもマーケットの悪い雰囲気は薄れつつあります。


私は、大きなマイナス材料がなければ、という前提ですが、今回のオリンピックの決定は業績相場へのスタートになるのではないかと考えています。


急騰することもないでしょうが、大きくは下がらず下値が切り上がり、じわじわ上がっていく。そんなイメージを持っています。


まあ希望も入っているのですが(笑)。


もちろんシリア情勢やアメリカ情勢、中国のシャドーバンク問題など不安材料は存在するので、油断は禁物です。特に私は信用取引を行っているので日経インバースは欠かせません。


このオリンピック開催決定が新たなステージへの幕開けとなることを願ってこれから相場と向き合っていこうと思います。


余談ですが、私の保有銘柄である【4316】ビーマップがオリンピック銘柄な雰囲気を一瞬醸し出しました。すぐまた戻ってしまいましたが…。


ビーマップは業績回復株として期待しているので頑張ってほしいです。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

やることが、あるような、ないような。


気がつけば仕事&プライベートでばたばたしており、1週間が経過していました。


相場は堅調なようなそうでないような、微妙な相場付きですね。


明日未明に決着がつくオリンピックの結果で相場は動くのでしょうか。とは言え私が保有している銘柄はオリンピックに全然関係ないのですが…。


さて、保有銘柄が少しずつ決算を迎えております。いくつかあるのですが、直近のものだと【3657】ポールHDがありました。


http://navigator.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=1090588&code=3657&ln=ja&disp=simple


う~ん、言うことはありません。極めて順調です。通期の上方修正はせんのかいって話ですが、この会社が保守的なのはいつものことなので気にせずいきます。


先日


「多少高PERでも高成長のものにも手を出し始めました」


と書きましたが、その1つがポールHDでした。


業績が好調なものを選んでいるので当たり前と言えばそれまでですが、することがありません。強いて言えばいつ波乱があってもいいように心の準備をしておくことと、いざ下がったら買うものを考えておくことでしょうか。


特に後者は大事だと思うので、これから取り組んでいきたいと考えています。


秋口は小型株に波乱が起きやすいので、どう転んでもいいようにどっしり構えていこうと思います。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。