スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

長期投資と濠の深さ。


あっという間に2月も終了しましたね。


さて、先日記事にした【3673】ブロードリーフですが、木曜の大きな下落で我慢ができず、その日より参戦をしました。


目処より少し早い参戦になりましたが、私はいつもこんなもんなのであまり気にせずいきます。だってあんなに下げたら…買っちゃいます。


長期前提で投資を行う場合、成長力がモノを言いますが、その成長を生み出すエンジンの1つとしてバフェットがいうところの「濠」があると思います。


濠が深ければ、外部からの侵入を許さず利益を伸ばしていくことができます。もちろん濠が浅くても伸びている企業はありますが、確度の問題として、濠があるビジネスを展開できるに越したことはありません。


私はその意味で、このブロードリーフの濠はかなり深いと思っています。何せ提供するプラットフォームが業界全体を覆っているため、囲い込む力はピカイチです。


決算説明資料には「競争激化」とありますが、利益率も順調に改善されており、その順調さが伺えます。


怖いのは下方修正でしょうかね。まあこればかりは1Qが出てこないとわかりませんのでそれまでのんびり待とうと思います。


http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material_for_fiscal_ym&sid=7736&code=3673
(決算説明資料)


また、濠が深い(と私が思っている)割に業績予想が弱めであることなど、不安要素がないわけではありません。


ですがそれを補ってあまりある可能性は秘めていると思うので、じっくりとお付き合いしていこうと思います。
スポンサーサイト
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

気になる株、ブロードリーフ。


またまた更新までに時間が空いてしまいました。


ここ最近は本当にボラが激しい相場ですね。回せる投資家さんからすると本当に稼ぎ甲斐のある相場だと思います。いつも書いていますが、こういう時はサラリーマン投資家は適当なところでボチボチ売買するしか手は無いのですよね。


それはさておき、タイトルにも書いたとおり、以前から気になっていた株、【3673】ブロードリーフが下落を続けています。


決算が市場予想を下振れしたことに加え、来期予想もあまり良くなかったのがその理由のようです。


私は、以下の点においてこの企業に注目しています。


1、プラットフォーム提供企業であり、うまくハマればその囲い込みが強力であること

2、情報業の特徴であるが、損益分岐点が継続的に低いため、一定額を超えると利益が爆発的に増加すること

3、フロービジネス・ストックビジネスの双方を展開しているが、年々ストックビジネスが成長してきていること。


ただ、利益の下振れは気になりますね。これからも継続的な成長が続くのかしっかりと見極めたいところです。現時点でのPERは約18倍弱ですが、このPERを正当化するほどの伸びを見せるかはまだ不透明ですので、利益の伸びがはっきりするか、PERが15倍を切るくらいの水準になってきたら購入を検討したいと考えています。


3673.gif
Home |  Category:個別株 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

判断に悩むエクイティ。


保有株の一つである【8789】フィンテックグローバルがエクイティのIRを出してきました。


http://www.fgi.co.jp/archives/001/201402/52fdc0caf12cd.pdf


これにより株式は一気に増加し、大幅な希薄化が行われます。これを良いと捉えるかそうでないと捉えるか、これはなかなか難しいです。


株式が薄まるのは確実であるので既存株主にとってはよくないのですが、問題を難しくしているのは、フィンテックは赤字明けの企業であり、攻めの体制から今回のIRが飛び込んできたということです。


引き受け手があるという意味でプラスでもありますからね。


まあどんなに株式が薄まれど、大切なのは希薄した分以上の利益をあげられるかどうか、という1点につきます。


この意味で、ムーミンに対する本気度が感じられたこのIRは私はポジティブなものとして受け入れているのですが、果たして・・・。


週明けの動きに注目したいと思います。


なお、業績回復株の値動きについてはケン坊さんのこちらの記事がわかりやすいと思うので紹介させていただきます。私も同意見です。


業績回復株を取引きしている中で感じた株価形成の特徴(ケン坊の資産運用日記)


8789.gif
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

日本管理センター、通期決算。


先日記事にした【3276】日本管理センターが本決算を発表しました。


http://pdf.irpocket.com/C3276/GpH7/myeJ/FkcU.pdf


合わせて中期計画も発表しています。


http://pdf.irpocket.com/C3276/GpH7/myeJ/hV4K.pdf


まあなんと言いますか…この伸びでこのPERなら文句はないのではないでしょうか。管理数も順調に増加、中期計画も素晴らしい。


キャッシュフローは棚卸が増えた関係で良くはないですが、配当性向40%を掲げるくらいですから、利益だけでなく、うまく資金も回していける自身があるのでしょう。


今後が非常に楽しみです。


でも地味なこの株は恐らく大きく反応はしないことと思います。まあそうしたらそうしたで追加買いのチャンスかもしれないのであまり深く考えすぎずホールド継続をしようと思います。


Home |  Category:個別株 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

ゆっくりと買い進む。


またまた記事を書くまでが空いてしまいました。


さて、相場の方は少し落ち着いてきたようですが、先日の急落ぶりはすごかったですね。私のポートフォリオも大幅に反落しました。


そんな中、狙っていた成長株を一部買付けたのですが、まあそんなものなのでしょう、上がりは限定的だったので結果的にうまくリバウンドを捉えることはできませんでした。


買い付けたのは【3276】日本管理センターや【3657】ポールHDなど。


特に日本管理センターは前々から狙っていた銘柄で、ここに来てようやくの新規参戦になりました。日本管理はまだ業界内での地位が高くないことから勝ち上がる余地があること、相続案件のバルク買いなど戦略としても面白いこともやっているので、その成長性を考えると割安であると判断しました。




3276.gif



ポールも日本管理も上がるとしても時間がかかると思っているので、のんびり上がるのを待ちたいと思います。


それにしても今回の下げで、待っていればそのうち下げって来るんだなあと改めて実感させられました。大きなリターンをとるためには敢えて動かないことも一つの戦略であるということを肝に命じてやっていきたいものです。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

業績回復✕市況関連の難しさ。


仕事がばたばたしていたので久しぶりの更新です。


さて、ここのところのマーケットは軟調で、日経平均は大きく下げています。金曜日の先物も下落しており、週明けも波乱が起こりそうです。去年までのような楽ちん相場は終わりでしょうかね。


そんな中、私はといえば前回に書いたとおり、欲しい銘柄を一部購入しながらさらなる機会を淡々と待っている状態です。


日経平均は節目となる26週線に接近、ここらが正念場となりそうです。


それはさておき、最近1つの失敗をしました。失敗をしたのはダイトーケミックス。


この銘柄は業績回復株の1つという位置づけで保有を続けてきましたが、3Qに来て業績が急速に悪化、結果として決算直後に売却する形となりました。


売上の減少に加え、粗利率も急速に悪化したため、損益分岐点がぐっと上がる形となってしまいました。


ダイトーケミックスはバリバリの市況関連株だったのですが、これまで順調に回復を続けてきたためこれからも続くだろうと考えていましたが、読みが甘かったです。


やはり市況関連✕業績回復は難しいですね。市況のサイクルを捉えないとうまくいかないかもしれません。


業績回復株のKISS、


・何が業績を回復させるエンジンとなっているのか?

・そのエンジンは持続性があるのか?


ということを把握することがいかに大切であるかを痛感させられる出来事となりました。


幸いにも通算でのダメージはほぼなかったのですが、効率としては悪かったです。私は市況関連とは基本的にあまり相性が良くないので、これからは避けていこうと思います。


この失敗を次に繋げることができるよう、しっかりと見極めをして業績回復株投資を行っていきます。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。