スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

効率的市場仮説について。

今日の記事は効率的市場仮説について、です。
(モーニングスターから引用)
市場は本当に「効率的」か?
2009-02-12

 市場は果たして効率的だろうか? 「効率的市場仮説」というものがある。代表的論者はE・ファマ・シカゴ大教授だ。簡単に言えば、「ニュースや材料に関する情報は全て株価に織り込まれており、株価は常に適正価格になっている」という考え方。3タイプあり、(1)弱いタイプの効率的市場仮説(ウィーク・フォーム)では過去の株価動向で株価は予想できず 、テクニカル分析では儲からない(2)中位の効率的市場仮説(セミ・ストロング・フォーム)では、公開情報は公開された瞬間に株価に織り込まれるので、それを利用しても儲からない。つまりファンダメンタルズ分析は無効(3)強位の効率的市場仮説(ストロング・フォーム)では、インサイダー情報を使っても儲からない――ということになっている。


 「ストロング・ファーム」「セミ・ストロング・ファーム」の効率的市場仮説に従えば、「どんなにアナリストがリサーチしても、割安株を見つけることは不可能」という結論になる。ファンドで言えば、「アクティブ運用しても手間とコストばかり掛かるだけで成果が上がらないから、インデックス(指数)に連動させるだけのパッシブ運用が一番効率良い」ということになってしまう。


 だが、市場は決して、「効率的」とは言いきれない「側面」がある。実際の市場では「ウィーク・フォーム」の効率的市場仮説で排除されるテクニカル分析が有効な場面が多々あるし、実際、ファンダメンタルズに関する情報が株式市場ほどは出てこない外為市場ではテクニカル分析がむしろ主流と言っても良い。ヘッジファンドの一つ、CTA(商品投資顧問業者)の多くはテクニカル手法を使っているが、中には「上げでも下げでも自由自在」に利益を上げているところがある。筆者も実際の株価判断では必ず材料の一つに使う。情報そのものにしても、一般の個人投資家と国内外の機関投資家の間には情報格差(情報の非対称性)が厳然として存在するし、情報伝達の時間そのものにも格差(タイム・ラグ)が存在する。


 前週、当欄で「株価の先見性」に触れた。決して、「株価の先見性」を「完全」否定しているわけではないが、「時として」外れたこともある。本当に「効率的」なら、前述の通り「パッシブ運用が一番効率が良い」ということになるが、決してそうはいかない。株式市場に「先見性」があり、「効率的」なら、さらにそれを先読みして急落の前に手仕舞ったり、カラ売りを仕掛けることも可能だと思うが、なかなかそういう訳にはいかない。そもそも本当に「効率的」ならボラティリティ(変動率)が高まったりはせず、安定的に推移するはずだ。市場は金融経済学者が思い描くほど、「合理的」でもなければ、「効率的」でもない。だからこそ、その間隙を縫って思わぬリターンを得ることも出来るのだし、逆に「思惑」が大外れてしまうこともある……。市場を「読み解く」のはやはり「一筋縄」ではいかない。

(引用終わり)


効率的市場仮説については様々な議論があるようですが、はっきりとした結論は出るのでしょうかね。


完璧に効率的、ということはないでしょうが、一応株式のプロたちが争っている世界ですからある程度は効率的だと思います。


ボクはウィークフォームの支持者なわけですが、もしボクがテクニカル分析で大成功していたら、きっと違う結論を出していたことでしょう(笑)


こういう議論って結局は個人の主体的判断に依存するわけで、客観的な判断を下すことはできないような気がします。


ただひとつ言えることはテクニカル分析に基づく売買は手数料が馬鹿みたいにかかる、ってことくらいでしょうか(^^ゞ笑。


ただ、この結論がどうであれ、費用対効果で考えると、インデックス投資は効率的市場仮説の「効率的」とは違う意味で確実に「効率的」だと思うのでインデックス投資を続けていくことになるんですけどね(^^)
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。