スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

テーマ株を見て思うこと。


今週に入っても相変わらずボラの高い相場が続いていますね。


上がっている業種は新興系だとバイオなんかがあるわけですが、あがりっぷりはすさまじいものがあります。


taka.gif


上記チャートは【4974】タカラバイオ、期間は3ヶ月


こういうのを見ていると、持っている人は羨ましいなあという正直な思いがわいてくるとともに、「やろうと思ってもなかなかできないな」とも思います。


やはり投資をする以上はパフォーマンスを残したいので最終的に儲かる銘柄を探すというのは当たり前ですが、「どうやって儲けるか」といのも非常に大切なところです。


KAPPAさんは「東大卒医師が教える科学的「株」投資術」という本を書かれていますが、私としてもある程度理屈にのっとった上でリターンをあげたいと考えています。


いつも書いていますが、大切なのはリターンだけでなく、リスクとの比率です。


「リターンがあがったから」結果OKと考え、リスクを軽視してしまうと、いつか市場から退場しなくてはならなくなると思います。


その際に、今回のようなバイオ関連の株は上昇理由にどのような説得力を持つのでしょうか。


もちろん、アベノミクス銘柄だということはありますが、それだけでは保有するのはちと不安です。それを支えるものとして、PERや成長性などのファンダメンタルズがどうしても必要になってきます。


ここで私が自分の投資で大切にしているものを改めて書いておくと、


成長性と株価とのギャップ


これに尽きます。そして株価は主にPER(ときには加えてROIC)で図りますので、さらに成分分析すると


1、成長性

2、PER


ということになります。テーマは上値への期待を示してはくれますが、下値への防御力は示してはくれません(もちろん、低PERであっても売られるときは売られますが…)。


まあ少々理屈っぽいといえば理屈っぽいですし、そんなだからこういうお祭りを取り逃す訳ですが、ある意味それは仕方がありません。


私はプロフィールにあるとおりKISSの原則を大切にしています。これがあるからこそ私は今まで市場から退場せずに済むとともに、そこそこのパフォーマンスを残すことができているのだと思います。


これからもその原則を大切に投資を続けていくつもりです。




Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。