スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

信用取引について。


う~、それにしてもコロプラはもったいなかったですね…あそこまでいくとは思いませんでした。この相場では1度動き出すと止まらないですねえ。


実は金曜の前場後半~後場寄り付きで新規銘柄を2つ仕込んだのですが、1つがその後爆上げしました。そのスピードが早すぎて予定の半分しか仕込めませんでしたが…。これについてはどうするかこの週末で考えようと思います。


両社とも買うタイミングが遅かったのですが(仕事中なので仕方がないですが)、もう一つはその影響もありその後ヨコヨコでした。


さて、そんな与太話はさておき、今日は今年から始めた信用取引について改めて考えを書いてみようと思います。ありきたりな意見になりますが、私は信用取引は


1,リスク管理を現物時以上に注意すること

2、ツールだと割り切ること


さえできれば、私のような小規模の投資家はぜひ使ったほうがいいものだと考えています。


私は色々あってなかなかここ数年お金を貯めることができていませんでし、今年から転職をしたこともあり給与もがくっと下がりました。しかしその中でお金を増やして来れたのは相場のおかげですし、特に信用を始めた今年はなおさらそれを感じています。


小規模かつ毎月のキャッシュ・フローも潤沢でない投資家がその他の投資家に追いつこうとすれば何か特殊なリスクをとるしかありません。その一つが信用だと思います。


もちろん、ただレバをかければいいってものでもないと思います。


私の場合、信用枠を使って大きなポジションをとるときは必ず


・1306のショート

・興研または重松製作所


も同時に必ずセットします。これは市場の暴落リスクと自然災害や戦争リスクをヘッジするためです。これでもその投資銘柄に対するリスクは減少させられませんが、それは現物でも同じ事です。


だからこそ、銘柄選別はいつも以上に慎重になる必要がありますし、逃げるラインも決めておいたほうが良いと思います。


股裂き状態になったらどうするんだ、という反論もあるでしょうが、そこは期待値の問題です。


私は股裂きになるロスの期待値より何かがあったときのヘッジの期待値の方が大きいと考えているのでこの状態を選択しています。


そして信用は当たり前ですがリスクが高いものなので、ドライに割り切るところは割り切らないと退場させられる可能性がかなり高くなってしまいます。


いうも書いていることですが、私が大切にしているのは


1、退場しないこと

2、継続すること


の2点です。この2点を今後もしっかりと守りながら運用をしていくつもりです。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。