スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

為替リスクとどう付き合うか?


さて、私のポートフォリオは現在為替リスクをとってはいませんが、国際投資も行う方にとって、為替リスクとどう付き合っていくのか、というのは非常に大きな問題です。


基本的に為替リスクはゼロサムなので、大きくリスクをとったからといってそれに見合ったリターンがあがるわけではありませんが、「国内株式より海外株式のほうが上がると思う」との理由から結果として為替リスクが高まる、という方もいらっしゃるでしょう。


最終的にはそんなもの人それぞれだろう、という当たり前の結論にしか至らないのですが、最初からそれを言ってもつまらなくなってしまうので、私の意見を書いていこうと思います。


私は、為替については覚えておくべきことは1つだと思います。それは、


為替リスクは国内株式と長い目で見て連動する


ということです。


kawase.gif


これはよく言われていることで、当たり前のことですね。しかし、この当たり前の事実が非常に大事だと私は思います。


つまり、連動するということは、日本株式が下がれば円高になる(正確には逆の場合が多いですが)ということであり、そこで為替リスクを持っていると株式リスクと為替リスクのダブルパンチを受けてしまう、ということです。


もちろんそれは裏を返せば日本株式が上がると為替も、という話になってダブルでおいしいことになります。


それを考えた時、為替リスクをどこまでとれるかということを考えると、今の私はせいぜいポートフォリオの半分がマックスかなと言ったところでしょうか。


一時期私は為替リスクをほぼ限界までとっていましたが、今はそこまで積極的ではないです。


私にとってはリスクを抑えるということが非常に大事であって、その方法として日経インバースが出てきた、というのも非常に大きいと思います。


とは言え、日本株式だけでなく、海外株式を買うことで異なる株式リスクを取ることができ、そこそこのリターンを享受することが可能である、というのはまず間違いなく大きな魅力です。


私は株式投資家ですので、まずは株式リスクを第一に考えながらも、スパイスのような要素として為替リスクもとっていければと考えています。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。