スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

それをどこで売却するか?


特に業績回復株のように一旦動き出すと値動きの激しい投資を行っていると、どこで売っていいのかよくわからなくなってしまうことがあります。


急落したのでビビって売ってしまったらそれをあざ笑うかのように急騰することもありますし、逆にこれはどこまでもいけちゃうぜみたいな雰囲気だったのに一転して暴落したりとか、本当に心臓に悪いです。


その際にどこで売ればよいのか、というのはいつも頭を悩まされます。


私の勝手なイメージですが、業績回復株は一旦動き出すと大体50%~100%の急上昇をしてそこから調整に入ります。


問題なのは、その調整が上に行くための調整なのか、下に行くための調整なのか、ということです。


それは人によってファンダで見たり、テクニカルで見たりといろいろなケースがあると考えられます。ちなみに私は「ぼんやりと見て決める」派です(笑)。


見る点を少しあげてみると


・ファンダ

・出来高

・相場の雰囲気

・他の急騰株の動き


と言ったところでしょうか。どれを重要視するかはその時どきによって違いますが、基本的に他の急騰株の動きを確認することが多いかもしれません。


急騰したものがどれもすぐに跳ね返されていれば売却も視野に入れますし、そうでなければ引っ張ります。


基本的にビッグ・リターンを狙っているのでひっぱるのがベースですが、まあその辺は上記点を考慮しながらあくまでそれを基本にして、というレベルです。


それで結果的に売買が重なることもあるのですが、狙って増やしているわけではなく、結果として増加している部分もあるのでその辺は大目に見ています。


私にとってはあくまで「長期視点で銘柄を選ぶこと」が大切であり、結果としての売買がそうでなくなったとしてもあまり問題ではありません。


もちろん売買が少なければ手数料もかからないですしそれに越したことはないのですが、あまりそれにこだわるのもよくないと思っています。


あくまで守るべき基本は単純性と柔軟性。この2つをモットーとしてこれからも業績回復株投資を続けていきます。
Home |  Category:考察など |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。