スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

バットを長く持つ、ということ。


以前、「相場の雰囲気を吹き飛ばす。」という記事の中それを象徴しているような相場となっています。日経平均の棒上げを指をくわえて見ている投資家さんもいらっしゃるのではないでしょうか。


私の保有銘柄も、幸いにして一部銘柄は動いて入るものの、多摩川ホールディングスを始め未だ心電図状態なものも多く、加えてインバースを保有している身としてはなかなかもどかしい展開が続いています。


ただ、ここで勝負を降りるわけにはいきません。降りてしまえば、動き出したその一瞬を逃してしまうことになります。


バットを長く持つ、とはそういうことだと思います。大ぶりの空振り覚悟で絶好球に見えるものは全力でフルスイング。



これがこの投資法を続けていくコツなのだと解釈しています。…間違っているかもしれませんが(笑)



いずれにしても、今は我慢のしどころ。いつもいつも美味しい思いができるわけではありません。まだ爆発してくれることを夢見てホールドを続けていこうと思います。


「何か素晴らしいことが起こるのを待ちくたびれて、その株を手放したとたん、翌日、その素晴らしいことが起こったりする。私はこれを、捨て去った後の繁栄と呼んでいる。~(中略)~ファンダメンタルズさえ約束されているなら、我慢は必ず報われる。」


(『ピーター・リンチの株で勝つ』ピーター・リンチ著、ダイヤモンド社)
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。