スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

最後は握力がものをいう。


さて、昨年末より運用を開始したSomething ELse投資法ですが、この投資法の難点は、値動きが激しすぎることである、と昨日の記事に書きました。


だからこそ、このような銘柄をホールドしていくのは他の銘柄に比べてなかなか精神力が必要になります。


しかし、以前記事にも書きましたが、Something ELse投資法は、ホームランをかっ飛ばすことができる投資法の一つであると確信していますが、それもホールドありきの前提です。


そもそも、薄利で飛び降りてしまうなら、この投資法を採用する意味はまったくありません。完全にリスクとリターンがミスマッチだからです。


この投資法を用いるからには、ホームランを狙うしかありません。もちろん購入するタイミングにもよりますが、最低でも2倍だと思います。


ただ、1日2日で株価は2倍になりません。最低でもそのラインに達するまでは、ホールドを続ける必要があります。それがイヤなら、デイトレのように細かく回転させながら利益を積み上げていくしかありません。


だからこそホールドを続けるために、時には株価からあえて目をそらす必要も出てくるわけです。


この投資法に限らずですが、中長期視点で投資を行う場合、最後は握力がものを言います。握力がある人が思いっきり値上がり益を享受できるのです(もちろん、強すぎると下り坂も享受しますが…)。


eg.gif


これは少し前の大ブレイク株、【8771】イーギャランティです。この株は、小さなブレイク後、①の期間を経て、②の確変状態に入りました。


この企業は成長企業なのでSomething ELse企業とは事情が異なりますが、①の期間で買って①の期間で売ってしまっては意味がありません。


①の期間で買ったからには、②の期間まで我慢しなくてなりません、もちろん、②が下方向の可能性もあるのですが、その辺は一発狙いなので考えていてもしかたがないでしょう。


大切なのは、繰り返しになりますが、一発を狙うことです。


「どれだけ才能があろうと、どれだけ努力しようと、成就するまでに一定の時間を必要とする事柄が存在する。早く子供が欲しいからといって9人の女性を妊娠させても、1ヶ月で赤ん坊は生まれてこないのだ。」


バフェットの教訓(徳間書店)より


この言葉が全てを物語っていますね。これからも握力を大切にホームランを狙っていきます。



最後に余談ですが、私のSomething ELse株の問題児であった【4286】レッグスがようやく動きました(引け間際に強烈な売り浴びせにあっていますが…)。


これからの値動きに期待したいところです。
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。