スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

好球必打と適度な分散。


私は業績回復株や成長株、そして Something ELse投資を行っておりますが、どのカテゴリーにおいてもそこそこ銘柄を分散しています。


もちろんこれはリスク分散の側面もありますが、自分が良いと思う銘柄複数あることとの兼ね合いでもあります。


基本的に過度な分散は好みません。本当に買いたいと思う銘柄が多すぎるというのはある意味判断基準が緩いと考えており、自分には向いていないと思っています。


基本的に姿勢としては「好球必打」というところがありますので、自分のとってのストライクゾーンを通過した球だけをフルスイングします。


しかし、ここで問題になってくるのが、どの自分が「好球」だと思っていた球が本当に「好球」であったのか、という点です。


投資は間違いありきの世界ですので、どんなに厳選してチャンスがあるものを選んたつもりでも実際は誤っていたなんてことは日常に起こりえます。


それと今行っている投資法の特性、要はいくつかの失敗を1つの大成功ですべてカバーする、ということを考えると適度な分散は必要不可欠です。


「成長企業を5社買えば、その内、3社は予想通りの株価を示し、1社は予想していなかった問題に出会ってがっかりさせられ、あと1社は想像していたよりもうまくいって、すばらしいリターンに大いに満足するというのが経験則である。

どの企業が期待よりよく、どの企業が悪いのかは予測できないので、その組織ではポートフォリオに5銘柄かそれ以上の銘柄を組み入れるよう勧めている。NAIC(全米投資家団体協会)では、「5のルール」と呼んでいる。」


ピーター・リンチの株式投資の法則(ダイヤモンド社)より



1社に集中して、その1社が上記の「がっかりさせられ」に当ってしまったら悲しすぎます。


銘柄数の適切な数については様々な意見がありますが、私は5~7銘柄くらいが心地よいと感じています。そこを超えるとなかなかポートフォリオ全体に目を向けられません。


逆にそれ以下だと1銘柄度との値動きが気になりすぎてしまいます(1銘柄の値動きがポートフォリオに与える影響が大きくなるため)。


好球必打を心がけながらも、それでも失敗は必ずあるものだと自覚して、これからも運用をしていきたいと思います。
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。