スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

需給でファンダは決まらない。


ここ最近政治もマーケットもウクライナの問題が大きく取り上げられており、それに関する動きで株価が一喜一憂する展開が続いています。


サブプライムの時もそうでしたが、大きな波が来てしまうと基本的にはほとんどの銘柄がそれに抗うことはできず、マーケットに連動していくことになります。


私はファンダメンタルズをベースに投資を行っていますが、どんなにファンダメンタルズを分析しようと株価は最終的に需給で決まります。これは投資の世界においては絶対的な真理とも言えるものです。


では、需給を読めば投資に勝てるのかと言えば、理論的にはイエスです。


しかし、その需給を読めずに苦しむ投資家の方が読める投資家よりも数倍、数十倍も多いのが現実です。


ここで大事なのは、株価は需給で決まるが、企業のファンダメンタルズはマーケットの需給では決まらないということだと思います。


これは、私のように相場を読めない投資家にとっては心強い事実です。


企業の業績を予測するのとマーケットの需給を予測するのであれば、前者のほうが高い確度で予測をすることが可能であると思います。そして後者の結果は前者の結果に影響を及ぼしません。


私がテクニカル分析をほぼしないのは、テクニカル投資が効果がないからではなく、自分の場合、テクニカル分析よりもファンダメンタルズ分析をした方が圧倒的に費用対効果が高いからです。


時々ファンダとチャート、どちらかに偏るのは危険、という文章を目にしますがそんなことはありません。


私の好きなランチェスター戦略によれば、弱者が勝ち抜いていく方法は一点集中突破です。そして私の突破口はファンダの分析であると思っています。


もちろん業績回復株投資の時のように、補助的にチャートを使う場合もあるのですけどね。


これからもファンダ分析に集中して投資を行い、大勝ちを狙っていきます。


「買った株が上がったということだけであなたが正しいということにはならない。買った株が下がったということだけで、あなたが間違っていたということにもならない。」


(株で勝つ、ピーター・リンチ)
Home |  Category:KISS投資 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。