スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

海外債券について考える。その5

海外債券について考える。その1
海外債券について考える。その2
海外債券について考える。その3
海外債券について考える。その4


の続きです。


さて、ではなぜボクは「金利上昇局面に向けて外貨MMFを積み立てていくのに否定的なのか」について書いていきたいと思います。


まず一つは、為替差益非課税のメリットが生きるような動きを為替がしてくれるのか、という点です。MMFの積み立てをフルに生かす前提として「株安・円高」から「株高・円安」へ、という流れが存在します。ですが、これからもそのように動くはわかりません。つい最近までは「株安・円高」の流れが確かにありましたが今は「株安・円安」の流れもできつつあります。


要はセオリーどおりいくかはわからない、ということです。


これについては「バリュー志向の資産運用」のやすともさんが記事にされているのでそちらを読んでいただければと思います。弱いもの競争、面白い表現です(^^)。


というわけで、メリットがフルに生かせない可能性のあるMMFを積み立てる気にはあまりなりません。これはとよぴ~さんの言葉(コメントはこちら)をお借りすればある種の「非効率市場」を避けた行動と言えるのかもしれません。


2つ目として、「外貨入手」ないし「外貨掴み」のためにMMFを積み立てる、というのがどうもひっかかります。


ボクのポートフォリオを見て分かるとおり今は投信しかもっていませんが、別に外貨を持っていないわけではありません。


なぜなら、STAMシリーズで海外株式を積み立てているからです。表示はあくまで円ですが、それは世界の先進国の株式に現地通貨で投資されています。


つまり、評価額は円になっているものの、海外株式に投資していればそれは外貨を入手しているのと同じことになります。


なので、外貨掴みのためにMMFを積立する、というのがどうにもしっくりこないのです。もちろんそれだけのためだけ、というのではないのは十分承知をしていますが。


3つめの理由もあるのですが、それについては長くなってしまいすみませんが、次回書きたいと思います。


(注)これは田舎のKenの個人的な意見です。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。