スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

そしてボクのアセットアロケーションをどうするのか。その1

海外債券について考える。」シリーズは終了したわけですが、少ししこりが残る結果となりました。


なぜなら、「海外債券について考える。その8」で述べたように、これではリターンばかり考えているので、リスクが軽視されているからです。


というわけで、ここではアセットアロケーションについて考えていきたいと思います。


ボクのアセットアロケーションを見てもらえればわかるように、外株:日株:外債=60:20:20をベースに考えているので、これを外株にまわすと、外株:日株=80:20となり、かなりリスクが大きくなります。


一方で以前述べましたが、日株については市場の非効率性が顕著に見られてきたことから「(市場の)エマージング」ととらえており、これ以上比率を上げるつもりは今のところありません。


スイッチするまで外債インデックスをちょこちょこ買っていてもいいのですが、為替と債券価格の上昇が相殺されてしまう可能性も考えられなくはない(今回は「ゼロクーポン債を購入するに至る前に下落相場がきたらどうしよう、大ダメージだ」というのを念頭において考えているので、自分の中での最悪のケースを想定して考えています)ので、もう少し外株をがっつり買うために安心感を与えてくれるアセットクラスが欲しいところです。


…自分で書いていてかなり予想外な展開が待っておりました(笑)。これはボクの投資における基本のアセットアロケーションが変化を見せるようですね。


次回へ続きます。

Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。