スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

そしてボクのアセットアロケーションをどうするのか。補足&まとめ

そしてボクのアセットアロケーションをどうするのか。その1
そしてボクのアセットアロケーションをどうするのか。その2
そしてボクのアセットアロケーションをどうするのか。その3


の補足、まとめです。


補足として、まずはゼロクーポン債購入後のアセットアロケーションに日本債券が入っている理由ですが、いちおーその頃には金利がそれなりにあるんじゃないかなぁと思っているからです。


なので、日本債券をもつ理由が「海外株式をがっつり買うための防波堤」→「金利がそれなりにあればそれなりのリターンが確保できそう」へ変化している、ということですね。



とりあえずアロケーションを「ポートフォリオグラフメーカー」をお借りして作ってみると以下のようになります。


ゼロクーポン債購入前





ゼロクーポン債購入後




(注)割合は大まかな目安です。


前回も述べたように、うまくいくかはわかりませんが、とりあえずやっていきたいと思います(^^ゞ。

Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
同じ結論です

初めてコメントさせていただきます。

私も、金利が上ったら外国株→ゼロクー
ポン債のスイッチ、それまでリスクをと
りすぎないための防波堤は国内債権クラ
ス(ネット定期)という同じ結論に達し、
実行しています。

ただ私の場合、すでに利回り4~7%のゼロ
クーポンorディープディスカウント債
を30%ほど持っており、米国債以外は為替
差損をモロかぶっています。

補足

それから、日本株には積極投資しない
ことにしました。私の格付けでは日本
は投資不適格国ですので。

コメントありがとうございます。

>遠藤ヨウイチ(SRK)さん
はじめまして、です(^^)。

そうなんですか~。同じような結論に至った方と出会えるとやはり嬉しいものがあります。やっぱり米国債は今回の相場で無茶苦茶強かったですね。

日本株に関してはボクもエマージング扱いをしているのであまり積極投資は考えていません。

もしよろしければまた遊びに来てくださいね(^^ゞ。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。