スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

ヘッジファンドに対しても動きがあるようです。

(ロイターより引用)
〔情報BOX〕ヘッジファンド・報酬・格付け会社に関するG20の提案

 [15日 ロイター] ロンドン近郊で開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、4月2日の緊急首脳会合(金融サミット)で検討する規制・金融システムの改革の枠組みを提示した。  要旨は以下の通り。

・ヘッジファンドまたは運用担当者が登録され、リスクを評価するための適切な情報を開示すべき。全てのシステム上重要な金融機関、市場、商品が適切な程度の規制・監督の下に置かれるべき。    

・報酬・賞与は、金融安定化フォーラム(FSF)の健全な慣行に関する原則に従うべき。   

・好況時における資本バッファーの積増しやレバレッジを制限する措置などにより、金融規制が経済循環を増幅するのではなく、抑制するようにすること。ただし、回復が確実になるまで、所要自己資本を変更しないことが重要。

・格付け会社は、登録、証券監督者国際機構(IOSCO)の基準への準拠、規制上の監督が必要。

・非連結事業体の透明性、会計基準の改善(特に価格が不透明な資産の処理に関するルール)、クレジットデリバティブ市場の標準化が必要。

 ・国際協力強化一環として、FSFの強化が必要。国際通貨基金(IMF)とFSF合同の早期警戒を実施すべき。    

ガイトナー米財務長官は、FSFについて、IMF、世銀、世界貿易機関(WTO)と並ぶ国際金融システムの監督機関に昇格させるべきと主張。FSFは現在、金融当局の非公式な集まりとなっている。   

・各国政府の最優先課題は、金融機関の不良資産処理。G20は、共同声明のほかに、不良資産処理の原則を盛り込んだ付属文書を発表した。 米政府は金融サミットまでに不良資産の買い取り計画を発表する方針を示している。


(引用終わり)


ヘッジファンドや格付け会社に対する問題提起はLTCMの破綻やエンロンの事件を踏まえて以前からされてきました。


が、それがG20から発せられた、というのは大きいのかもしれません。自由の国、アメリカがいる中でどこまで規制をかけられるかがポイントになりそうですね。


最近あまり話を聞かないヘッジファンドですが、ダメージのほうはいかほどなんでしょうか。


インデックス投資家にとって一番ありがたい展開は、上下動を繰り返しながら着実に成長していく展開です。


そういう世界の枠組み作りができたらいいなあ・・・なんてこれはボクの完全なるワガママですね(^^ゞ(笑)


金融経済から実体(実物)経済への転換、なんてよく言われますが、それが如何にして行われていくのかについてはしっかり見ていきたいと思います。
Home |  Category:政治・経済・金融など(世界) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
ヨーロッパのほうが大人、アメリカは子供です(笑)。

思えば2年前?、ドイツ、ハイリゲンダムサミットで仏独はあの時点で、ヘッジファンドの監視、規制強化を打ち出していたのですが、米(ブッシュ)&英(ブレア)の反対で揉み消されました。今回、イギリス金融機関(ロイズ、RBS)のダメージが大きかったため、さすがに英ブラウン首相もヘッジファンド規制強化に方向転換せざるを得なかった。

イラク侵攻でも独仏、反対。アメリカではフランス製品、不買運動。その後、イラク泥沼化でブッシュ、フランスに歩み寄る。

政治、経済、これらの事案を見ていると

歴史の浅いアメリカ→子供
古いヨーロッパ→大人

あまりに単純化しすぎた図式ですが・・・。ともかく、”アホなレバレッジ”掛け過ぎのデストロイヤー、ヘッジファンドには大人しくして貰うのは結構なこと。この連中がレバレッジ掛け過ぎでショート、ロングを使うから乱高下、正規分布⇒ベキ分布の元凶です。フォルクスワーゲンなんて超大型株、たった2、3日で5倍になる事件も昨年秋、発生しましたから・・・。

コメントありがとうございます。

>Werder Bremenさん
ヘッジファンドは暴れまわってくれましたからね・・・。確かにもうちょいおとなしくしていただけたほうがありがたいかもです(笑)。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。