スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

じゃあなぜ売るの?

今日の朝日新聞に載っていたのですが、投信窓販白書によれば、銀行の投信販売員の7割が「顧客に投信を買う上での知識が不足している」と感じ、なんと3割が「何で銀行がリスク資産の投信の販売をするかわからない」と感じているそうです。


で、タイトルに行くわけです。・・・なぜ売るの(^_^;)?


ネット証券では当たり前のようにノーロードで売られているものが相変わらず手数料がとられていたり、ノーロードになったと思ったら信託報酬が上がってみたり・・・銀行の投信販売は決してボクたち投資家にとって嬉しいものではありません。


ボクの親もそうなのですが、ネット証券やネット銀行など「ネット系金融機関」は敬遠してしまう人はまだまだいるようです。


そういう方で金融商品がほしい方は結局銀行や郵便局で買うことになってしまいます。


それはそれで悔しいですね。理解不足、というのであればそもそも対面販売をしているのだから販売員の人も十分な説明をする必要があるし、そもそも疑問がある人が多いなら売らなければいいのに、とも思います。


せめてノーロードで販売してくれればいいのになあ・・・。販売するならもう少しWin-Winの関係を意識してほしいものです。


もちろん投資をする方もしっかり勉強する必要はあると思います。ボクもまわりにそのような方がいらしたらその一助を担えるようになりたいです(^^ゞ。


・・・その時はがっつりインデックス投資を宣伝しようかしら(笑)。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

私の学生時代の先輩で、大手証券会社にいる人と話をしたことがあって・・・
その人に直に質問したことが、

私 『今、どんな商品が儲かるんですかね~』

先輩『それが分かったら会社辞めて1人で稼いでるよ』

私 『・・・(納得)』

私 『でも客から聞かれたりするでしょう?お勧め商品とか。なんでそれを売ってるんですか?』

先輩『生活資金とノルマだな、あとは独立したいから金がたくさんいるんだよ』

こんな感じだったと思います。
あと証券会社には年配の方が平日によく来るんですが、その人たちはネットが分からないのにネット証券なんてもっと分からないし、支店とかないので何かあった時に恐ろしいと思っているようで。
昔ながらの対面商売が一番安心だと思っているようです。
このような考えのお金をたくさん持ってる年配の方がいる限りは対面式の販売は売れていくんでしょうね。

コメントありがとうございます。

>にっしーさん
むむ・・・やっぱりそういうところはあるんですね。確かに対面は安心するのでしょうが・・・(^_^;)。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。