スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

インデックスファンドとETFを比較する。その6

インデックスファンドとETFを比較する。その1
インデックスファンドとETFを比較する。その2
インデックスファンドとETFを比較する。その3
インデックスファンドとETFを比較する。その4
インデックスファンドとETFを比較する。その5


の続きです。


さて、前回は分配金を放置していましたが、今回は再分配するケースについて考えて見ましょう。


リレー投資を3年に一回行うものとし、そのときに貯まった分配金をETFに再投資するものと仮定します。


分配金は前回と同様1年後以降両者3万ずつ吐き出すものとします。すると、結果はこちら。


       ETF      STAM   差    差の割合
1年後  1,050,000   1,044,750   5,250   0.50000%
2年後  1,132,500   1,122,845   9,655   0.85254%
3年後  1,217,625   1,204,434   13,191  1.08334%
4年後  1,310,006   1,289,674   20,332  1.55207%
5年後  1,405,506   1,378,729   26,777   1.90517%
6年後  1,504,282   1,471,769   32,513   2.16134%
7年後  1,610,996   1,568,973   42,023   2.60849%
8年後  1,721,545   1,670,527   51,018   2.96353%
9年後  1,836,123   1,776,625   59,498   3.24040%
10年後  1,959,429   1,887,471   71,958  3.67239%
11年後  2,087,400   2,003,277   84,123  4.03005%
12年後  2,220,270   2,124,266   96,004   4.32399%
13年後  2,362,784   2,250,669   112,115  4.74503%
14年後  2,510,923   2,382,728   128,195  5.10550%
15年後  2,664,969   2,520,697   144,272  5.41365%


ん~、全く前回と結果は違ってきますね。地味に結構差がついています。やはり再投資の力は大きいですね。


「ETFは分配金再投資の恩恵を受けづらい」といわれることがありますが、長期で見ればそんなことないようです。


ところで今のところSTAMは分配金を出していない一方、海外ETFは分配金をコンスタントに出し続けています。


次回はそれを考慮に入れてもう一度検証してみます。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback1
Tracback

Tracback URL :

僕もリレー投資について考える

田舎のKenさんが インデックス・ファンド→海外ETF のリレー投資について考察されていたので(リレー投資について考える。その6 自給自足を目指して投資っ子。)、僕も自分なりに考えて勝手に応援してみようかと思いましたが、複雑すぎてヒントにも... ...

Comment

    

主旨を整理して、もう少し簡潔にまとめる努力を求めます。

コメントありがとうございます。

>長い… さん
確かにそうですね(^_^;)ご指摘ありがとうございます。今後気をつけます。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。