スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

株価はゆっくり過剰反応する。


これは山崎元さんの以下の著書(ボクはこの本大好きです。)

エコノミック恋愛術 (ちくま新書)エコノミック恋愛術 (ちくま新書)
(2008/08)
山崎 元

商品詳細を見る


に書かれていたことです。


1980年代のアメリカ株式市場を対象とした研究で次のようなものがあります。


1、過去半年の間に値上がりした上位10%の「勝ち組」と値下がりした上位10%の「負け組」のグループを作る。


2、翌月以降の決算発表日前2日間と発表日の株価の動きを比べる。


すると、最初の7ヶ月間は平均的に見て勝ち組が負け組よりも値上がりしているが、8ヶ月目から後は36ヶ月目まで負け組が勝ち組を上回ったそうです。


う~ん、見るところが決算前後だけなのが少し残念ですが、なかなかおもしろい実験ですね。ポジティブインパクトVSネガティヴインパクトって感じでしょうか。


さて、インデックス投資に決算日はありませんが、インデックスは市場の平均なのでプラスにもマイナス過剰に反応します。プラスに反応しすぎればバブルになり、マイナスに反応しすぎすればバーゲンセールもとい株価不振になります。


今の相場はどうなんでしょう。白川さんの警告あり、G7のうれしいニュースあり。


ボクには知るすべもありませんが、マイナスに反応しすぎてるところをうまく捕まえているのがバフェットやテンプルトン、ネフを始めとした大投資家なんでしょうね(^^)。


ボクとしては、インデックスが「ゆっくり適正に反応する」状態になってくれることを望みます、上がるにせよ下がるにせよ。ドルコストにはそれが丁度いいですからね(^^ゞ。


若干不時着な感がありますが、気にしないことにします(^^;)(笑)


それでは。

Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。