スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

ボクの好きな資産運用本。~コア中のコア編~


さて、今回はタイトル通りボクの好きな資産運用本について紹介してみたいと思います。ちょっとかっこよくコアとサテライトに分けてみます。


と思ったらコア本がけっこう多かったのでその中からさらに厳選したものをコア中のコアとし、コア、サテライトに分けてご紹介。


といっても(特にコア本は)色々なブロガーさんが紹介してるものがほとんどなので、あまり目新しいものはないかもですが、お付き合いください。


まずボクの中ではスリートップ(コア中のコア)が存在するのですが、それはこちら。


ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
(2007/05/25)
バートン マルキール

商品詳細を見る



最新版 投資戦略の発想法最新版 投資戦略の発想法
(2005/08)
木村 剛

商品詳細を見る





敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか
(2003/12/04)
チャールズ・エリス

商品詳細を見る



(注)木村剛さんの本は2008年度版が出ているのですが、まだ読んだことがないのでこちらを紹介させていただきます。


スリートップの真ん中が「ウォール街の・・・」でないことに少し驚かれた方もいるかもしれません。


木村剛さんの本はトータルな意味での「資産運用」についてのエッセンスがぎっしりなのがいいですね。なかなか投資の話に入らないところ(つまり、それ以前に気をつけなければならないところがあるのを説明してくれている)がポイントかと。


この本はインデックス投資に限らず資産運用を考えている全ての方が読んで決して損にはならない本だと思います。個人的には資産運用全体の指南書としては至高の本です。


あとの二冊は言わずもがなですね。両翼はインデックス投資が固めます。「敗者のゲーム」はこのブログではまだ紹介したことがありませんでしたが、インデックス投資をすすめている非常に読みやすい本です。


ちなみにボクがインデックス投資と出会ったのは「ウォール街の…」なのですが、なぜこの本を買ったかと言えば、「表紙とタイトルが何かかっこよかったから」です(^^;)。


もしタイトルが


「金融街の千鳥足」


で表紙が文字だけ、とかだったら買わなかったかも(いや、逆に買ったかな…)。なので、インデックス投資に早く出会えたのはなかなかの幸運な部分もあったと思います。


今回はここまで。また近いうちにコア編を書きたいと思います。
Home |  Category:ボクの好きな資産運用本 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
コア中のコア

どの本も鉄板ですよね(^^)

コメントありがとうございます。

>水瀬ケンイチさん
鉄板です!これらの本は本当に繰り返し読んでいますし、ボクの指針となっています。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。