スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

買い時の不思議。


最近株式市場は回復しているものの、それでも世界同時不況前と比べればまだまだ低い水準と言っても過言ではありません。


しかし、心理的にはだいぶ以前とは異なるように思います。


相場下落時にこれくらいの価格の時は「まだ下がるのか」 という思惑から買うことに対しての不信感が募っていました。ゆえに買いが手控えられました。


一方今は同じ価格でも短期間で見たときに過熱感があるようで、力強く「買い」という記事もあまり見ません。


結局底値でしか買ってはいけないのでしょうか。何か記事とかだけ見てるとそんな気もしてきます。しかし底値とは結果でしかわかりませんし、なかなか当てることができないものです。


これこそがタイミング投資の難しさのように思います。


ボクは基本的にバイ&ホールドの戦略をとります。とは言えタイミング投資を否定しているわけではありません。


うまく行けば大きなリターンをあげることができるからです。ボクも多少のアセットローテーションを考慮に入れているので、タイミングを図る時期もこれから来ると思います。


しかし、成功をおさめた大投資家たちはみな「自分は底値を見極める力はない」と素直に認めていますし、あのフィッシャーも


「いつ起きるかを予測するのは何が起きるかを予測することの数倍難しい」


と述べています。


タイミングはある程度大事ではありますが、それ重視しすぎると結局リターンを取り損なう可能性があるので注意せねば、というお話でした(^^)。


ボクの場合、個別株などはどうしてもタイミング投資になりますのでそこを注意していきたいと思います。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

田舎のケンさん こんばんは
底値で買うのは難しいですね。私の場合分割で買っていますが3月に特に多く買えたわけではありません。いまがバーゲンセールなのは確かでしょうけど、いつまで続くのかは分かりませんし、2番底があるかどうかも分からないので資金投入のスケジュールを立てようがありません(笑)。

結局のところ分割で少しづつ買っていって、安値圏では少し多く買うというぐらいしか思いつかないです。。



ところで、もうご覧になられたかも知れませんが、面白かったので紹介します。
Murray Hill Journal
総統は金融危機に大変お怒りのようです(動画)
http://wholekernel.blogspot.com/2009/06/blog-post_09.html

私は海外ETFはタイミングで買いましたが、買うまで2週間以上かかって精神的に参った感がありました。
タイミングで買いたい私もいますが、タイミングで無理な私もいたりします。

結局はバイ&ボールドを基本で、お小遣いが余ったらタイミングを狙って買って遊ぶのがベストかもしれません。

以前やった方法ですが、たとえば個別株など指値が出来る場合は同一の銘柄に、
1000円で100株
950円で200株
900円で400株
と指値買いを出しておく方法もありますね。

コメントありがとうございます。

>Tansney Gohn さん
おもしろいもの見せていただきました(^^)笑。ありがとうございます!

あ、そういう逆張りも面白いですね。

>にっしーさん
>>タイミングで買いたい私もいますが、タイミングで無理な私もいたりします。

そうなんです、まさにおっしゃる通りです!

タイミング投資はサテライトでするのがベターそうですね・・・。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。