スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

あれから1年。


今日は投資とは関係のないお話です。


岩手宮城内陸地震から1年が過ぎました。


(yahooニュースより)
ともす明かり、思い新たに=岩手・宮城地震、14日で1年


 大きな被害を出した岩手・宮城内陸地震は14日、発生から1年となり、宮城県栗原市では13日、犠牲者追悼や復興に向けた行事が行われた。住民らはろうそくをともすなどし、「一日も早く復興を」と誓った。


 経営者の家族や宿泊客らが犠牲となった栗駒耕英地区の旅館「駒の湯温泉」につながる路上。地震が起きた6月14日に合わせ、グラスの中に立てた614本のろうそくが道の両側に並んだ。午後6時半すぎから住民らの手で火が付けられ、ほのかな明かりが夕闇に輝いた。


 同地区のイワナ養殖業熊谷昭市さん(36)は「行方不明者が見つかるよう願い、追悼と感謝の意を込めたい。気持ちを新たに、開拓民として第二の開拓をスタートさせたい」と語った。


 同地区の温泉施設「山脈ハウス」で開かれた行事には約130人が参加した。 


(引用終わり)


ボクもこの地震を体験しました(と言っても震度5くらいで特に被害はありませんでした)がとてもびっくりしました。


やはり天災というものは自分の力ではどうしようもない分恐ろしいものです。


そんな自分の話はさておき、まだ被災地の方で仮説住宅にお住まいの方もいらっしゃいますし、行方不明者の方もいます。


世間では少しずつ遠い過去としての出来事としてとらえられてきていますが、いまだ被災地に大きな爪あとを残しているのもまた事実です。


それと同時に落ち込んでばかりもいることはできません。同記事の熊谷さんのコメントも「生きていこうとする力」を感じさせてくれます。


この被害で亡くなられた方に追悼の意をささげるとともに、同地区の1日も早い復興と行方不明の方の発見を願います。


少し暗い話になってしまって恐縮ですが、みなさんもほんと地震には気をつけてくださいね(^^)。
Home |  Category:小話 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。