スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

嬉しいけれどちょっと複雑で。


さてさて、最近他のブロガーさんの記事を拝見していると、401kに関する記事が多く見られます。


探してみると信託報酬が激安のものもあるようですね。


これはこれで嬉しいニュースです。コストが安いにこしたことはありませんからね。これから利用していく人も増えていくことでしょう。


しかし同時に、少し寂しさも覚えます。


ボクも401kはインデックス投資が広がる基礎となるものだとは思いますし、非常に魅力的ではあるのですが、みんながみんな使えるものではありません。


やはりボクが望むのは「誰でも使うことができるビークルでのコストの削減」です。


長期投資優遇税制しかり、信託報酬(逓)減しかり。


それだけに最近のVTのニュースは非常に嬉しいものでした。


願わくは、401Kの普及がインデックスファンドの改善に一役買ってくれることを。。。


いつの日か401kばりの信託報酬のインデックスファンドができ、みんなで使えるようになりたいものです(^^ゞ。


「ウォール街のランダムウォーカー」のように、「みんな、蜘蛛にひっかかっちゃだめだぞ!!」なんてね。

Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
その401K(個人型)で・・・

巨大旋風を巻き起こしているWerder Bremenです、ゲホゲホ(汗)。いや~、一気呵成に大企業型401Kに”追い付き追い越せ”を達成した感があります。
 ところで、田舎のkenさんは個人型401Kに加入できないの?以前、別の人にも聞いたが「僕は会社員で加入資格無いんですよ」ところが「よく調べたら加入できました」とかあったけど。国民年金2号被保険者でも加入可の場合あり。因みに厚生年金と厚生年金基金は別物(↓)!
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2660933.html
これを「おなじもの」と勘違いしている場合もあるみたい。厚生年金ならば加入できる(↓)!
http://gorogorowin.blog36.fc2.com/blog-entry-32.html
(文章一部抜粋)個人型年金の掛金の限度額は、被保険者種別によって以下のとおりですが、5,000円以上、1,000円単位で任意に設定できます・・・・・

②第2号加入者:月額18,000円

ちょっと限度額の差が大きいですが、第2号加入者は厚生年金もあることを考えると妥当なところでしょうか。

(抜粋終わり)プロの社労士しか識別できない、いろいろ似たような名前の”年金”あるからね。

ホナ

>巨大旋風を巻き起こしているWerder Bremenです

こういう自意識過剰コメントがなければ、あなたの功績は偉大だと素直に思う人も増えるだろうに。ああ、もったいない。


こんどは言わして貰うで~(笑)!

http://freedomismyhappy.blog92.fc2.com/
(コメント欄、抜粋、↓)
自意識過剰のおっさん

2009-05-25 月 23:16:01 | URL | #JalddpaA[ 編集]
(抜粋終わり)

同一人物やね?まあ、ここは良くも悪くも日本やな。和をもって尊しとなす。出る杭は”打ちたい”。自分と異質な能力を僻み、妬み。自分じゃナニもでけんで、ウジウジしとるだけ。そんなんばっかおるから、日本は

”停滞、沈滞”する!

オマンさんも、「このオッサン、クソ~」の反発心でナンかドエライことでもやってみたらどやねん?秋葉原、土浦みたいな連続通り魔殺人は止めとけや~。エエほうで頼むで~♪

>ああ、もったいない。

余計な心配せんでえで~。大阪の人間、そんなチンマイこと、屁とも思っとらんよ。

「何ですかこれは!こんなんじゃ、北新地のボッタくりバーの請求書と同じでしょ。いい加減にしてくださいよ!」

と国交省大臣に噛みつくのが大阪流や。恨み、反感買うのは覚悟の上や。オマンさんみたいな蚤の心臓しとらんわ、ボケ。

ホナ

自己分析サイトのご紹介

お世話になっております。「仙台でベンチャー起業を志すブログ」のさとしです。新しいサイトを作ったのでご紹介です。

「自己の強み分析 – アンケートによる客観分析」
 http://php.hustle.ne.jp/strengths/

無料で自己分析ができるサイトです。主観分析のサイトはよくありますが、客観分析のサイトはあまりないらしく、googleで「客観分析」と入れれば1~3番目くらいに出てきます。

就職活動中の人、戦略的なキャリアアップを考えているビジネスマン、経営者、社員、いろいろな使い方があると思うので、もしよろしければお役立てください♪

コメントありがとうございます。

>Werder Bremenさん
いや、ボクが加入できるできない、という問題ではなく、「例外なくみなが使える」というのがやはり1番ではないかなあという趣旨の記事です。
毎度情報ありがとうございます(^^)。

>とおりすがりさん
まあまあ、そう仰らず・・・(^^;)

>さとしさん
ありがとうございます!

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。