スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

株式はまだいける?


バフェットさんはまだまだ株式の方が魅力的だと考えているようです。


yahooファイナンスより

バフェット氏:ダウが9000ドル水準であれば、国債よりも株を保有する


やはりドルの需要が減少していくとお考えのよう。


まあ中国やインドなど強い内需を抱える新興国が伸びてくれば当然需要は減っていくのでしょうね。


でもそれはそれでいいのかもしれません。


うまい具合に消費国が分散されていたほうが通貨のバランスは取れそうですからね。


そのほうが仕組みとしては健全でしょう。


まあどこが中心になろうと日本は円安傾向に進みそうな気がしなくはないですが・・・(笑)。


中央銀行はどこも出口戦略に苦慮しているようですが、頑張っていただきたいです(^^)。


それにしてもコメント一つで記事が出来上がるなんて、ほんとすごい人だなあ・・・。
Home |  Category:政治・経済・金融など(世界) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

田舎のKenさん

>株式はまだいける?
今は債券利回りが低いので買うなら株でしょうね。バーゲンセールがいつまで続くかは不明ですが最近株価がピクピクと上がりすぎですね。まるでルアーで釣られているような気がします(汗)。

でも、経済指数がよくなってきているとはいえカルフォルニア州が破産寸前とかいうニュースも伝わってきていますので一気に買いたいのを我慢してドルコストです。

ドル・コスト平均法は、間違ったタイミングで株式や債券に有り金すべてをつぎこむ愚から身を守る投資方法である。
(バートン・マルキール『ウォール街のランダム・ウォーカー』より引用)

今年は上げで来年2010年は下げという予想をする人もいます。
堀古英司「ウォール街から~米国株の魅力~」
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/horiko/


>それにしてもコメント一つで記事が出来上がるなんて、ほんとすごい人だなあ・・・。
そういえば、バフェットさんの新しい本が出てます。

バフェット・コード バフェット流シンプル投資の秘密 日本経済新聞出版社

コメントありがとうございます。

>Tansney Gohn さん
ほんと上がるか下がるかはわからないですからね。とりあえずボクも買いポジであとはストロングホールドです。

そうなんですか!ぜひチェックしてみたいと思います(^^)。情報ありがとうございます。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。