スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

津波には抗えない。


8/2の日経新聞の「けいざい解読」に『資産運用「常識の危うさ」』という記事がありました。


ざっくりまとめれば


「リターンのばらつきが正規分布に従わず、ベキ分布に近くなっており、今までのようなリスク管理手法は通用しにくくなっているかもしれない」


とのことでした。


色々なブログにコメントを残されているWerderさん(ボクの愛するジエゴはユーベに行ってしまいましたね…)が仰っていたことです。


まあ問題なのはベキ分布に近くなっている、とゆーのをどうやって生かすかですよね。


ボクの頭では考えてもさっぱり結論は出ませんでした。


唯一出せたのは


「下がるときはガツンと下がるから覚悟はしておこう」ということくらい(笑)。


あとはそんなときのために国内債券は多少あったほうがいいかなってとこでしょうか。


人は過去からしか学ぶことはできませんが、過去は未来を指し示しているものではありません。


歴史から何も学ばないのは考え物ですが、学ぼうとしすぎるのもどうなのかなーと思います。


ちらばりが大きくなろうが小さくなろうがボクにあまりできることはなさそう(もちろんゼロではありません)なので、とりあえずこれまで通りのスタンスで投資を続けたいと思います(^^)。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

田舎のKenさん

リスクをどうコントロールするかですよね。株価が高いときは下ぶれリスクが大きいでしょうし、低いときは上がる可能性が高いでしょう。時期によってリスクは変化していると思います。よくポートフォリオを決定するときに日本株はリターンがいくらでリスクがいくらという数字が出てきますが、それはある期間の平均を表わしているのだと思います。

よく言われますようにリスク・コントロールにはアセット・アロケーションの検討と同時にリバランスも大事だと思います。SAAでも暴落するまでにある程度利食ってると思いますのでリバランスをしないで暴落したときに比べて傷は浅いはずです。

逆にB&H(バイ・アンド・ホールド)で意識的に放置しておくというのもあるそうです。例えば今回のように株が暴落したとしますと、株のウェイトが低くなったのでリスクは減ったという考えのようです。

そのあとでリスクを考えて株のウェイトを少しづつ戻すというのもよさそうです。おそらくマネックス資産設計ファンドはこれに近いのではないかと思います。SAAは逆張りですのでリスクは少なくありませんので、小さい値下がりの場合はSAAで、暴落の場合は慌てずに少しづつ戻すという手も考えられます。暴落度?やその人のリスク許容度に合わせてSAAで一気にリバランスするかどうか選べばよいと思います。

水瀬さんところでも紹介させていただいたのですが、リバランスの資料URLを貼らせていただきます。
ダイナミック・リバランス・ポリシー
リアルオプション的アプローチによる
アセット・アロケーション戦略の革新
http://www.watsonwyatt.com/asia-pacific/localsites/japan/research/wwreview/wwr30/3003/index.html

難しく考える必要はない?

>「下がるときはガツンと下がるから覚悟はしておこう」ということくらい(笑)。

ベキ分布になったら、逆に利用すれば良いだけのこと。-2σ以下にドカンと下げる前に、+2σ以上に、正規分布を逸脱して爆上げ。持っているものがバブって「ラッキー!」で、利益確定で売れば良いだけのことだ。結局、昔のシンプルな相場格言、

「高ければ売れ、安ければ買え」

に行き着く。米国債バブルの実践例をもって示したはず。教科書に書いていないことが起きても”気付く”かどうか?株、REIT、コモディティの順で爆上げ、爆下げ。教科書には正規分布と書いてあるが、ベキ分布やな。保有しているゼロクーポン債に順番が回ってきて、大天井で売り逃げ。ホナ、サイナラ。Buy&Holdも程度問題。教科書に書いてないことまで理解できるか。ついでに、これに絡んでY氏の外債不要論に真っ向、反対論を展開。Y氏も纏めて”撃破”。この人、本では「個人型401Kを利用すべき」と書いているが、実際、どこの金融機関を使うと有利か知らないようだ。当然、まさか日本の際果て琉球銀行なんて思いも及ばないだろう。昨日、15:35からテレビ東京、ニュースファインにK(Kan?)氏が出ていた。原油ETFの話で。メリット、デメリット説明していたが・・・。例のRoll-Overの欠陥、説明なし。N氏同様、知らない気配?こいつら専門家、「仕組みの判り易い金融商品をかいましょう」と唱えている。欠陥を知らずに、説明できずに買っている(爆)。これら専門家、評論家の書いた教科書を読んで投資する。「Yさん、万歳!Nさん、万歳!Kさん、万歳!」と”No!”と言えない東京の人達・・・大政翼賛会?知ってか知らずか、戦時中の日本と同じ?

「こんなんじゃ、北新地のボッタクリバーの請求書じゃないですか。いい加減にして下さいよ!」とハッキリ、もの言う。御上に真っ向、盾つく大阪(=反政府ゲリラ)。

「皆、不満が不都合があっても我慢しよう、頑張ろう!」「お~!」で穴に潜んでいたところに、発煙筒を放り込んだら・・・(7/4以降のコメント欄、↓)
http://toyop129.blog48.fc2.com/blog-entry-734.html#cm
その後、7/18、「共通テーマ⑤」だって。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1130.html
”穴”の中、発煙筒の煙が充満して堪らずむせかえって、穴から出てきた?ゲホゲホ?俺って”悪キャラ”(汗)?

ところで、Kenさん、日経取っているの?8/1、朝刊、20面、「まちかど」に琉銀・401Kの話が載っているよ。Mさんは俺だ。

ではでは

コメントありがとうございます。

>Tansney Gohn さん
毎回いろいろ情報ありがとうございます。今回のもおもしろいですね(^^)。

ほんとこれに関しては答がなかなかでません。ですが、あがりすぎたら売る、くらいのことは心がけてこれから相場に臨もうと思っています。

ですが実行できるかは・・・(笑)
>Werderさん
今回もコメントいただけると思ってました(笑)。

ボクも何もしないということはないと思います。売る時を考える時も来るでしょうし、多少のアセットローテーションも視野に入れています。

ですが、それはWerderさんも仰っているように「高くなったら売り、安くなったら買う」というお話なので「正規分布」から「ベキ分布」に変化しつつあるからこの方法がいい、となるかはボクには判断しかねるところがあります。

ですが、このような複雑にからみあった相場だからこそ単純な行動が大切なのかもしれないですね(^^)

追記。

>Werderさん

日経はとっていないのでとっている友人に見せてもらおうと思います。それにしても401kで記事に載られるとはさすがWerderさんです・・・(笑)

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。