スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

住信、新興国DC販売へ。


住信さんから新興国向けのDCが販売されそうです。


住信アセット、「すみしんDC新興国株式インデックス・オープン」を9月17日設定(ロイターより)


新興国のDCってなかなか魅力的ですよねえ。信託報酬はだいたいSTAMグローバル株式と同じですね。


ついでに新興国債券も。


住信アセット、「すみしんDC新興国債券インデックス・オープン」を9月17日設定(ロイターより)


やはり株式が魅力的ではありますよね。新興国を安く長期で積み立てできたらやはり便利ですから。


ボクはまだDCについては勉強不足なところがかなりありますが、コストの低いDCが出てきてくれるのは大歓迎。


住信さん、攻めてますね(^^)。他のトコも頑張ってほしいっす。
Home |  Category:投資信託 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

DC系にSTAM系と
信託報酬が安いのが増えてきていますね。

インデックス投資家にとってはありがたい限りです。

ただ、それぞれの違いがいまいち見えないのが残念ですが。。

もう一声だね~

 一般販売のものと比べて0.1%も差が無い。確定拠出年金用と言うなら、0.5%台はほしいところ。それと企業型で新興国株&債券、REIT、コモディティを企業型401Kに採用しているところは殆ど無いのが現状。個人型ではまあまあ、あるけど。
 俺の元勤務先(俗称:アウシュビッツ)では企業型401K導入されていたが、先日、そこの後輩に会って投資の”闇話”をした。その後輩が運営管理機関(住信)に

後輩:「個人型401Kには新興国株&債券、REIT、コモディティが組み込まれているものがある。うちの企業型にも採用してくれないのか。」
住信:「(大?)企業型でそんなもの、組み込まれている所は無い。」

と軽くあしらわれたらしい。401Kは曲がりなりにも”年金運用”。特に企業型だとそこで勤めている社員の了解も・・・。保守的に成らざるを得ない。その点、個人型だと好きな金融機関の401Kを選べる、替えることができる。企業型なら嫌でもその金融機関と長~いお付き合い。良し悪しあるね。

コメントありがとうございます。

>こうへいさん
>>それぞれの違いがいまいち見えないのが残念ですが。。

そうなんですよね。Werderさんもご指摘の通り、あまり普通のと変わってないのが残念です。

>Werder Bremenさん
ほんともう少し下げてほしかったですねえ。新興国クラスはあったら便利だと思うのですが・・・。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。