スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

言い方一つでがらりと変わる。


日本ではお金儲けをすることをおおっぴらに言うことについてはあまり評判がよくありません。そういうことをするのは「卑しい」という感情があるのでしょう。


ボクはそのような感情をもつことは至極当然であり、大切な感情であると思います。


まあ「卑しい」かどうか以前に金儲け(もしくは金持ち)の自慢をやたらめったらするような人とは友達にはなりたくないような・・・(笑)。


それをおおっぴらにしてしまった人として、村上ファンドの村上さんがいますね。


「金儲け、悪いことですか?」


という台詞は世間の反感を買い、逮捕されたときにどこか嬉しく思った人も多かったことでしょう。


私見を言わせてもらえば、彼のこの発言は完全に自己の手段を正当化するための「脅迫」だと思います。おそらく同意を求めたものではないでしょう。


そもそもこの質問に「No」と答えられるわけありませんからね。


しかし、投資に関して言えば、「儲け」を完全に封印しようとすると無理が出てくることがあります。どう考えても投資と儲けは切っても切り離せないものだからです。


ボクがそのような印象をもつのは、さわかみファンドの澤上さん。彼の書物を読んだことがありますが、そこにはリスクもリターンもありませんでした(もしかしたらその本だけなのかな・・・)。とりあえず「好きな企業を応援すればいいじゃないか!」というようなことが文章にちりばめられています。


ボクはそこに「投資で儲けるなんて言っちゃダメ」という雰囲気があると感じています。


澤上さんは日本の個人投資家を増やす上で大きな役割を果たされている方です。しかし、だからこそ、投資をすることの意義をきれいな言葉で包みすぎずにしっかり説いてほしいな、と思っています。


とまあお二人を比較してみたわけですが、二人のやっていることの根本はあまり変わらないはずです(と言ったら澤上さんのファンには怒られるでしょうか)。


投資を通じてお金を増やす、それだけです。


もちろんそこに理念がついていれば素晴らしいことです。まさにさわかみファンドはその典型と言えるでしょう。


だから多くの方がさわかみファンドに投資しているのだと思います。


しかし、言葉は時として本質を隠してしまいます。


しっかりと本質を見極めた上でその人その人の言葉に耳を傾けることができるようになりたいものです(^^)。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

澤上さんの話でなくても、田舎のKenさんが投資の話を同じようにしても、聴き手側がどう捉えるかは同じではないですからね。
それだけでなく、投資資金の大小によっても変わると思います。
私のような数百万円やってるのと澤上さんが数億を動かすのとでは、また印象が変わります。
言い方や投資金額、住んでる住居から身に付けてる物まで・・・
言ったらキリがないですが、自分の芯がしっかりしてたら私はそれで良いと思います。

ちなみに村上さんの発言で金儲けが悪い事なら、社会人のほとんどが悪い人になりますよね(笑)

コメントありがとうございます。

>にっしーさん
>>澤上さんの話でなくても、田舎のKenさんが投資の話を同じようにしても、聴き手側がどう捉えるかは同じではないですからね。

仰るとおりですね。しかも文章だけだとどうしても誤解も生まれてしまいかねないので、読んでくださっている方の自由に任せつつも「こう捉えてほしくないな」というところはがっきりさせるようにしています。
だからこそ自分の芯についてもしっかりさせておきたいところです(^^)。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。