スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

最近考えること。


今日は運用でボクが最近よく考えるようになったことについて少し書いてみたいと思います。


その1.ボラティリティを減らすこと。


これが何より優先されるようになりました。ボクは日々のポートフォリオの動きは観察していませんが、それでもたまに見たときあまりにも大きく動いているとびびりなボクには心臓に悪いです(^^;)。


てなわけで、まずは「自分が見ていてぞっとしないような、言い換えれば、売ってしまいたくならないような運用」というのを考えた結果、そこにたどり着きました。


それゆえボクはある程度のキャッシュポジションを常に確保するようにしていますし、個別株も内需中心のゆるく動きそうな銘柄をチョイスしています。分散投資もこれが理由ですね。


ちなみにボクの中で「ボラを減らす=リスクを減らす」とはならないのでそこは注意するようにしています。詳しくは次の項で。


その2.株式の比率を出来るだけ高めること。


これは前から考えていることですが、それでも改めて考えることが多いです。もちろん今は「運用資産の増大」をメインテーマにおいていることに起因します。そのためにはやはり株式のキャピタルゲイン及びインカムゲインが必要不可欠だと思っているので、株式比率はなるべく高めようと思っています。


これは前項とも関係することですが、一つの目標として「市場平均より下がらず、市場平均より上がらないがトータルで見ると勝っている」(もちろん両方の相場で勝てれば文句は無いのですが・・・)というものを目指しているのでその1とその2をどう両立させようか日々考えています。


その3.ドルコストの効果が出るようにすること。


これが最近投資で一番考えているテーマです。下落相場が来るとドルコストが大きな効果が発揮されるのは周知の事実ですが、それは下落を迎えるまでの平均買い付け単価及び資産額(特に後者)が大きく関係します。


なので今回ほど大きな暴落でなくても、ある程度(Δ30%とか)の下落が来たときにうまく拾って早くプラテンに近づけるような方法を考えています。これは平均買い付け額を流れるように動かしていくことでその1に結びついてくれれば、という思いもあるからです。


でもこれとその2を両立させるのは困難なんですよね。その3を実行するためにはある程度買い付け額を落とすか売却しなければいけないのですが、それではその2と両立しませんし・・・。


う~ん、悩ましい。


まあまだ本格的な上昇相場が到来しないうちから何言ってんだって感じですけど(笑)、ゆっくりバランスのとれた方法を考えていきたいと思います(^^)。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    

今朝気がついたんですが、保有している日本株で10%くらいのマイナスが発生してました。
トヨタなんかもまたずいぶんと下がってきたので、興味無いのに買いたいといった、困った状態です。花王なんかも買いたい…。
でも買っちゃうと、日本株の比率が高すぎになっちゃうし、本当に困りものです。
上昇相場って、経験したいですね~。全部のアセットクラスがバブルに向かって急上昇、みたいな。ま、その後弾けて、痛い目にもあいそうですけどね。

コメントありがとうございます。

>塾長さん
>>上昇相場って、経験したいですね~。全部のアセットクラスがバブルに向かって急上昇、みたいな。

ボクもそれ、経験してみたいです(笑)。確かに逃げられるかが心配ですが・・・(^^;)

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。