スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

自由とはかくも難しい。

WTO交渉が動き始めましたね。
(yahooニュースより)
保護措置を1年凍結 WTO交渉合意「誓約」 APEC
11月24日8時3分配信 産経新聞


 【リマ=松尾理也】アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が22、23の両日、開かれ、国際金融危機への対応を中心に協議。首脳宣言に加え、各国がいかなる保護主義的措置の実施も今後1年の間は控えることなどを表明した「世界経済に関する特別声明」(リマ声明)を発表した。会議は23日、首脳宣言を採択し閉幕する。

 特別声明には、世界貿易機関(WTO)の新多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)の年内の大枠合意について、参加各国が「誓約する」との言葉が盛り込まれた。さらに、「投資・貿易に対する新たな障壁や新たな輸出制限」の実施を今後1年間控えるとし、保護主義への傾斜に断固立ち向かっていく決意を示した。

 金融市場改革に重点を置いて米ワシントンで先に開かれた金融サミットに対し、今回の会議は「貿易面に重点を置いた議論」(米同行筋)が中心となった。ブッシュ米大統領が「保護主義の広がりは地球規模での経済の破滅につながるというのが、大恐慌の教訓だ」と警告したのをはじめ、各国首脳も同様に保護主義への懸念を表明し、日本同行筋は「一体感のある議論だった」と評価した。

 だがインドネシアのマリ・パンゲストゥ商業相が欧米メディアに対し、自国の農業分野を例に、「今後1、2年の間、ある程度の保護を求める分野が出てくるのは避けられない」と述べたように、水面下では悲観的な意見も少なくない。

 経済問題に焦点を絞った特別声明とは別に出される首脳宣言には、昨年の主要議題だった地球温暖化対策の取り組み強化などが盛り込まれた。

(引用終わり)

「大恐慌の教訓」とは、世界同時不況→保護貿易&ブロック経済→WW2の流れをさすのでしょうか。


 インドネシアもそうですが、日本も農業分野には課題を抱えていますし、オバマ次期大統領も自由主義に歯止めをかけようとする姿勢も伺えます。


 以前にも書きましたが、必ずしも二項対立で臨む必要はないのでは。大恐慌の頃に比べば、人間の戦争に対しての考えは少しは進歩しているはず(だと信じたい)です。


 必ずしも完全なる自由が幸福をもたらすわけではないということが今明らかになっているというのに、ここまで保護に世界が「No」ということには少し疑問を感じます。


ボクはインドネシア商相の発言は最もだと思いますし、日本も農業についてはある程度の主張が必要だと考えています。


 ところで、ボクの好きな言葉に「無謀と臆病の中庸は勇気」という言葉があります。ちなみにアリストテレスの言葉です。


 この場合無謀が完全な自由、臆病が完全な保護が当てはまると思います。要はバランスが大事、ということです。


 別に保護貿易に賛成しているわけではないのですが、世界全体の枠組みなわけですから、もう少し広い目で見てほしいなあというお話です。


実際は考慮に入れているのかもしれませんけどね(^^)。
Home |  Category:政治・経済・金融など(世界) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。