スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

まだ景気刺激策が必要?


10/23の朝日新聞に「クルーグマン’sレポート@NYタイムズ」という記事があったのですが、そこに書かれていたことについて少しご紹介。

・いまの景気回復策ではまだ十分でない

・失業率の高止まりは無数の子供たちの貧困を生み出し、不況の犠牲となる

・2010年~2013年の生産ギャップは2兆ドル以上になる可能性がある(その分だけ潜在的な生産力が無駄になる)

・IMFの報告書はその事態をさけることについて、一時的な政府支出の増加が「中期的な生産力の損失を小さくすることと明確に関連している点に我々は気づいた」としている
→政府支出を増やす(景気刺激策をうつ)べきだ

・景気回復と経済再建に支出を増やすことが政府の財政状況を悪化させるのはその通りだが、世間はこれを誇張しすぎており、景気を支えようとする真の財政コストは驚くほど小さい

・私たちが景気回復を促すためにもっとやれる余裕があるかどうかという問題ではない。やらないでいるという余裕がない。

要約するとこんな感じでした。やはり当たり前のことですが、失業率の高止まりはよくありません。しっかりした雇用あっての経済活動ですし、しっかり対策を打ってほしいと思います。


政府支出を増やすべきか、減らすべきか、ということについてはボクはよくわかりません。わかるのは財政悪化を懸念しすぎて大切な支出をしないのも問題ですし、その逆も然りということくらいですかね。


オバマさんの言うように「賢い政府」による賢い支出が一番ではないかと思います。ただとりあえずまだまだ気が抜けない、というのは事実なのでしょうね。


日本も概算要求がすごいことになってますが、どうなることやら。


投資に関してはいつもどおり。マイペースにやっていきたいと思います(^^)。
Home |  Category:政治・経済・金融など(世界) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

富裕層では、別荘の購入など
プチバブルの様相を呈しているようですね。
同じ国内で、富裕層と貧困層の格差がドンドン広がってきています。

富裕層のお金が、中間層などに下りてくれば
きっと景気は一気によくなるのでしょうけど・・
いつになるやら。。

コメントありがとうございます。

>こうへいさん
そうなんですか~。うまく富の再配分が行われてほしいものですね(苦笑)

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。