スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

大切なことを学ぶ。


今や伝説の投資家、ウォーレン・バフェットが最初に買った株式は、〈オイル・サーヴィシズ〉という石油会社の株でした。


彼はこの会社の株を38ドルで3株買ったところ、みるみるうちに株価は27ドルまで下落。売りたくなる気持ちをこらえていたところ株価は反発を始め、40ドルまで戻してきたところで彼は株式を売却しました。しかしその後さらに株価は急騰、200ドルまで上昇したそうです。


バフェットはそこから投資における第一の教訓『忍耐』を学び取ったといいます。


(参考文献「バフェットの教訓」、メアリー・バフェット&デビット・クラーク、徳間書店)


ボクが投資を始めたのは今回の金融危機を発端とする下落相場が本格的に始まったころで株価はみるみるうちに下がり、大きな損も抱えました。


しかし、今になって考えれば投資を始めた時期はなかなか悪くなかったのではないか、と思っています。


ボクはどちらかと言えば「走りながら考える」タイプです。



いろいろ頭の中で試行錯誤していくよりは実際に試して痛い目にあいながら学んでいくというスタイルなので最初に痛い目にあえてよかったなあと思っています。


(ちなみに個人的な意見ですが、投資はお金をかけているのである程度「考えてから走る」方がいいと思います。そうしないとボクのように痛い目にあうことになりますから(笑)。以前こちらの記事に書きましたが、他者からの経験で学べるならそれに越したことはありません。)


おかげでバフェットのように「忍耐」をはじめ投資を続けていく上で大切なことをたくさん学ぶことができました。


あとはこの教訓を忘れずにいくのみです。


喉もとすぎればなんとやら、にならないようにこれからも今まで学んできたことを大切にしながら投資を続けていこうと思います(^^)。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。