スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

ひらめきでの投資。


何人かの方が書かれていましたが、新興市場(ジャスダックなど)をはじめとして優良株が最近投げ売られています。おそらくボクのポートフォリオもそれなりにダメージを受けていることでしょう。


もちろんナイフをつかむボクは追撃買いを検討していたり実行していたりしますが。


タイトルにあるひらめきでの投資について、ピーター・リンチは次のように述べています。


「タイミングを計り、ひらめきで投資することの持つ問題点は、人々は必ず、市場が600ポイント上昇して割高になっているときは、気分が大らかになりすぎ、600ポイント下落して割安銘柄がいっぱいあるときは、萎縮してしまうことである。もし、規則的に株式を購入しないのであれば、信念を持ち続けるための、何らかの方法を見つけなさい。」


(「ピーター・リンチの株式投資の法則」、ピーター・リンチ著、ダイヤモンド社)



これは本当にそのとおりだと思います。どうしても大きく下落してしまうと


「どこまでも落ちてしまうんじゃないか」


とか


「まだ発表されていない自分の知らない情報が織り込まれているのではないか」


と思ってしまいますからね。


やはり意志がなかなかもてない場合はそういうシステム作りは必要なのかも知れません。


もっとも、これはボクには当てはまりません。なぜなら、ボクは上がればびびり、下がれば突っ込むタイプだからからです。


こう書くとなかなか立派かもしれませんが、これが一筋縄ではいきません。下がる限り突っ込もうとしますから(笑)。なのでボクは自分を落ち着けるためにドルコストが大事だと考えています。


このブログを通じて何度か書いていますが、ボクはドルコストは


「欲を分割する」


ために役に立つと考えています。


自分の欲をうまく飼いならせるよう、うまく投資と向き合っていきたいですね。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

自分は個別株でドルコストまではやってませんが、
時間分散は心掛けております。
1度に複数単元を買うことは稀です。

ドルコストできれば理想ですね。
株価が半分になったら倍買う!
安い株じゃないと、なかなかできないですけど。

参考になります

わたくしも上がるとびびり、下がると突っ込みたくなります。
ただ、チキンハート故にあまりにも下がるとびびりますねw
投資との向き合い方について、今後の参考になりました。
めげずにがんばります!

コメントありがとうございます。

>ろくすけさん
確かに時間分散はいろいろなアレンジが可能ですからね。うまくアレンジして自分にあった方法を見つけられればよいのだと思います。

>sivaさん
確かにあまりにも下がるとちょっとびびってしまいます(笑)。今日も新興市場はすごい下げですし・・・でもいつまでも下がり続けることはないと思うのでのんびり買っていきたいと思います。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。