スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

M&Aに見る日本の苦しさ。


まずははじめにちょっとしたお知らせです。


今、文科省で事業仕分けについての意見を募集しています(詳しくは同省のこちらのページより)。


おそらく文科省も容赦ない切捨てに反対なのでしょう。みなさんももし興味のある仕分けがあったらぜひとも意見を送ってみてはどうでしょうか。ちなみにボクはスパコンのをはじめとしていくつのかに送ろうかと。せっかくのチャンスですからね(^^)。


では、本題へ。


ロイターさんからのニュースです。


来年の日本株、M&Aが重要テーマに


確かに金融界(銀行、証券会社など)や保険業界では再編が進んでいますし、おそらく小売も今はぼろぼろですから進んでいくでしょう。


そう考えると来年は日本の企業に大きな動きがある年なのかもしれません。


ところで少し気になるのは、国内企業だけでなく、海外企業へのM&Aです。


先日キャノンが大型プリンター企業オセ社の買収をしましたが、あまり大型企業のM&Aは聞かないですね。



確かに雇用でも批判をあび、懐事情は苦しいのでしょうが、「ピンチはチャンス」ですし、この円高を生かして攻めに出ないんでしょうか。


その辺にも日本企業の状況が垣間見れる気がします。


それにしてもキャノンはさすがですね。会見で「プリンターで世界一になる」と言っていましたが、目標が非常にわかりやすいですし、買収の意図も明確です。


ボクは大型企業には今は投資していませんが、やはりキャノンはしっかりた企業だなあと感じました。



まあ自分の住んでいる国ですからあまり批判はしたくありませんが、ここが踏ん張りどころでしょうし、日本企業にはがんばってほしいですね。


もちろんボクは過度の期待はせず、海外との分散をしながら投資を続けていくつもりです。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。