スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

出来ないことを削ぎ落とす。


ボクは漫画が好きなのですが、現在続いているもので特に好きなものとして「GINAT KILLING(ジャイアントキリング)」という作品があります。


これはサッカー監督の達海という人物が弱小チームを率いて大物斬り(GINAT KILLING)を起こしていくという漫画なのですが、そのチームの中に世良というちっこくてガタイも弱いFWが登場します。


その中で達海は世良のことを次のように評します。


『世良みたいな選手ってのは自分に何が出来ないかを知ってる。それはつまり自分に出来る限られたことがわかってるってことだ。だからピッチで迷わない。選択肢がない分プレー中の判断が早い。~(中略)~おそらく世良みたいな連中は劣等感から始まってる。できないことを消去法で削ぎ落とし、出来ることだけを磨いてプレーしている。


と。


出来ることを見つけるのではなく、出来ないことを挙げていって残ったものが出来ることと判断し、それをひたすら磨いていく。



この考えを投資に関して照らしあわせてみると、どう考えても今の投資法が残る(むしろしか残らない・・・)のでまあ悪くはないのだと思います。


また、できること(選択肢)が少ないからこそ判断が早くなる、というのはなかなかおもしろい考え方です。やれることが少ないボクにとっては非常に励みになったりして(笑)。


どんな投資法を用いるにせよ、自分の虎の子の資金を賭けるわけですから、それが自分に合っているのかどうかはしっかりと見極めて投資を行っていきたいものですね(^^)。


ちなみに、先にあげた『GIANT KILLING』は本当におもしろい漫画(リンク先はamazonの最新巻です)です。今までのサッカー漫画とは視点が違うので読んでいてとても新鮮で、一味違います。


サッカー漫画というとキャプツバやシュートが有名ですが、これほどトータルな視点からサッカーを捉えた漫画はありません。素晴らしいです。


漫画が好きな人はぜひ一度読んでみてください(^^)。


Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback1
Tracback

Tracback URL :

現在の投資スタイル

現在の投資スタイルですが、大学生のころからの紆余曲折を経て、 結局はIndex Fundのみをタイミングを見計らって購入するスタイルになっています。 一部、過去より保有している個別株 ... ...

Comment

    
No Title

うーん。難しいですよねぇ。
絶対に、本人に合わない投資スタイルは心理的に負荷がかかって、長期的に継続できない故に、薦めません。
やはり、本人に合うやり方が、ベスト。
・・・なんですが、自分の得意というか、やりやすいのだけに特化すると投資家としての質は上がらない。
それほど、市場は一定ではないと。

となると、出来るようにしていくか(高レベルはいらない)出来るものでスペシャリストになるかの、どちらかというのが結論ですね。バフェットは、時間かけて、両方やって、欠点を克服したわけですけども。

コメントありがとうございます。

>黒色大聖堂管理人さん
>>自分の得意というか、やりやすいのだけに特化すると投資家としての質は上がらない。
それほど、市場は一定ではないと。

これについてはまさに仰るとおりです。愚直に続けるのも大事ですが、どこかで範囲を広げていかないと厳しい局面はやってくるのかなと思っています。そのためには地道に勉強を続けるしかなさそうですね。

No Title

愚直に続けるのも大事ですが、どこかで範囲を広げていかないと厳しい局面はやってくるのかなと思っています。そのためには地道に勉強を続ける。

>大変素晴らしいと思いますが、いきなり手法を大きく変えるのは難しく続かないと思うので、お聞きしたいのですが、長期投資以外の部分から長期投資の向上に役立つ部分を取り入れ、逆に役立たないか、効果の乏しい長期投資の要素を排除し改良に走るか、まず長期投資を磨いて、その欠点部分を小さく抑えるかの、前者は弱点切り捨て型、後者は弱点補強型なのですが、どちらの再構築が、ベターでしょうか?

コメントありがとうございます。

>黒色大聖堂管理人さん
ボクとしては後者が好きです。刀を変に強化しようとするよりはさらに切れ味鋭くしたほうがいいと思っていますので。ただその反面、もろくなってしまうのもまた事実です。なのでボクとしてはあまり範囲は広げたくはないのですが、そういう場合やむ得ず強化せざるを得ない、というのが正直なところでしょうか。もちろん、一時通用しないからといって「もう通用しなくなった」と思うのはばかげていると思います。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。