スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

大きな流れに身を任せる。


のんびり投資を行っていくうえでは「流れに身をまかせること」がとても大事になってくると思います。これが確実にに無駄な売買を削ってくれます。


このことを簡単に言えば「上がっても下がってもそれを現実として素直に受け入れること」と言い換えてもいいでしょう。


ボクは物事には大きな流れが存在しうるものだと思っています。


抗うか抗わないかは自由でしょうが、ボクの場合、抗わないほうが長続きする気がします。


意地になって短期志向の投資をしなくて済みますからね(笑)。


たとえば、川に流されたときなどに助かりやすい方法は


1、目をつぶって息をとめ、
2、全身の力を抜き、
3、流れにその身を任せる


だとちっちゃい頃ある人から聞いたことがあります(どこまで本当かはわかりません、その人は漁師さんではありませんので)。


そうすると自然と体が水面に浮かんできて、体が脱力している分ものにひっかかりやすくなる結果助かりやすくなるそうです(正直後半のほうはちょっとうそ臭いですね(笑))。


目をつぶるのは目を開けると現実を受け入れられず、体に力が入りあがこうとしてしまうからというのがその理由でした。


先に述べたようにこれはどこまで真実かはわかりませんが、ある程度的を射ているのかなと思っています。


高いところから赤ちゃんが落ちても軽症で済む場合が多いのは、恐怖で筋肉が緊張しないからだと言われており、古代の書物「荘子」でもそれは「無為の力」として荘子が絶大の信頼を寄せています。


無理に抗ってもよい結果に必ず結びつくとは限らない、ということですね。


投資の場合も同じで、基本的にはその流れに身を任せ、チャンスがあったら(相場が下落したら)流れに棹差すのがボクの性には合っているようです(^^)。

Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。