スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

経済はなかなかにしぶとい。そしてセールスマンも・・・。


最近日本の財政悪化が金利に影響を与えるのではないか、という記事をちょくちょく見かけます。


この補正予算を通じて国債ががつっと発行されますので、きっとまた同じようなことを言うエコノミストさんが出てくるのかもしれませんね。


経済に疎いボクとしてはあまりえらそうなことは言えませんが、おそらくそんなことはおきないんじゃないかと思います。不況が原因で金利上昇というのはありますが、財政悪化懸念を主因とする金利上昇は過去にほぼないのではないでしょうか。


まあボクのあたらない経済予想はさておき、仮に金利が上昇したとしても、経済は案外しぶといものです。


1981~82のアメリカを見てみると、


失業率、インフレ率、プライムレート(最優遇貸出金利)、長期債利回りすべて15%前後


という非常にすさまじいものでした。


ちなみに1978年にもアメリカはドル安、急インフレ、金利(特に短期金利)急上昇を体験しています。



国家破綻が起こりそうな気配を感じる条件として山崎元さんはその著書の中で「円安、高金利、高インフレの同時進行」を挙げていますが、これをアメリカに当てはめてみるとけっこうギリギリラインな気がしますね・・・


いや、むしろアウトかな(笑)。


もちろん国も状況も違うので単純比較はできませんが、それでもアメリカは回復していますので、経済はしぶといものだ、という証拠にはなるのではないでしょうか。


もちろん今の日本には上記3条件のどれにも当てはまっていない状態です。


そして、同時にこんなときに怖いのがパニック論ですね。セールスマンの


「最近のニュース見ましたか?某大臣も会見で述べなければならないほど日本の財政は悪いんです。預金なんかしている場合じゃありませんよ。資産は海外に非難させないと大変なことになるかもしれません。」


なーんて言葉が聞こえてきそうです。


『経済というものはあまり立派なものではないけれども、案外しぶといものだ。一方、金融を商売にしている人たちの強欲もなかなかにしぶとい。』

(「超簡単 お金の運用術」、山崎元著、朝日新書)


金融危機という長いトンネルを抜けると、ボクは壷を持っていた、とかいうことにならないように注意していきたいですね(^^)(笑)。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

恐怖をあおったセールスは最悪ですね。。
芸能人が亡くなると、健康不安を煽る
最悪の保険外交員が、よく来てますが(ーー;)

No Title

日本の財政破綻はないでしょう。対外債権国ですから。国債の引き受け手は、国内で十分賄える。
それが対外債務国のアメリカとの違い。国債が消化可能な限りは、国家破綻無いと。日銀金融緩和、JAL政府保証とか有って、慢性的に銀行は、その分、国債買え圧力があるから、問題ないかなと(笑)

アメリカは、中国が引き受け無くなったら死ぬでしょうね。でも、それだと人民元が跳ね上がるから、中国が輸出国である限り、その心配は無いと。

財政悪化懸念を主因とする金利上昇。
>過去にはロシアですね。戦後ハンガリーとか最近のジンバブエは、ちょっと違いますね。経済混乱型で。
でも、今ロシアが普通にやっているように、アメリカの国家破綻の可能性が高まっているものの、仮になれば大混乱ですが、アジア通貨危機同様に、やがて混乱は収まるので、そこから投資するならダメージないと思います。

が、テンプルトン卿は、混乱時に株買うんだろうなぁ(笑)

コメントありがとうございます。

>こうへいさん
それはひどいですね・・・。うまくひっかからないようにしたいものです。

>黒色大聖堂管理人さん
確かにロシアのは典型的なパターンですね。ボクもロシアしか思い浮かびませんでした。
確かに日本国債が国内でまかなえるのは心強い事実です。もっとも、外国に広げようとしているようですが・・・(汗)
アメリカと中国はほんと緊密ですね、もし中国がばぶったらどうなることやらって感じです。
もちろんテンプルトンは笑顔で買うと思いますね(笑)。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。