スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

新興国向けシフト。


マネックスでもeMAXISシリーズの取り扱い(これは本当に嬉しいです)が始まり、SBIやマネックス(数が少ないけど)でも1000円積み立てが始まりました。


こうしてみると、改めて楽天のパイオニア精神を感じることができますね。やっぱり口座開こうかな・・・。


さてさて、本題へ入ります。


先日、VW(フォルクスワーゲン)とスズキの資本提携が発表されました。


これはビンターコルン氏をほめるべきか鈴木氏をほめるべきかよくわかりませんが、新興国シフトが行われていることを象徴するような出来事で、非常にわかりやすかったですね。


スズキはGMという後ろ盾をなくし次世代電池の開発で遅れをとっていて、どこに提携を求めるか注目を集めていましたが結局選んだのはVWでした。


両社は北米では大きくトヨタに遅れをとっているものの、VWは欧州・ブラジル・中国で、スズキはインドで大きなシェアを握っており、2008年ベースで主要市場を見てみると、


北米:トヨタ16.6%、連合3%
欧州:トヨタ5.3%、連合18.3%
中国:トヨタ7.9%、連合15.9%
インド:トヨタ3%、連合41.6%
ブラジル:トヨタ3%、連合22%


となり、北米以外の市場すべてで大きな差がつくことがわかります。


しかもVWは次世代電池において三洋のほかに中国の大手電池メーカーBYDともタッグを組んでいます。この連合軍はかなり強敵となりそうですね。


さらにここに中国の自動車会社やタタが食い込んでくる可能性もありますから、日本の他の自動車メーカーはかなり苦しい立場になるかもしれません。


そもそもVWは近いうちその販売地域比率ゆえにトヨタ・GMを抜いて販売台数世界一になるのでは、と言われていましたが、もっと前倒しになる可能性が出てきました。


日本メーカーがここからどう乗り切っていくのか、注目です。
Home |  Category:政治・経済・金融など(世界) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

実はVW乗りだったりします。

Twitterなどではちらほらと語られているのですが、
今回の提携は田舎のKenさんがおっしゃられている面の
他に事業継承の面もあるようです。

スズキの後継者については、鈴木氏が後継者として
育てていた方が病気になられたりで後継者に
恵まれなかったみたいですね。

コメントありがとうございます。

>しおじゃけさん
そうなんですか・・・情報ありがとうございます。そう考えるとスズキにはより大きなメリットがある、と考えてよさそうですね。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。