スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

マーケットに勝つ4つの方法。


マーケットに勝ちたい、と思うのは投資家の性なのでしょうが、そうするためにはどうすれば良いのでしょうか(ボクの意見についてはこちらの記事参照)。ここは一つ、「敗者のゲーム」を開いてみます。


すると、エリスはその方法として以下の4つをあげています。


・ 体力で勝つ(人より働く)
・ 知力で勝つ(よく考える)
・ 感情力で勝つ(マーケットの値動きに感情が左右されない)
・ マーケットを丁寧に無視する(インデックス投資をする)


ただ、これよく考えると最終的な答えは一つしかないような気がします。


まず体力で勝つ、というのはよく働けってことのようですから投資とは関係ありませんのでパス。


マーケットに左右されない感情力(ボクは「忍耐」と表現していますが)は大事ですが、それだけでマーケットには勝てないのでパス。


インデックス投資は「勝つ」投資ではなく「負けない」投資なのでこれもパス。


結局マーケットに勝つ上で大事なのは知力(決してIQという意味ではありません)で勝つ、つまりよく考えることですね。さらにそれをサポートするのが感情力だと思います。


やはり考えをめぐらせる上で一番大事なのは当たり前のことではありますが、「独力で考える」ことでしょう。


もちろん他人の意見も参考にするのが大事なことですが、投資は自己責任の世界ですし、厳しいことを言うようですが自分で考えられないようでは長期にわたってマーケットに勝つのは非常に難しいのではないかと思います。


もちろん、独力で考えるための枠組みは必要です。


何事でもそうですが、考える型がなければオリジナリティもへったくれもあったものではないですからね。


ボクの場合、それを与えてくれたのはフィッシャーをはじめとしてネフ、リンチ、バフェット、グレアム、マルキール、エリスなどのたちでした。


枠組みさえ手に入れられればあとはチャレンジあるのみです。


というわけでこれからもマーケットに勝てるよう、自分でじっくりと考えるクセをつけていこうと思います。


ま・・・海外クラスに関してはマーケットを丁寧に無視する方法をとっていますが、そこはお約束ですね(笑)。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

・ 体力で勝つ(人より働く)
・ 知力で勝つ(よく考える)
・ 感情力で勝つ(マーケットの値動きに感情が左右されない)

>私見。
体力は、足で稼ぐことだと思います。必ず投資する前に、企業訪問したり、取引先に評判を聞いたり、工場訪問をすると。ライトバウンなら、偉い人とホテルで会話しないで、バス移動ですが(笑)

3つ目の感情力。これだけはダメ。決断力とセットです。そのためには、体力と知力。

僕は、その重要性をジュリアンから学びました。
徹底的に定性・定量をやりなさいと。

コメントありがとうございます。

>黒色大聖堂管理人さん
ボクもはじめそう思ったんですがねえ。ブリーフケースに書類いっぱい詰めたりとか、人より早く出社するとか書いてあるのでどうやら違うようなんです。
ただ、確かに足で稼ぐことは非常に重要だと思います。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。