スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

新興国が世界を引っ張る。


まずは最初に・・・マネポケ大賞を「あつまろのこだわり資産運用」のあつまろさんが受賞されました!知っている方が受賞されて嬉しいです♪あつまろさん、おめでとうございます!


では次へ。


さて、ニュースでもとりあげられていましたが、ここのところの決算発表では新興国(特に中国、インド)の成長の恩恵を受けて業績が上向いてきた企業が多いようですね。


当たり前と言えば当たり前ですかね。


まあボクの保有企業で海外に出ているのは1社しかありませんのであまり恩恵は受けられていませんが、今の時代は新興国が重要だってことなのでしょう。


中国に関してはアメリカと深い関係にあってどうこうと言うことが言われておりますが、決して関係は良好ではありません。


そもそも中国はアメリカの人民元切り上げ要請にも応じておらず、アメリカの貿易赤字を引き受ける気は今のところないようですので、これからの経済体制がどうなるかは興味があります。


今まではアメリカがモノを輸入し、同時に通貨の上昇による貿易赤字を引き受けて世界が回っていたわけですが、中国にもしその気が無いとなれば構造を変えるってことですからね。


どうなるかはまったくわかりませんが、とりあえず新興国には成長を期待していますので海外株式はそちら中心でいこうと思っております。


その分強烈な値動きも覚悟しなくてはいけませんが・・・。


まあ、未来の果実を増やすためですから仕方がないですね。


アメリカでのオバマ氏による一般教書演説では海外の競争相手国として中国・インド・ドイツを取り上げながらも日本を取り上げなかったと、いうなんとも残念なこともありました。


しかし、ボクは日本の一部企業には大いに期待しておりますので頑張ってほしいと思います。
Home |  Category:政治・経済・金融など(世界) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
新興国

田舎のKenさん、こんにちは。

>知っている方が受賞されて嬉しいです♪
ありがとうございます。

さて、今回の新興国についてですが、日本企業も中国をはじめとする新興国で収益を上げているので、安定感やブランド力を鑑みて、日本株に投資することも重要な選択肢だと思います。

コメントありがとうございます。

>あつまろさん
確かにそうかもしれませんね。ユニチャームなんかは最高益更新したそうですし・・・ボクもそろそろ外需企業も選んでみようかと思っています。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。