スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

株価を気にしないためには。


度々書いていることではありますが、ボクはあまり株価を見るのが好きではありません。


もちろん買い時を探る意味では大切なのでしょうが、見たら絶対一喜一憂してしまうので・・・。


ビジネスモデルについて検討するのは好きなんですけどね。ビジネスモデルは研究してもハラハラすることはないですから(笑)。


じゃあ最良の買い時がわからないじゃないか!


ってことになるわけですが、そこなんですよ。


当たり前のことですが株価を見なければ割高割安は判断できないわけで、でも極力株価は見たくないわけで・・・。


ということでいろいろ考えると、一つの結論が浮かんできます。


・・・そうか!ある程度買い時をミスったとしても、それでもなお大きなリターンをもたらしてくれるものに投資すればいいじゃないか!


ボクが成長企業に投資している理由の一つがこれです。


成長企業ならいざ買ってしまえば成長についての分析をしていけば良いわけですし、本当に優良成長企業を買ったならば、多少短期的には高値で買ったとしても長期的にはそれを完全に正当化してくれるはずです。


少なくとも、フィッシャーはそう言っています。


むしろそれを確信できないような企業は買うべきではない、と。いいこと言いますね。


バリュー投資だとある程度株価と価値をチェックしなくてはいけませんから、その点でも成長企業への投資の方が好きなんです(^^)。


海外株式が新興国株中心なのも同じ理由があったりします。


ある程度高く買ってしまったとしても高成長がそのうちカバーしてくれるだろう、という安易な発想です(笑)。


やはり長期的に大きなリターンをもたらしてくれるのは新興国だと思っていますので。


まあこの考えがどうなのかは時が経てばはっきりすると思いますので、じっくりのんびりいくとしましょう。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

同感です。
私も一喜一憂するので、最近はほぼ放置になってます(笑)

そして私はお給料を生活費と投資をどう振り分けるか・・・これが今、一番の悩みですね。

コメントありがとうございます。

>にっしーさん
そのような記事を書かれていましたね。やっぱり放置が楽チンです。

確かに投資の割合は難しいですねえ・・・趣味のこととか考えると結構変動しちゃいますものね。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。