スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

エクセレントカンパニーを探せ!その0


さ、2月に入ったことですし(?)、久しぶりにシリーズモノです。


個別株についてあまり深く突っ込んだことを書いてきませんでしたが、ここらボクの個別銘柄の選び方について書いてみたいと思います。


タイトルも無駄にかっこよくつけてみましたよ(笑)。


少々長いシリーズものになってしまうのですが、飽きずに付き合っていただければ幸いです(^^)。


まずはじめに、ボクの狙う企業は先日の記事にも書きましたが


「買い時を少々誤ってもそれでもなお長期にわたって大きなリターンをもたらしてくれる企業」


です。


そんなうまい話あるかって話なんですが、きっとそういう企業はあるぞと信じて探していきます。


あらかじめお話しておくと、ボクはフィッシャーの影響を多分に受けておりますので、投資基準は彼の著書で取り上げられている「最高の株を選び出すための15のポイント」を自分なりにアレンジしたものとなっています。


やはりあれはボクのバイブルですし、フィッシャーは最も尊敬している投資家ですから。ボクは基本考えが暑苦しい(甘っちょろいことも言ってみたいタイプ)投資家でして(笑)、その思いを十分に生かせるのはフィッシャーの投資スタイルなんです。


あ、ちなみにあれを「ボクのおすすめ資産運用本」カテゴリの中に入れていなかったのは監修の荒井氏による過剰なロッドマン化(字を太くしたりでっかくしたりするやつです)と、所々にはさんでいるNOTEが好きではないからです(笑)。


もう少し加えれば、フィッシャーは財務分析については本当に必要最低限しか触れておりませんので、他の方に薦めるのはどうなのかなと思った、というのもあります。


ただ何度読んでも内容は素晴らしいものですので、ここで宣伝しておきましょう(笑)。


ちなみに彼得意の「聞き込み」は行いません。もちろんそれが出来ればそれにこしたことはありませんが、ボクにそのようなコネは皆無のですので・・・。


紙にまとめてみて気がつきましたが、正直かなりプロセスが長いので結構調べるのに時間がかかります。


ただ、下手に「これいいかもな~」という理由だけで買ってすぐ売って次の投資先を見つける、という繰り返しの手間隙を考えれば詳しく調べたものをずっと持ち続けるほうが長期的にはずっと効率的だと思うので、仕方ないかなという感じです。


まあ馬鹿でかいリターンをもたらしてくれる企業を探すわけですので、それくらいはしなくてはだめかなと思いますしね。


きっとこのシリーズを読んでくださればボクの投資に対する熱き思いが読者の方わかっていただけると信じております(笑)。



前置きが長くなってしまって申し訳ないですが、次回よりスタートです。
Home |  Category:エクセレントカンパニーを探せ! |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

あ。楽しみなシリーズですね。わくわく。

正直かなりプロセスが長いので
>それぐらいは、しないと駄目ですね。
楽して大儲けは、この世界ないです。
その方が実力がつくので良いですが(笑)

「聞き込み」は行いません。もちろんそれが出来ればそれにこしたことはありませんが、ボクにそのようなコネは皆無のですので・・・。
>取引先企業経由での聞き込みは、お勧めです。
あとはIRですな。

コメントありがとうございます。

>黒色大聖堂管理人さん
まずい、黒色大聖堂管理人さんが楽しめるようなものができるでしょうか・・・プレッシャー・・・(笑)。

>取引先企業経由での聞き込みは、お勧めです。
なるほど~。確かにIRはせっかくあるのですからフルに活用したいですね。

Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。