スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

エクセレントカンパニーを探せ!その5


今回は従業員についてです。


○従業員が満足に働けるような職場であるか


もちろん経営陣も大切ですが、従業員もまた大切です。


実際に企業を動かしているのは彼らだといっても過言ではありませんし、企業は雇用の受け皿としての役割もあると思っているので、その責務をしっかりと果たしているような企業でなければ投資したいとは思いません。


彼らに尊厳を与え、彼らが力を十二分に発揮できる環境を整えるのも企業の大切な仕事だと考えています。


そのことについて見る一つ目は従業員数の変遷。


リストラによって収益体質を改善する、というのも一理あるのでしょうが、上に書いたように企業は雇用の受け皿としての役割も求められますし、従業員が安心して働ける環境を作るためには極力大規模なリストラなどはしないのがその一歩だと考えています。


ですので、従業員は横ばいか、増えていっているのが望ましいです。


続いては平均給与。


もちろん給与額だけで決まるとは思っていませんが、給与は生活を支える大切な資金です。


やはり同業他社と比べて明らかに低ければモチベーションが下がったり、転職してしまう可能性も出てきてしまうので少なくとも平均以上が良いのですが、次の事項の結果によってはここはあまり考慮しません。


それは、平均勤続年数です。


良い職場とは少しでも長く働いていたいと思わせてくれるような職場ですので、同業他社と比べた勤続年数は非常に大事にしています。


多少給与が低くても、ここが他社より長ければそこの職場には何かそれとは別に魅力的なものがあると考えて差し支えないでしょうし、長く勤める環境があれば訓練経費も節約できます。


加えて優秀な人材を企業の内部においておけるというメリットもありますし、従業員についての事項では最も大事にしています。


ここが明らかに平均より短ければほぼ100%投資しません。せめて平均より少し上、出来れば完全に上の企業を探しています。


少し前にも書きましたが、やはり「企業は人」だと思っていますし、人を大事にしない企業に長期的な成長は望めないと思っていますので、少々暑苦しくはありますがこの辺も大事にしています。


従業員についてはこんなところです。分析事項は、もう少し続きます。
Home |  Category:エクセレントカンパニーを探せ! |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。