スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

国会の質疑応答に見る投資に対する考え。


国会の質疑応答で鳩山首相が証券優遇税制廃止に前向きな意見を示しました。


証券優遇税制、廃止に前向き 首相(asahi.comより)


ボクは優遇税制が廃止されることには強く反対はしません。


もちろん税率が低いに越したことはありませんが、これまでが優遇なのならば戻すときがくるのは当たり前と言えば当たり前でしょう。どちらかと言えば配当とか有価証券関係の課税って二重課税なんですから法人税下げるとかしほしいですけどね。


でもそんなことボクが何より気になるのは、この質疑応答であたかも優遇税制があたかも格差拡大の温床になっているかのように語られている点です。


確かに鳩山氏のように、もう明らかに投資する必要がないのに投資していて、それでいて現在は税率が低減されている状態だと「金持ち優遇」と見られる向きもあるかもしれません。


しかし一方で投資活動は数多くの労働者が資本家になれる数少ない場です。


一部のお金持ちを締め上げるために多くの国民が苦しむようなことになるようでは本末転倒以外の何者でもありません。


むしろ普通のサラリーマン投資家にとって優遇税制はありがたいものでした。一般の国民が豊かになれるチャンスでもあるのです。


そのことを語らずに特定の個人を示して「金持ちを優遇して格差を助長しているじゃないか」と言っても何の説得力も持ちません。


加えて(というか本来はこれが第一ですが)そもそも投資活動は「金持ちの道楽」でも何でもなく「企業の持続的発展のためのリスクテイク」の一環なのです。民主党もGDP伸ばしてやるぞみたいなこと言っていますが、それにも投資活動はほぼ不可欠な状況なのです。


政治家さんたちはそのことがわかっているのでしょうか。


民主党はマニフェストで「総合課税が望ましい」と述べていることからもわかるように、今後の会議ではどうやってそちらにシフトしていくのかが中心になっていくのかもしれません。


そこでもし長期投資を促進する項目が入っていなかったらと考えると正直ぞっとします。しかし、民主党(ひいては国会)全体が上記の記事のように考えているとしたら、それもありうる話です。


結局下手な政策を出して最終的に苦しむのはごくごく普通の国民です。


「金持ちは許さん!」と言えば受けがいいと思っているのかもしれませんが、問題の本質をよく考えて議論していただきたいものです。


は~・・・ボクあんまり批判するのって好きではないのですけどね・・・まあ言うとこは言わないとなってことでたまにはこういう記事も許してください(^^;)。
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
No Title

優遇税制は中止が仕方がないにしても
配当控除は続けてもらいたいですね。
ただ、税金の如何によっては
株価が下がってしまうのかという
不安はありますね。

コメントありがとうございます。

>こうへいさん
>>税金の如何によっては
そこが最大の問題だと思います。せめて長期投資が根付くような税制を敷いてもらわないとどうしようもありません。

Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。