スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

確実に行けるものだけ。


孫子は言いました。


「昔の善く戦う者は、まず勝つべからざるを為して、以て敵の勝つべきを待つ。」


つまり、昔の戦上手の人はまず身辺をきっちり固めて絶対に敵に打ち破られない体制をつくり、そして敵が弱点を露にして誰でも打ち勝てるような状態になるまで待ったのだと。


こういうのって聞けば当たり前っちゃ当たり前のことなんですがなかなか実行するとなるとっていうのはありますよね。


株式市場と戦場はいささか状況が違いますが、よく通じるところがあるような気がします。


敵に打ち破られない状況とは、投資を失っても生活に窮することの無い余剰資金で行うこと、極端な勝負に出過ぎない(レバレッジをかけすぎない、明らかにリスクが高すぎる企業(JALとか監理銘柄とか)に手を出さないなど)ことなどが上げられるでしょう。


逆に誰でも勝てるような状況とは売りが売りを呼び、アナリストの予測も悲観的なものが増えてきた結果、明らかに魅力的な企業ないしはアセットが馬鹿みたいに安い価格で手に入る状況でなんかがそうですね。


今現在どうなのかは正直よくわかりませんが、少なくとも国内市場においては明らかにおかしな価格で放っておかれている企業がゴロゴロありますし、まだ「明らかに勝てる状況は」継続中かな、という気がします。


東証一部とかでも平均PERこそかなり高いですけどまだ結構割安な企業とかありますからね。逆に明らかに高いのもいっぱいありますけど(^^;)。


海外市場はますますわかりません(笑)。


でも忍耐力のある方からすればまだまだいける状況であるような気はしますね。


下手にマーケットタイミングはかってリターンが激減してしまうのは避けたいところではあります。


しかし、「ほぼ確実に勝てる勝負だけに挑む」というのが僕のモットーでもあるので、その辺はじっくり見極めていこうと思います。


まずそのために、もっと分析力つけなきゃなあ・・・(笑)。


まあのんびり楽しんでやっていこうと思います(^^)。
Home |  Category:資産運用の考え方 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

田舎のKen

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。