スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home |  Category:スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

地震と増税、その対策。


大地震起きたら増税する可能性があります―――政府がそんな見解を示しました。


首都直下地震なら、復興の財源国民負担も 内閣府検討会(NIKKEI NET)


首都直下地震の最悪予想被害規模は112兆円。


僕の曖昧模糊とした記憶によれば(笑)、東海地震は60兆前後、僕の住む宮城県の宮城県沖地震は2兆円前後だったはずですからその被害額が群を抜くことがわかります。


ちなみに2010年度の予算案の一般会計総額が約92兆円ですから、国家予算一年分をもってしてもその穴を埋めることができません。


実際に増税したとしてもその効果は時期によって大きく異なりますから安定的な財源になるとは限りませんし、どう考えてもそれでまかなうことはできません。


もちろん今現在落ち込んでいる税収約37兆円がV字回復で切りかえし、プライマリーバランスも是正され、というころに来るならまた話は別なのかもしれませんが、地震はそんな時期に来るのかはまったくの不透明です。


そうなるとまた国債ががっつり刷られることになるでしょうから、財政は確実に悪化するでしょう。


それを回避するためにはまず今の状況を打破して景気を浮揚させ、財政再建に努め、税収を確保し、さらに耐震問題も進めていくということが求められます。


・・・まあ地震が来なくても求められているんですけど(笑)。


高層マンション、住民力で防災 安否確認や共同備蓄(asahi.com)


この記事を見てもまだ家具の固定率など基礎的な部分もあまり普及していないことがわかりますし、これは直接は首都圏のお話ではありませんが、原発の問題も残っています。


敦賀原発1号機40歳 耐震性解決見えず(同上)


日本にいる以上地震の問題は避けて通ることができませんし、しっかりとした対応が待たれます。


そして同時に国のみならず僕たち国民レベルでも強く意識を持っていきたいですね。


さて、明日はとある投資家さん(ブロガーさん)とお会いする日です。毎度のことながら緊張します・・・。


うまい具合に相場もいい感じで引けてくれましたし(笑)、いろんな話ができることを祈っています♪
Home |  Category:政治・経済・金融など(日本) |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Tracback

Tracback URL :

Comment

    
Home   Top
 
プロフィール

Author:田舎のKen
・札幌在住。
・KISSアプローチに基づき、国内株式は個別株集中、海外株式はインデックス分散。
・夢は適当なとこでリタイア、自給自足の生活を送ること。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
田舎のKenへの連絡はこちら。

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ資産運用本

どれもオススメの運用本ばかりです。ぜひ読まれてみてください!

ゆかしメディア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。